手取り除草ややスピードアップ?

連日の手取り除草作業を行っておりますが、稗の多い個所は株間に びっしりと生えているのでいちいち茎の節を確認して、稗のみを手で 抜き取っている。 ほとんど瓜二つの姿なのでよ~く見ないと判断がつきませんから とても時間がかかってしまい8時間の作業で約100メートル進むのが やっとでしたが、今日からは「びっしり生えている箇所」からやや薄く 生えている箇所へ移ってきたので除草のスピードが2倍になってきました。 (^^) 今日は1日で約200メートル進むことができました。 7反の水田の約半分ほどが終わりました。 畦に抜き取った稗を捨ててましたが軽トラに積んで2回目の搬出をしました。 別の畑で土に埋めて枯らしてしまいます。 稗は畦に捨てておくとゾンビのように復活してきますので完全に土で埋めてしまい 光合成ができないようにして枯らしますね。 すごい生命力なのです。 よーいドンなら必ず稲の方が負けてしまいます。

続きを読む

映画・・奇跡のリンゴを見ての副作用?

先日、明和町のイオンの2階にある109シネマ―ズで実話映画 奇跡のリンゴを見たあとちょっとした副作用がありました。 以前から木村秋則さんの「自然栽培ひとすじに」という本を持っているが 映画を見て帰宅してから、多分カミさんは一度も読んだことのないと思われる この本を読み始めてマス!!! 畑での野菜栽培はカミさんにお任せですが少しは感銘を受けたのだろうか?   ↓     ↓     ↓   「山の環境を畑に・・・」 わが家のキーワードです。

続きを読む

本日の昼食はベジタブルランチでした。

午前中、手取り除草をしてました。 爺さまは隣の町の公民館で開催される「高齢者のためのほほえみ昼食会」へ 行ったので、残った私らもどこかへランチをしに行こうということになり 明和町の明野飛行場の近くの「ヒメシャラ」というベジタブルのお店にランチにいってきました。 メニューはランチだけのシンプルそのものでしたが日替わりするようです。 本日のヒメシャラランチと表示されてます。 ご飯は玄米と5分ヅキと選べるようですが私は5分ヅキの大盛りを頼みました。 意外とたっぷりありお腹一杯になりました。(^^) 帰宅後、日が暮れるまで手取り除草でした(汗) なかなか進みません。_| ̄|○

続きを読む

みえの安心食材の調査員来たる!

今日、午前中は水田の手取り除草を行っていた。 午後からはみえの安心食材の認定を受けるために調査員がやってきた。 午後1時20分、玄関のチャイムが鳴ったので出てみると、中年の男性でした。 三重県農林水産支援センターから参りましたと挨拶を受けました。 まず何から見られますかと聞くと 水稲用の「生産者管理記録表」を見せて下さいとのことだったので エクセルでプリントアウトして渡した。 その記録表をしばし確認してから 「こんな栽培法は私が調査員をしてから初めてですが、本当に刈り取り時の稲藁 だけで他には何も入れないのですね。」 と話されていた。 その後農舎に移動して乾燥機、籾すり機、精米機などの型式の確認と 写真撮影をした。 さらに水田に行って雑草の状態やパネルを置いての写真を撮影した。 調査は正味1時間余りで終了して次の調査のためにわが家をあとにされた。 なんかホッとしました。(^^) 無事調査をパスすれば1ヶ月ほどで認定証が送られてくるそうですが 待ち遠しいです。 認定証が届けば認定水田に「みえの安心食材認定圃場」という看板を 立ててPRしたいと思ってます。 最後に今日調査にみえた調査員の方も   使わなくてもよいなら「除草剤」なんかは使わない方が絶対いいですから・・・ と言ってみえた。

続きを読む

映画・・奇跡のリンゴを見て!

娘からメールがあった。 青森県で無農薬でのリンゴ栽培を成功させた木村秋則さんの 実話映画「奇跡のリンゴ」を見たがとてもよかったよ。 というものだった。 今日は本降りの雨で除草作業もできないので、午前中に10キロの精米を して郵便局で発送した後に明和町のイオンでお昼を食べた。 その時にイオン内の109シネマ―ズ(映画館)で奇跡のリンゴを上映して いたのでカミさんと一緒に見てきた。 普通の慣行栽培のリンゴ栽培は農薬の使用回数が20回以上にも及び奥さまが 農薬アレルギーで苦しんでいたことから無農薬でのリンゴ栽培を目指したが 10年かかって無農薬での栽培に成功したというものです。 成功するまでは無収入の状態が続き出稼ぎやアルバイトで食いつなぐ日々。 なかなかリンゴの花が咲かないことから無農薬栽培を諦めて自殺をしようと 縄をもって岩木山へ入った時に野生のドングリの木を見て、この木には 虫がつかないし病気にもかかっていないということに気付いて、山の土を 研究しリンゴ畑に再現したことからリンゴの木が復活したというのです。 やはり「山の土の環境を畑に」…というのはとても大事ですねぇ。 あっ結構年配の方と女性の方・・・多かったです。。。

続きを読む

最近の記事