小・中規模農家用の画期的な除草法がないものか・・・

田んぼの面積が広くなればなるほど枕地の割合は減少する。
例えば正方形の田んぼで枕地を計算すると
ざっくり1反で20%
    1町で5%
となる。

大きな田んぼになればなるほど枕地は無視できる程度になってくる。
しかし小さい田んぼはそうはいかない2割も損失があれば
なんとかしないといけない。


チェーン除草器2
これは今までのチェーン除草器。
長さ2.7m
浮きのパイプは2本

新型チェーン除草器
こちらは今日、新たに作ったチェーン除草器
長さ1.8m
浮きのパイプは1本

かなり抵抗は少なくなったと思うが、もう一度これで滑車牽引式除草をやってみるつもりです。
水田内を歩かないでチェーン除草できるのは魅力的です。
なにより枕地の問題が解消する。

でも雑草の生え具合を見ながら田植え後半月くらいはチェーン除草が効果的と思うが
3週間以上になるとチェーン除草を生き残った雑草はもうチェーン除草器では除草出来ないので
動力除草機の出番になってきます。

この動力除草機ですが歩行型は手でヒョイと持って次の位置へ移動できるので
枕地の問題はない。

問題は乗用型除草機である。
枕地で旋回するのでどうしても苗を踏み倒してしまう。
これはどうしょうもない。
救済策としては枕地は普通の倍の密度で苗を植え付けると例え
半分が倒れてしまっても助かることにはなる。

どれをとるかでまた悩む。

次回の田植えでは
○ 広い水田は枕地を倍の密度で植え付けてみようか
○ 小さい水田は乗用型を使わずに歩行型を使ってみようか
と思っている。

ほんとにいろいろと思案している。

農業に特化してはいるが・・・




わたか号出動ぉぉぉ!

今日は「わたか号」を使って除草作業を行った。

朝、8時すぎからお昼の1時間を除いて、午後6時ころまでかかって
約1町の水田の除草を行った。

やはり枕地の部分は方向転換するので車輪で苗を踏んでしまい
荒してしまうな~

作業をしていると町内の人やヤンマーのMさんなどがやってきた。


作業自体は簡単で体力を使うこともないが、神経はしっかりと使います。

1日中、田植え機の運転をしているので車の運転のような疲れは残ってます。


動画をアップしたので作業状況がよくわかると思います。








今度こそうまくいきますよ~に!

田植え以来2回のチェーン除草を行った。

○ 1回目は浮上型チェーン除草器を滑車を介して畦から引っ張る方式
  であったが人力で引っ張るには重すぎた。
   (幅が2.7mあったので抵抗があり過ぎた)

  急遽、作業を中止・・・
  従来型の人力で水田の中を歩いてけん引する方式に切り替えた。
  これは非常にえらかった。(疲れた)

○ 2回目の除草作業は水田溝切り機改造のビニペット除草機を分解して
  チェーン除草器を引っ張るようにしたが、これは下へ力が働いて
  ハンドルを持ち上げつつ歩かなければならず1往復で断念した・・

  ・次に水田管理機のミニエースを持ち出してきて、チェーン除草器を
   引っ張れるようにしたがこれも下への力が働いてとても重くて断念・・・

  ・結局、また水田内を歩いてチェーン除草器を引っ張る方式で2回目を終了した。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・

○ 3回目の除草作業が明日であるが、とても人力で引っ張る体力も残っていないことから
  いよいよ「わたか号」を出動させることとした。
  田植機改造の動力式乗用除草機ですが、唯一のネックは方向転換時に枕地を荒してしまい
  苗を倒してしまうことです。

  大体1反当たり1俵の減収になってしまうようです。
  慣行栽培では反当たり8俵は採れるのでそれが反当たり7俵くらいになると
  いうことです。

  これも私の欲のせいです。

  できれば極力減収にならないように枕地を荒さないで
  除草作業が出来ないかと思って
  極力乗用除草機での作業をしないようにしていた。

  しかし体力が限界まできたので乗用型で作業をすることに
  した。
  少々減収するが仕方がない。。。


  こんどことはうまくいきますように・・・
  もう神頼みですよ~(汗)


カブトムシの幼虫ってこんなところに・・・

昨日はカミさんの手伝いで夏野菜の種まきをする畑を畝立しました。
管理機に培土器を付けて畝を立てたが、畑の一角には木材チップを
山積にしてあるが、今回はこの木材チップをスイカの敷き藁の代りに
敷き詰めた。


鍬を使って木材チップを掘り起こしているとなんとカブトムシの幼虫を
沢山見つけました。
最初は知らないものだからザクっと鍬をふるっていたが、幼虫を見つけてからは
ソロソロと小さく動かしながらの作業だったので作業が進まない・・・泣

カブトムシの幼虫



なかなか進まない作業にじい様はいつの間にか向こう側で居眠りをしだしました。
それにしても沢山います。
3分の1は残しておこうと思ってます。

木材チップの山





ツクヅク思うようにはいかないものですな~

今日は満を持しての2回目の除草作業でした。
最初は午前7時半に例の水田溝切り機を改造したチェーン除草器けん引機
でやってみた。
ところが思いのほかハンドルを下に押さえつける力が働いて、ハンドルを
始終持ちあげていなければならず・・・失敗。
100m往復するのに腕がパンパンになってしまった。

次は水田除草機のミニエースを持ちだしてきた。
これにチェーン除草器のロープを結んで作業をやってみた。
私としては比較的楽に引っ張ってくれている感じがしたが
息子には不評で、結局1回目と同じように人力で引っ張ることに
なってしまった。

これはかなりシンドイです。_| ̄|○

実働配分は私・・3分の1
     息子・・・3分の2
でしたが。手取り除草も併用してましたので
終了は午後6時45分でした。


帰宅後、こんなに人力の除草をしていては体がもたないという
結論に達し、いよいよ「わたか号」の出番が迫って来たという感じです。

次回の除草は出動ということになるでしょう。
メリットはなにより楽ということです。

欠点は枕地で方向転換するとき苗を車輪で踏みつけてしまうことですが、
これも話し合った結果、少々収量が落ちても作業が楽な方がいいという
ことになりました。

これも私の欲のせいで、枕地を荒して苗を倒さないということで
人力式や歩行けん引機を試作したりしてましたが、結果的にうまく機能しませんでした。

わたか号は共立の歩行型6連動力除草器と田植え機をドッキングさせたモノなので
どちらも成功型同士ですからうまくいくかと思ってます。
問題は方向転換で枕地の苗を車輪で踏み倒してしまい欠株になってしまうことです。

とにかく今日は疲れました。

明日は午前7時から草刈りの出合い共同作業がありますので
そろそろ休みますzzzzz


最近の記事