田んぼの畦で見つけましたぁ

今日は代かき三昧の一日でした。
朝の7時から作業開始で2枚の田んぼ(約1町)で代かきを
しました。

前方の図
代かき1

後方の図
代かき2


代かきが終わればT字型のレーキで田んぼの四隅の均しです。
これが結構な力仕事です。
まぁ泥で足元が悪い場所でレーキで泥を押したり引いたりするんで
結構な汗をかきますね。_| ̄|○


レーキを担いで畦を歩いていると「蛇の抜け殻」を見つけました。
大きい抜け殻です。
手袋と一緒に撮影しましたのでその大きさがわかるかと思います。
蛇の抜け殻


帰宅後、全長を計測すると135センチもありました。
(注:頭部を除く)

蛇の抜け殻2


蛇の抜け殻って財布へ入れておくとお金に困らないとかいいますよね。
これだけ大きいとさぞや!でしょうか?



田んぼに入水中なり!

昨日から田んぼに入水してます。
今日は満杯になったのでレーキで四隅の土が寄っている所を均しました。
かなりの力仕事です。
体力消耗しました。_| ̄|○



その後、排水口のせぎ板を調節して少し落水して代かきに
最適な水加減に持っていきますね。



6月2日に田植えをする田んぼです。
  ↓     ↓     ↓
入水中


午後からは約2反の小さな水田で和同除草機を動かして除草作業をしましたが
半分ほどで中止しました。
というのはほとんど雑草がなくて除草作業をしても効果がなかったのです。

この水田は水の濁りもかなり濃くて毎年手間いらずのとてもよい水田です。
もうこの水田では除草機を使うことはありませんね。

少し手取り除草をするかもしれませんが、雑草がこんなに少なければ
省略出来るかもです。?(^^)?



えらい丁寧やな~と声をかけられる。

今日の午後から水田で手取り除草をしていると町内のTさんから
 「えらい丁寧やな~」
と声をかけられた。

慣行栽培(肥料+除草剤+農薬散布)なら田植えは植え残しが出来ないように
額縁状に植えます。
この方法は除草機を押す場合には不都合なことになるのでわが家では
額縁状に植えていません。
サンドイッチ状という形ですね。
この方が除草機を通しやすいのですね。


除草は無肥料無農薬栽培の肝です。
肥料を入れない環境では自然の養分を稲と雑草とで争奪戦になるのです。

植物の養分の争奪戦とはつまり「根圏」がどこまで勢力を広げているかに
かかってきている訳です。
稲の根圏が雑草の根圏を凌駕すればそれほど雑草の影響を受けないで立派に
生長できますが、逆の場合は稲はとても貧弱な実りになってしまうのです。

除草剤の威力は完全に雑草を根絶やしにするが、除草機の場合は上手くいっても
50~60%程度の除草ができれば恩の字であると思う。
従って除草というより減草ということです。

稲に影響のない程度まで減らせればよいのですね。

除草作業の最終段階はいわゆる「手取り除草」であるが
手取り除草は田植え後1ヶ月ごろから始まる。
チェーン除草や動力除草機による除草はこの最終段階の
手取り除草に至るまでにいかに雑草の全体量を減らせられるかにかかっている。


この時期までに如何に「減草」させておくことが出来るかがとても大事です。



今日は忙しい気分でした

午前7時から自治会の配布物を全戸に配ってから朝食でした。
朝食後、今日発送する2個口のお米の計量をしてからゆうパックで
発送しました。
帰宅後、6月2日に田植えをする予定の2枚の田んぼに水を入れました。
夕方までに満水になるように調節しました。

田んぼに入水


午後からは7反の水田の手取り除草をしてました。
夕方5時に終了・・・
でも全部除草出来た訳ではありません。半日で5分の一できたかどうかぐらいです。
ほんとにポツンポツンと雑草がある程度ならほとんど水田を歩くだけなので
1日で終わりそうですが、所々しっかり雑草があると時間がかかりますからね。



足元はこんな感じです。
水田の中の足元


水田の遠くはこんな感じです。
水田の遠く


今日は暑かったということですが、水田の中にいるととても涼しいです。
風でも吹いてくると冷~っと感じますよ。

夏は水田・・・ですね~♪
涼を求めたければ水田で除草を・・・ですね♪

(^^)


和同除草機

7反の水田で和同株間除草機を使って2回目の除草作業をしました。(^^)
夜更かししても早朝には自然と目が覚める?私がまず
午前7時半すぎから除草を開始して午前10時ごろに息子が
「遅い朝食?」または「早い昼食?」を食べて田んぼへ交替しにやってきました。
その時丁度ヤンマーのMさんも軽トラで水田にやってきたので丁度ダブって
またヤンマーさん見学者さんを連れてきたのかな?と思ったら息子でしたわ。

作業前
作業前  


作業中
作業中

作業後
作業後


浮きあがってきた雑草
浮きあがってきたコナギ


田植えをしてから28日目ですが雑草でもコナギは面白いように
水面に浮いてきますが稗なども稲科の雑草はもう根付いていますので
この除草機でも除去できないのが結構ありました。

それで手取り除草も開始しました。
これはなかなか大変です。
遅々として進みません。
それでも去年は端から端まで作業するのに腰かごが一杯になるので3回は
腰かごの雑草を捨てに畦に戻りましたが、今年は一回で端から端まで行けました。
しかも雑草は腰かご半分ほどの量ですから去年の6分の1以下というところですね。


いよいよ手取り除草の段階に入ってきました。(汗;)



最近の記事