稲刈り準備ボツボツと・・・

台風12号がやってこなければ9月3~4日は稲刈りをしていたが
1週間遅れで8日から始めることにした。

わが家の田んぼは一度も中干しをしていないので水を落としても
すぐには硬くならず1週間ほどかかる。

慣行栽培なら無効分けつを防止し肥効を断つ意味から必須の作業
なのですが、無肥料栽培では中干しは命取りになりかねません。

田んぼの稲は見事に復活していてまぶしいくらいの金色に輝いています。
もうお願いだから収穫してくださいと深々と「おじき」までしています。(笑)




田んぼ1






朝から農舎で精米作業をこなしてから縦型循環乾燥機2基のテストをした。
30分間の燃焼テストも問題なく終了して後は、稲刈りを待つばかりです。

農舎内

手前の箱型のモノはコンバインから乾燥機まで収穫した「籾」を搬送するモノです。
このおかげで重い袋を持たずに籾を乾燥機に張り込めますね。

そうそう今日は東京からわが家の無肥料の田んぼを見学に来られた女性の方が
ありました。
早速、田んぼにご案内しましたが、もう一目瞭然ですね。
隣の倒伏している稲の色は黄土色になってます。
わが家の立っている稲は金色になってます。
どちらのお米を食べたいですか?
一目瞭然です。
刈り取り直前の今の時期に見学に来てもらえると素人の方でも差がよくわかります
からね。







最近の記事