エンゲル係数とこだわりのお米

平均的な家庭でのエンゲル係数は20くらいということです。
エンゲル係数は総消費支出のうち食費に占める割合ですから
この係数で家庭の消費バランスがわかるということのようです。

以前にも記事に書いたが古来中国では病気を治す医者より
日頃の食事を指導する「食医」という身分の方が位が高かったとか。
それほど日々の食事というものは大切なものなのですね。

我々人間の体は口から食べ物をとって体内で消化、吸収して
生命を維持している。
毎日便を排泄するが実はこの便の中身は、食べ物カスは40%程度で
残りは新陳代謝で体内から剥がれた細胞の死がいということです。


吸収された養分から新しい細胞が作られて古い細胞は役目を終えて
便として排泄されていくのですが、大体3ヶ月くらいで細胞は生まれ変わる
ということのようです。もちろん臓器によっては長短はあると思うのですが・・・


つまり言い換えれば3ヶ月前に食べた食べ物で今の体ができている!
ということを考えた時、ジャンクフードばかり食べていては3ヶ月後の
体がどうなっているのか、心配になってきますね。


エンゲル係数全体を見直して無駄をなくすことはとても大事なことだと
思います。
しかしなんでもかんでも1円でも安い食材を求めるというのはどうでしょう。
いつも一番安い物を!という心がけは、節約にはとても大切ですが、
でも、安い物を買う時の楽しみだけではなく、食事の時の楽しみも
とても大事ではないでしょうか。

お米を「こだわりの美味しいお米」に替えただけで食事がとても
楽しいものになった・・というお客さまの声をお寄せいただいて
生産者としても本当に幸せになりますね。


肉や魚は毎日食卓には上がりませんが、ご飯は毎日食べますから
美味しいご飯を毎日食べて心身ともに健康で幸せな気持ちになって
いただきたいと思います。


う~ん残念です_| ̄|○

これだから機械はいやですね!
突然、エンストしました!


今日は午後から田んぼの耕起をしました。
9月の稲刈り後、初めての耕起ですからひつじが伸びた稲株ごと
飛ばす程度の極浅起こしです。
ほんとに順調すぎるくらいに快調に田起こししてました。

田起こし


軽い負荷ですからエンジンに無理はさせていませんし、
順調に作業してましたが、あと5メートルで終了というところで
突然の「エンスト」です。

作業中の突然のエンストに戸惑いました。
いきなり出力が落ちてそのままストンとエンジンが止まってしまいました。

キーを回して再スタートさせるのですが、すぐにダウンしてしまいます。

点火系ではなく、燃料系が詰まっているような感じです。
どちみちこの状態で田んぼの中に置いてます。

エンスト

明日修理ですね~_| ̄|○

とほほ・・・あと5メートルで終わったのにィ~

でも道路でエンストしなくて逆によかったかも?

です。(>_<)

妹夫婦がやってきた。

朝のくん炭焼き作業を終えたところで妹夫婦がやってきた。

例の「人間食味計」の旦那と一緒であったが、お昼まで
2時間あまりいろいろ話したが、やはり食品偽装と放射能
のことが話題に上った。

福島の原発事故が起こるまで日本の輸入基準は0.5ベクレル程度と
聞いているが、事故後の基準は一気に100ベクレルである。
基準が一気に200倍に甘くなってしまったのであるが、なんでだろう?
と思う。何かおかしいですね。

多分思うに、0,5ベクレルの基準のままであったら東北の食品は全滅に
なると危惧された結果であると思うが間違っているだろうか?



さらに・・・

高度に流通が発達している日本では地元産だけでなく全国の食品
が日々流通している。
そこで偽装が行われれば例え表示が「〇〇産」となっていても
その表示自体が無意味になってくる。


まぁ疑ったらきりがないが、これだけ日常茶飯事に偽装が横行
している現状では、これからはまず産地表示を疑うことが必須に
なってくるのではないかと思った。
信頼のおける生産者、製造者から直接購入することがますます重要に
なってくるように思うし、生産者直売をますます充実させていかなければと
思っている。


最近の記事