ひつじの刈り払い・・・妙案 ?

当地では稲刈り後の稲株からまた若い稲が伸びてきて実をつけることを
ひつじが生えたというが、一般的には「ひこばえ」という。

しかしこれから気温が下がって来るので九州のように稲刈りをするほど
背は伸びないが冬の寒起こしの前に刈り払う必要があるが、耳寄りな
情報を入手した。


トラクターの後部のロータリーの刃を取り外し、取り付けボルトに
ピアノ線を張ってから地面すれすれにロータリーを走らせると
ひつじが見事に刈り払えるらしいということである。


一応専用機は70万くらいであるにはあるが、とてもそれだけのために
買えないのですね。


張力をつけながらいかにしてロータリーの刃の取り付け部にセットするかが
課題ですが・・・


なんか課題・・・山積みですぞ~~~~~






種籾の確保

来年の種籾

わが家のコシヒカリは自家採取ですから、循環型乾燥機へ入れないで
乾燥してます。

刈り取ったばかりの籾は水分がとても多くて湿気があるので
山積みにしておくと湿気で変質してしまうのですぐにシートに
あけて乾燥します。

お天気が良ければお日さまに当てて干したいのですが最近は
不安定なお天気で雨が多いので干せませんでした。

それで農舎に広げて扇風機を回して乾燥させました。


ほぼ荒湿気がとれたので今日、袋に詰めて保管しました。

これからお天気のいい日には庭に広げて天日干しを数回行います。


この種籾はまだまだ「混交玉石状態」ですから、これからしっかりと
乾燥させてから風選でゴミを飛ばしてから塩水選を行って「玉」を選別
します。

今年は粒が大きいので塩水選の塩分濃度を低くして選別するつもりです。

理由はまた後日ですね~



最近の記事