稲刈り後の籾の乾燥は2段階で乾燥します。

昨日の稲刈りから常温(34度)の風のみで刈り取った籾の乾燥を
約20時間行ってます。
昼間は外気温が34度もあるので常温の風でも温風ですね。
ならばこの温風の風だけでも結構乾燥すると思いました。


稲刈りをして乾燥機に張り込んだ直後の籾の水分値は22.5%であった。
それから通風乾燥のみで20時間・・測定した籾の水分値は18%になって
きたのでここで通風乾燥を一時停止しました。

このまま最低8時間くらいはそのまま乾燥を停止したままにしておきます。
この停止している間に乾燥ムラがなじんできて乾燥度合いが均一になって
きます。


2回目の籾すり作業は9月3日に行う予定なので、明日はそのまま乾燥機の中に
入れておいて9月1日にもう一度通風乾燥を再開して籾の水分値を16%ジャスト
にもっていこうと思ってます。


玄米の水分値は16%以上の方が美味しくなりますが、籾すり機は17%以上だと
上手く籾すりができないのでギリギリの16%が籾すり作業もできて味も美味しい
という折衷案なのですね。

玄米の保存と食味で考えると

      保存良好  :  保存不良
      水分値低い :  水分値高い
      食味悪い  :  食味良好

となってきますね。

そこで保存方法を冷蔵庫に保存することによって食味の良い、水分値の高い
玄米を良好に保存できるようにしてます。
一挙両得でしょうか。。。(#^.^#)



2回目の稲刈りしました。(^^)

順調という言葉を忘れているかもしれない。
毎回アクシデントが起こる。。(>_<)

今回は1回目の稲刈り後コンバインを掃除した際に下部の掃除口の
蓋が開いていたぁ!
田んぼを半周したところで虫の知らせかどうかわからんがコンバインの
タンクの中を覗いてみた。
なんと!空です!慌てて作業中止!
点検してみると掃除口の蓋が開いていたのです。
ガックリしました。
150メートルくらいは刈り取った籾を田んぼに撒きながら稲刈りして
ました。_| ̄|○


    「手で拾えるところは私が拾うから、稲刈り続けて」
というカミさんの言葉に気を取り直して稲刈りを続行しましたが、
自分のお粗末さが嫌になってきます。

稲刈り2


途中から息子に替わってもらいましたが、まだまだ自分の方が
上手と思います。
私は稲刈りの時も稲に
  元気に育ってくれてありがとう。稲刈りするで美味しいお米に
  なってね。
とブツブツ話しかけて作業してます。
それにコンバインの前の方から虫が一斉に飛び出してきますから
それらの虫に向かっても
  あんたら早う逃げやんと~
と思わず言ってます。

何しろ虫の天敵がコンバインの上で乱舞してますからね~
まさに縦横無尽にアクロバット飛行で虫を捕食してます。




松阪農協本店の食味計では計測不能でした。

松阪農協本店の玄関を入ってすぐの右側に食味計が置かれている。
毎年食味値を測定しに行っている。
今日も測りに行ってきたが測定不能でスコアが表示されません。(>_<)


ここ数年いつものことであるが蛋白質の測定値が「アンダー」と表示されて
しまいます。
原因はわかりませんが測定範囲以下まで蛋白が下がっているのか。

もっとも食味計は旧式の年代物のケット製のAN800ですから無理なのかも
しれません。


食味測定

この食味計、今年一杯でメーカーのサポート外となり故障しても修理できなくなる
そうですから、故障すれば新型に替わりそうなのですが、それを期待するのは不謹慎
でしょうかね。


そのうち農機メーカーの展示会が開催されるので
  お米の食味値測ります!
というコーナーがよくあるのでその時まで我慢ですね。



雨上がりの稲刈り強行か!

松阪農協黒部給油所から免税軽油の配達を頼んだ。
ドラム缶1本分の軽油を配達してもらったが、その際配達員さんの
話によると黒部の方では今朝からコンバインで稲刈りをしていたとか・・

ちょっとビックリですが、稲が湿っているとコンバインに詰まったり
して不具合が多発するので、普通は昨日までしっかり降っていた翌朝からは
まず稲刈りはしませんね。
それに晴れていても午前10時頃までは露がついているのでそれ以降に
刈り取るようにしてます。


まぁ登熟は待ってくれませんから多少湿っていても稲刈りを強行したんですね。

わが家は29日までは晴れが続くようですから29日の午後からにしようかなと
思ってます。


他所の田んぼは昨日の雨で荒海のようになってますね(^_-)-☆
荒海の田んぼ


雨降って・・本格的な稲刈りモードに・・

週末の土曜日、日曜日と雨が降り続いたので当地の稲刈りも延びて
しまいました。
たぶん雨が降らなければ今頃稲刈り最盛期かと思われる。

次の週末も天気が悪いとの予報なので26日(月)から30日(金)
までのウィークデーの間に稲刈りを行う農家が多いのでないかと思います。

わが家もこの間に2回目の稲刈りを予定してます。


当地は兼業農家がまだまだ多いので稲刈りなどのイベントは週末に集中しがちです。
なので週末に雨が降ると稲刈りが次の週末まで1週間も延びてしまうので大変です。
今頃って割と1週間毎に天気が周期的に変わりますからね~

しかし週末ごとに雨では仕方ありませんから雨の合間に作業をすることになりますね。

まぁ今の時代、機械化されてますから1人でも稲刈りはできるのです。
しかし雨雲を横目ににらみながらの稲刈りですと少しでも早く刈りたいので
最低2人は必要ですね。
2人いれば籾の搬送中も残りの1人が稲刈りを続行できますから。(^^)




雨上がりの今日はどの田んぼも排水口を全開にしてあるので昨日からの雨で
大量の水が用水路に流れ出ています。

わが家も3ヶ所の排水口を全開にしてきました。

田んぼの土質にもよるが早く乾けば即稲刈りですね~♪


最近の記事