雨雲を横目で睨みつつ1回目の稲刈りしました。

今日は朝から  ウェザーニュース  雨マップ の2つのアプリを使って1時間ごとの雨雲の予想進路と降水量を チェックしてました。 一応午前7時半には軽トラに籾搬送機を積んでコンバインも暖機運転もして いつでも稲刈りに出動できる準備を整えてました。 午前8時過ぎに田んぼの様子を見に行くと稲はまだ露に濡れておりましたのでもし 刈れても10時頃かなと思っていたのです。 ウェザーニュ…

続きを読む

米袋の準備・・・

今年の稲刈りも近づいてきたので玄米を入れる米袋の準備をしました。 わが家のロゴマークやスタンプを米袋に押して乾燥させました。 半日くらいかかりました。 コシヒカリ用の米袋・・ イセヒカリ用の米袋・・ 籾すり作業の時にスタンプを押して・・となると流れ作業なのでなかなか難しいので 予め押しておけるところは押しておきます。 籾すり作業時に米袋に押すのは「平成2…

続きを読む

お天気の読みを誤った。

今日は昨夜ザッと雨が降りましたので朝、路面が濡れてました。 今日は稲刈りをどうしようかと1日中思案してました。 午前9時から1時間置きに田んぼの状態を見に行ってましたが 中干しをしていないのでまだ土が柔らかいのと、朝の天気予報で 明日の日曜日も昼間は雨は降らないとでていたので、明日の 稲刈りに照準を当てました。 ところがさっき、午後6時更新の松阪市の天気予報を見てみると 午前中…

続きを読む

稲刈り時に種籾を確保しておく

そろそろ稲刈りですがその時に来年の種籾を確保しておかなければなりません。 自家採取ですから当然ですが、問題は品質と量です。 以前は冬期に余分に確保しておいた籾から塩水選をして種籾を確保するので 必要な種籾の量の約2倍強の籾を稲刈り時に確保していました。 今年はタイガーカワシマ製の「だつぼー君」TDS-100があるのです。 この機械は塩水選と同程度の選別ができるので稲刈り直後…

続きを読む

スタンプ押し・・・

お米の袋はいろいろなタイプのモノが販売されてますが わが家は紙製の米袋を使ってます。 以前は「こだわりのお米」と印刷されている米袋を 使ってましたが、「自然栽培米農家・わたか農園」という 似顔絵を中心にしたスタンプを作ったので無地のタイプに 変更しました。 米袋は近くのショップで3キロ、5キロ、10キロ、30キロ といろいろ販売されてますが、今日はコシヒカリの収穫が済む…

続きを読む

最近の記事