温湯消毒&浸種・・・

種籾を摂氏60度のお湯に10分間浸けるという消毒法を温湯消毒という。
今日は朝からこの消毒を行いました。
わが家は前期、後期と田植えを2回行いますから今日の温湯消毒は
前期分です。

まずお湯を湯船に張ってから五右衛門風呂の焚口に点火です。
この焚口で火を焚かないとすぐにお湯の温度が下がっていくので
温度を60度一定に保つために必ず焚き口にも火を入れます。
五右衛門風呂の焚口

温度が60度一定になったら自家製の網に4キロづつ網袋に小分けした
種籾をドブンと一気に入れて何回か湯の中でゆすります。
風呂場で温湯消毒

時間はタイマーで正確に計測し10分きっかりに引き上げてすぐに
冷水で急速に冷やします。

そのまま樽に入れて、金魚の水槽用の「ブクブク」を入れて
酸素補給をしつつ約1ヶ月間そのままの状態を維持します。

ポイントが2つあります
 ○ 酸素補給用のブクブクが動作していることを確認
 ○ 水温が摂氏10度以下であることの確認

この2つを確認すれば1ヶ月も水の交換をしないでも酸素が水に
供給されているんで水は腐りません。



自然栽培の籾は個性が結構あります。
早くから発芽準備に入っているものやなかなか準備に入れない奥手の
籾もありますから1ヶ月間の長期間浸種をします。すると流石に奥手の
籾も準備態勢に入ります。
しかし水温が10度以下なので実際に発芽はできませんからその寸前の状態で
一斉に全ての籾が準備態勢を整えて待機しているんですね。

この状態を作るための浸種です。

なんか田んぼをトラクタで起こすなどの作業はまだまだという気がするが
この種籾の浸種の段階になるといやがうえにもモチベーションが上がってきます。

もちろんいつものように
「今年も頼むよ~。元気に美味しく育ってくれよ」
と種籾に話しかけていました。

1粒1粒目視選別した選りすぐりの種籾達ですからつい感情移入して
しまいますね。




最近の記事