4回目の寒起こし・・2

昨日に続いて残り1枚の田んぼの耕起です。 じつはちょっとトラクターが不調です。 ロータリーを下ろす時「カン」という音が時々します。 しない時もあるのですが原因がよくわからないのです。 もうひとつは燃料タンクから伸びるパイプの詰まりです。 燃料タンクから細いパイプを伝って燃料がエンジンに 供給されるがこのパイプが詰まってしまいエンストしてしまいました。 以前にもこの症状が起こり、ヤンマーのMさんに教えてもらった方法を 試して急場をしのぎました。 つまり燃料タンクのパイプを外してすぐにコンプレッサーの圧搾空気を パイプにプシューと注入してまたすぐに燃料タンクへパイプを繋ぐ・・ というものですが燃料が吹っ飛ぶので顔面軽油だらけになりましたが なんとかエンジンはかかりました。 しかし最近このエンストが頻発しているので抜本的に修理してもらうことに しました。 それに謎の「カン」という音も気になりますので明後日の28日にドッグ入り して詳細に点検修理してもらうことになりました。 明日は雨の予報なので今日中に田起こしができてよかったです。 お天気で作業順序が変わることはしょっちゅうありますから まさに「お天気商売」ですね。(^.^)

続きを読む

4回目の寒起こし・・1

昨日今日ととても暖かいです。 昨日は虫の知らせのことでバタバタしてました。 今日は飯南町の炭焼小屋へ炭焼作業の見学のお誘いを受けていたのですが 昨夜の天気予報で「今日明日」はお天気が良いのですが明後日から雨模様との ことで急遽見学を取りやめて田起こしをすることにしました。 前回の田起こしから1ヶ月ほど経ってますから雨がふれば1週間は延びますから 早めに起しておきたかったのですね。 今日は4回目の寒起こしです。 鋤を使って大きな田んぼ1枚と小さな田んぼ2枚の耕起です。 明日は残りのもう1枚の大きな田んぼの耕起を予定してます。

続きを読む

虫の知らせってあるのでしょうか?

摩訶不思議な事象を体験しました。 昔から虫の知らせといわれていることですが現実に 体験すると不思議なことですね。 うちのじい様は7人兄弟の末っ子です。 先の戦争や病死でいま残っている兄弟は 6つ年上の姉さんとうちのじい様だけなのです。 姉さんは92歳ですが昨年から特養暮らしとなってましたが 12月中ごろに体調不良で津市内の病院へ入院してました。 じい様と一緒に病院へ見舞いに行った時はとても元気でしたが、 それから2ヶ月余り経った昨日(23日)の夜のことです。 じい様が突然 「これから忙しくなってくるので姉さんの顔を見に行きたいわ」 と言ってきたので急遽本日(24日)にじい様と入院している 津市内の病院へ向かいました。 ところが病院で22日に容態が急変して亡くなったということを 聞かされたのです。 びっくりして姉さんの自宅へ向かいました。 自宅を訪問すると今度は 同居している姉さんの長女さんが泣きだしてしまいました。 姉さんが亡くなったことをなにも連絡していないのに実の弟のじい様が 突然現れたのですから、びっくりしてしまったのです。 不思議や・・不思議やと言ってました。 実は姉さんは日頃から私が死んだら葬儀は家族葬のような簡素な式 にしてと言っていたとかで今日の午前中に斎場で葬儀は済ませたという ことでした。 ただ姉さんは火葬場が混んでいたのでまだ斎場に安置してあるというのでした のですぐに近くの斎場へ向かったのです。 間…

続きを読む

自治会の役員改選・・・

今日は午前9時から公民館で農家のみの初集会がありました。 今年は役員の改選期ですから ・農協実行組合長 ・営農組合支部役員 の新役員を選挙で選んだのです。 午前10時からは農家以外の「非農家」の人も加わって自治会の役員改選です。 ・自治会長 ・副自治会長 ・会計 ・会計監査委員 ・組長 ・寺役員 ・宮役員 ・参与 ・町づくり代議員 などを役員さんを選挙で選んだのですが、私は再度会計に選ばれました ので、また今後2年間、自治会の会計係としての仕事があります。 任期は規約によると最高2期4年間なので3度目はないのですがね・・・ 会計以外では宮役員にも選ばれたのでこれから神社のことにも なにかと関わっていくことになりました。 それにしても改選期は集会の時間が延びますね。 やっと集会が終了したのがお昼を回ってましたね。 なにはともあれ後2年間は現状維持ってことですね。 なんかほっとした・・・

続きを読む

今年のチャレンジは・・・(備忘録)

無肥料無農薬栽培8年目の今年も例によっていくつかのチャレンジを考えてマス。 ○土つくりとしては   ・冬の間に鋤を使った耕起を3回以上は行って乾土効果を発現させる。(田んぼの醗酵)   ・代かき3日前には田んぼに入水をするが、その直前に「細かく砕いた竹炭」を    反当たり50キロ程度散布する。(微生物の住宅作り) ○苗つくり   ・プール育苗の際、苗箱を直接土の上に置き苗箱から根を土に張らす。   ・上土は籾ガラくん炭を使用。将来的には床土もくん炭を使いたい。 ○除草   ・和同産業の歩行型動力除草機を初期除草から全面的に使う。   ・共立の3連動力除草機も併用する。   ・稗対策を徹底させ深水の維持を図る。    ・代かき2週間前には草が生えていなくても必ず耕起すること。 ○作付   ・イセヒカリの作付面積をコシヒカリと同面積とする。   ・無肥料のため分けつが少ないので植付本数を増やすか密植えを行う。 ○モグラ対策   ・土木工事で使う「プレート」で畦を行き来してモグラを脅して引っ越しを    してもらう。 ○畦草対策   ・出穂してからは畦草は刈らずに放置しておくこと。    稲刈り直前は可 3月に入れば早々に「温湯消毒」が始まりますから あと1週間あまりでいよいよ今年の米つくりもスタートします。 ワクワクドキドキです。。。 (^^)

続きを読む

最近の記事