稲刈りは9月になってからかも?

8月13日に落水して田んぼを乾かしていましたがその後の
秋雨前線に伴う大雨が続きなかなか田んぼが乾きません。
8月中は不安定な天気が続くということでやや乾きかけて
来たところへ局地的な「短時間大雨」でまたドロドロ土に
戻るという繰り返しがここ半月ほど続いてます。

わが家より早く田植えをした他所の田んぼでは刈り遅れになるため
稲刈りを強行してましたね。
中干しをした慣行栽培の田んぼでも刈り跡を見るとコンバインが旋回するところは
深く泥を掘って水が貯まってました。


わが家の田んぼ

わが家の田んぼは中干しをしていないので土がまだ柔らかく田の中に入ると5センチほど
長靴が沈み込むのでこれが1センチ程度まで締まってくればいいですが。
まぁこれからの天候次第ですけどね。
自然のことですから祈るしかありません。(>_<)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


他所の田んぼ(変色してます)
これほどベッタリと倒伏してしまっては大変です。
所々で白くカビが繁殖してます。
他所の田んぼながらどうするの?と思ってしまいます。


コシヒカリは特に倒伏し易い品種ですが食味がいいのでほとんどの農家で
栽培してます。
台風11号ではなんとか持ちこたえてたのですがその後の大雨でべったりと
倒れてしまいました。

倒伏すると最新型のコンバインでもなかなかうまく刈れません。
追い刈りのみ辛うじて可能ですが1方向のみの刈り取りですから効率悪いですし
酷い所は手刈りになりますね。

数年前、コンバインの前で倒れた稲を人が引き起こしてから刈り取りしている
のを見たことがありますが大変だなぁと思いました。(>_<)


コンバインの掃除

そろそろコシヒカリ稲も登熟してきたので今日はコンバインの掃除を
しました。
早く田植えをした田んぼではチラホラと稲刈りが始まりました。
今週末が最盛期となりそうですね。

わが家もそろそろなのです。
昨年の稲刈り後に綺麗に掃除をして保管してあったのに1年間経つと
所々に昨年の籾が残ってます。
それらを綺麗に掃除しました。

フルオープンの写真です。
コンバインの分解掃除

掃除後、給油とグリスアップをしてから試運転しましたが
調子は上々でした。
このコンバインは自動水平機能がついているので車体が傾いても
刈り刃のところは自動で水平を保つので稲の刈り取りも楽です。

カバーを取り付けて完成です。
コンバイン


これでいつでも稲刈りができるのですが、今年は雨続きで水が貯まった
田んぼでの稲刈りになりそうです。
機能的には長靴が20センチ沈むような泥田でも稲刈りができるという
ことですが、後の泥落としが大変だよ~~~(>_<)


お天気商売ですから仕方ないですね。
明日は雨の予報ですから明後日以降に安定して晴れの日があれば
稲刈りしようかと思ってます。


やる気の無い農家が多すぎるよ!

当地区は毎年11月に地元の漕代小学校で「文化祭」を開催します。
私が子供の頃は「農産物品評会」という名前でしたが最近は
運動会と対で文化祭といってます。

文化祭なので生徒や父兄の絵画、手芸、生け花などの展示や
カラオケクラブやパソコンクラブの展示などがあります。
また各農家から寄付として農産物を供出してもらい会場で
即決のセリを行い収益金は小学校へ寄付することになってます。
このとき野菜などは金賞や銀賞などランク付けをしてますが
お米は原則玄米供出でランク付けをせずに一括して30キロ袋に
詰め替えてから袋ごとにセリをします。

各農家から供出される玄米はビニール袋に約1升くらいです。
それを大きな30キロの米袋に詰め替えて1袋ごとにセリをします。
こうなると約20軒分の美味しいお米や不味いお米が混ざってしまいますね。
(一応品種は統一されてます。)


そこで一計を案じました。
折角玄米で1升づつビニール袋によって供出されるのでこの袋ごとに
食味計で食味値を計って
例えば
Aグループ 食味値70点以下のグループ
Bグループ 食味値71~75点のグループ
Cグループ 食味値76~80点のグループ
Dグループ 食味値80点以上のグループ

と4つのグループに分けてそれぞれセリをすればどうだろうと考えました。

そこで文化祭の大会役員でもある自治会長に話をしたところ即時却下されてしまいました。
なぜなら今の風潮は差別を助長することはご法度ということのようです。
つまり食味に自信のある人はいいけど自信の無い人はお米の供出をしてくれなくなり
結果として小学校への収益金の寄付が減ってしまうということです。
さらにいまは実施されている野菜の金賞、銀賞、選外というランク付けも廃止して欲しい
という要望もあるとか。


なんだかガッカリしました。
世の中、何でも順位やランク付けは当たり前の世界です。
学校の成績、入学試験、就職試験、昇進試験、資格試験など何でも順位ですから
少しでも上位へいけるように頑張るのですが、当地の農家さんは全くそんな気もない
という感じで、食味に自信のない米ばかりを作っている無気力な農家像が見えてきてしまいます。
これ無条件委託販売のもっとも悪い典型的な形です。
生産者と消費者の顔が全く見えないので、生産者は消費者のことを考えないで
農産物を自分たちの都合で栽培しているだけなのですね。


お客さんもそんな自信のない農産物を作ってる農家の声を聞いて
ガッカリしませんかね。
どうせなら
「これでどうだ!という自信たっぷりの農産物を買ってもらいたい」
と思いますけどね。




小学校の清掃奉仕作業

小学校の清掃奉仕

今日は午前8時から小学校の清掃奉仕作業に行ってきました。
PTA主催の清掃作業ですが町づくり協議会としても各町2名の
動員がありましたので自治会長と私が参加しました。

刈り込みハサミ1丁を持っていきましたが、ほとんど剪定枝などを手作業で
トラックに積み込む要員をしてました。(>_<)
剪定枝は全部で軽トラ5台分ありました。

年々子供が少なくなってきて町内の小学校も生徒数は100人を切りましたから
将来的には統廃合の対象になるのでしょうかね。
そうなれば寂しくなりますね。
過疎化はなにも中山間地域のみの特異現象でもありませんね。
都市部以外はどこもかしこも過疎化ですかね。



非常食が夕食でした。

東海沖地震が来るぞ来るぞを言われて久しいがわが家は農舎の一角に
非常持出袋を常備してます。
本日農舎の改造をした際、この非常持出袋の点検を行いました。

非常持出袋

非常持出袋の中に非常食も入ってますが賞味期限が先月で切れてました。
まぁ1ヶ月のことなので今夜消費してしまうことになりました。


非常食

種類は3品で
五目ご飯、えびピラフ、しそわかめご飯の3品です。
水で1時間、お湯で15分で出来上がるというものです。
早速いただきました。
お湯のコースです。


五目ご飯
非常食五目ご飯

しそわかめご飯
非常食しそわかめご飯

えびピラフ
非常食えびピラフ


私は えびピラフ>しそわかめご飯>五目ご飯 の順でしたが
カミさんは しそわかめご飯>五目ご飯>えびピラフ の順でした。

好みはいろいろです。


最近の記事