今シーズン最後の稲刈り・・終了です。

今日は今シーズン最後の4回目の稲刈りでした。
実は予定では明日の12日か14日でした。
というのもわが家の田んぼは中干しをしていないので稲刈り前までに
田んぼの土が固まるかが鍵でした。


今年は稲刈り時期に田の土を固めるために落水していたのに、
天候不順で急に豪雨になったりしてなかなか田んぼが乾かなかった。

一度豪雨になれば数日はドロドロで田の土が固まらない。
なんとも気がもめましたが、午後2時ころ田んぼの様子を見に行くと
長靴で中を歩いても約2センチくらいしか沈まない。
これならなんとか稲刈りが出来ます。
午前中は雨が降っていたのになんとか稲刈りできそうです。


急遽、午後3時から稲刈り決行です。
2反くらいの小さな田んぼですから正味2時間くらいでしょうかね。

しかしいざコンバインで田に入っていくとクローラーで土を練ってしまうので
コンバインの下部はドロドロになってしまいましたが、作業自体は順調でした。

問題は稲刈りが終わってからの掃除でした。
クローラーの泥を落とすのに1時間半もかかってしまい、ほぼ稲刈りと同じ時間を
喰ってしまった。
じつは夕闇がせまってきたので簡単に泥を落としただけで明日もう一度完全清掃を
行うつもりです。

ところでこの田んぼは雑草がほとんど生えていません。
田植え後、1回だけ除草機を押しただけですが綺麗なものです。

田んぼの状況

1株の分けつを数えてみると18本から20本ってところです。

以前、1坪1000本程度の茎数がコシヒカリの標準と聞いていたので
1株18本とすれば1坪に55株植えつければ、ほぼ計算上は合致する。


そんな訳でじい様から、もっと植え付け密度を坪37株から増やせといわれていたが
自然農法では坪37株植えがいいと聞いていたのでそれに固執していた。

茎数不足なら植え付け密度を増やせば茎数は確保できる計算になる。

まぁ土つくりがあってのことですが、来季はこの方針でいってみるつもりです。


前にも記事にアップしたが、毎年ちょっとづつ栽培方法が異なってます。

無肥料・無農薬という基本は変わりませんが・・・

(^^)



最近の記事