NPO法人「地産地消ネットワークみえ」に登録予定です。

以前、松阪祇園祭りの際に無農薬でお茶の栽培を行っている めちゃく茶園 というお店のことを記事に書きましたが、このめちゃく茶園さんは 「人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度」に登録してました。 これは私も登録していますので一緒ですね。 めちゃく茶園さんはNPO法人「地産地消ネットワークみえ」というところにも「パートナー事業者」 として登録されていたので私も同じように登録したいと…

続きを読む

アクシデントは突然にィ~♪

わが家は除草剤を使わないので田植え後の除草作業は毎週続きます。 約1ヶ月ほど経過すると苗も大きくなってくるので日陰ができて 雑草も勢いが弱くなってきます。 栽培面積が広いとこの除草作業が大変になってくるので、田植えを2回に 分けてます。 2回目の田植えをした水田の畦の雑草が繁茂してきたので朝から オーレックの斜面刈り機を使って草刈りをしてました。 しかしアクシデントは突然やって…

続きを読む

水田の水をなめたことありますか?

いま水田で稲が育ってます。 慣行栽培では中干しをしているので水を入れたり落としたりしてます。 わが家は稲刈りまで水を入れっぱなしにしていますから穂が出てきた 今も水が水深10センチ程度はたっぷりと入ってます。 畦の近くは畦から水田の中に向かって稗などが伸びて生えているので 鎌で稗を刈りそろえていた。 腰をかがめて鎌を振ると勢い余って水しぶきを顔面に浴びてしまうが そ…

続きを読む

穂揃いしました。

7月16日に1番穂の出穂を見つけてからほぼ10日ほどで 穂揃い状態になりました。 化学肥料+農薬使用の「慣行栽培」では今の時期、中干しといって 田んぼの水を落水して乾かします。 田んぼの土は指が入るほどヒビ割れてきます。 稲にとっては根が切れて一種の飢餓状態を人為的に作ってやるのですが 稲にとっては生命の危機ですから、これは大変だということで一斉に 次の世代に命を繋ぐために…

続きを読む

穀物冷蔵庫で保管中のお米です。

脱穀して袋詰めしたお米は一年中摂氏13度、湿度60%に保った穀物保冷庫 で保管しております。 こうすることによりお米の鮮度が保たれたまま保管できます。 夏場はお米に虫がつきやすいので少量づつ購入されてご家庭の冷蔵庫の 野菜室などで保管されるのがいいと思います。 それまでこの保冷庫で鮮度を保ったまま取り置きできますね。

続きを読む

最近の記事