米の美味さとは…

世間一般的には何処の産地の米が美味いとか、よく言われるがこれは
米屋とか、流通業者が産地で分ける方がわかりやすいので、そのように
広報しているからですね。

つまり
1 産地
2 品種
3 栽培法
の順でランク分けして価格を決めているのです。
産地主義といわれます。


魚沼の米は美味いといいますが正に産地主義の
見方です。




その次には品種です。美味い品種は美味く、飼料米などの
不味い品種はどんなに美味くなる栽培をしても美味しくなりません。
不味いのです。(>_<)


次が栽培法ですね。
実はこの栽培法で作物は劇的な変化を遂げます。
というより本来の美味しさに戻ったということのよう。

米でいうと本来美味しいのに、肥料を沢山やって不健康に
生長したために不味くなったのですね。

それほど栽培法によって味は変わります。





私は今まで米作りで試行錯誤を繰り返してきて
上記の産地主義はちと違うな、と思った。

私なりにつけるランキングは
1 品種
2 栽培法
3 産地(気候風土)
だと思う。

まず美味しい品種を選択することが1番です。
次に栽培法をどのようにするかということですね。
実はこの栽培法で美味さが大きく異なります。
本当に驚くばかりです。

作物が生長するには当然養分が必要ですが、稲の
場合ですと出穂の前には養分がいりません。
稲は養分が少なくなって来たため次世代に生命を
繋ぐために活発に種を作るのです。
この種がお米となるのです。

人でもおなじです。
ある友人の奥さんが癌であと数ヶ月と宣告された時、
急に子作りをせがんできたという話をその友人から
聞いたことがあった。
これも本能が次世代へ種を引き継ごうとはたらいたんですね。

話が逸れたが今の慣行栽培は肥料を人為的にいれますから
作物のタイミングで養分を切りたい時に切れません。
無肥料栽培なら作物は微生物との共生関係でこの微妙な
タイミングが行われるのです。
それで健康に生長できるのです。

全ては作物とその取り巻きに任せてしまうのですね。


最後に産地ですがこれは私はあまり重要視してません。

というのは全く同じ品種で同じ田んぼで同じ栽培法で稲を
栽培したとすると、さきの二つの点ほど差がないと思う。

よく水が綺麗なため美味しいと聞くが、気のせいだと思う。
わが家の水田はドロドロに濁ってます。
1ヶ月くらい経ったら逆に澄んできます。
あまり影響ないと思います。

また昼と夜の気温の差がある方が良いとか聞くが、
これも健康な稲ならあまり影響がないと思う。

これは昼間は米にデンプンを充填してるが夜の気温が
高いと折角貯めたデンプンを消費してしまい、餅米の
ような(しらた)という米になってしまいます。

これも全て、しらたになるわけではなく、極一部です。
しかしこれも健康な稲ならそれ程影響はないかと思う。
それよりもカメムシの被害の方が大きいです。

もっとも色彩選別機を通せば一発で除去できますからね。



外見だけのことなら選別できますからいいのですが
美味しさや不味さ、モチモチ感、食感などは選別できないので
これは生まれながらの素質ですから大事にしないとね。

それには栽培法です。

無肥料無農薬で栽培すれば誰でも簡単に
安全かつ極美味しいお米ができますね。

やってみたい方、みえましたら連絡待ってます。



今朝、速報でツイートしたが出穂しましたぁ~!

今朝、犬の散歩に行く途中、わが家の水田の前を通ると稲が出穂してました。

4枚の水田のうちこの水田が一番早いです。

もう1枚、同じ日に同じ苗で田植をした水田があるのですが、差がついて
しまいましたね~。
無肥料の稲は出穂にばらつきがありますが、慣行栽培の稲の出穂は数日間で
一斉に揃って出穂します。

自然は結構バラバラです。というのはその方が天候不順の時に子孫を残すチャンスが
多いのですね。
一斉に出穂すると台風などに当たると全滅してしまうこともありますから、その点
自然栽培はそんな危機を回避するメカニズムが働いているんですね。
うまく出来ていますね、自然は・・・

またこの水田はとにかく蜘蛛が数が半端やないくらい多かった気がします。
蜘蛛はとにかく自然栽培にはいい影響を与えてくれますね。

でも今年も無事に出穂を迎えて嬉しい限りです。

これは前期の稲ですからまだ1ヶ月後に後期の稲が待ってます。

五月雨式にドンドン出穂してきます。

出穂

忙しくなってきますな~♪





暑い・汗・気持いイイ・・はてさて?

午前10時から畦草刈り作業開始・・・

気温は軽く30度を越えてます。35度くらいか?

でも風が結構強く吹いてくれていて気持ちイイのですね。
稲の葉が波のように動いています。
今日は風を目で見ることが出来る日です。
写真でも稲の葉がなびいているので風が強いのがわかりますね。

田んぼの鷺


草刈後

草刈り直後の畦は綺麗で気持いいですね。

終了したのは午後6時35分でした。

お疲れ様でした。。。


ひょっとして雑草が生えないのは小奴らのせいかも?

ジャンボタニシの卵

一昨年からジャンボタニシがこの水田に住み付いている。

給水口には写真のように沢山の卵が産みつけられている。

周りの畦にも沢山産みつけられている。

そのおかげかも?

雑草が全く生えていないのです。

まるで除草剤を撒いたんと違うか?と聞かれるほどツルツルである。

もう一枚、これより3倍くらい広い水田があるがそこにも卵が沢山産みつけられている。

しかし広いので雑草は生えてます。

ジャンボタニシの数が足らないのかも?


もう少し数が増えればこの水田のように除草効果が出てくるのかもしれないな。


あとの2枚の水田は畦に1個だけ卵を発見した。

といっても一つの塊で200~300個の卵が集まってますから、

ドンドン増えてきます。

この卵、見た目がショッキングピンクで度キツイ色をしてますから

第一印象はとても悪いのですね。



わたか号・・夏秋冬眠状況ぉぉぉ

わたか号収納  わたか号除草部

わたか号の除草部と田植機を解体して来年の除草作業まで暫しの冬眠です。

いや 夏・秋・冬・眠 かな。

燃料も抜いてバッテリーも外して保管中・・・

田植え関連の機械が全て収納されたので、気持ちが一気に稲刈りモードに
なってきた。
あと、10日あまりで最初の稲の花が咲くかも?
慣行栽培は一斉に花が咲くが、無肥料栽培の場合はまばらに咲いてきます。

花が咲いたらいよいよですぞ~

この花の時期に台風が来て花が散ると米の実が出来ません。

ここ10日から20日くらいが気になる時期です。


2回目の田植えをした稲はさらに半月ほど遅れてこの時期がやってきますから
旧盆の頃までは気が抜けません。

といっても自然現象ですから人の力だけではなんとも出来ませんが・・・






最近の記事