柿の収穫

わが家は畑の一角に柿の木を20本ほど植えてます。 冬に剪定をするくらいでほとんどほったらかしの柿の木 ですが毎年たわわに実をならしてくれます。 有難いことです。 自家用ですからできることかもしれません。 柿の栽培をメインにすればやれ消毒はしたかとか柿専用肥料はどうとか でほったらかしの柿栽培はできないかと思うなぁ。 そんなわけで今日は畑の一角にある柿の木の柿を収穫しました。 当然無肥料無農薬ですが果樹は基本的に剪定だけでほぼ柿の生きようとする 生命力に全面的に依存している栽培ですね。(*^^)v 実は柿を収穫するのはそれほど大変ではないのです。 適当に熟した実をハサミで切り取るだけですから。 本当の作業は収穫後です。 柿の汚れを拭きつつ大きさを比べ、虫食いなどで痛んでいないか 選別をする作業が延々とつづきます。 もっと大規模に柿栽培しているところではこれらは機械化されているんだろう と思うが、わが家は自家用の柿ということですから全て人力で行ってます。(^.^) その後、穴あきポリ袋に何個か詰めてラベルを貼って直売所へ持っていきました。 とてもわが家だけで消費出来る数ではないですからね・・・ 自家用といっても消費できないほど収穫できれば即、直売所へ持っていきますね。 柿もこれから旬になりますから他の農作業と並行してしばらくは この作業が続きます。

続きを読む

廃業相次ぐ・・・

なかなか厳しい時代になってきた感じがします。 町内のK君がついに米つくりを断念しました。 数日前にJAのトラックがやって来て 田植え機や籾すり機などを運んでいったとの風の噂で 今日本人に聞いたところ本当でした。 K君はまだ60代ですが高齢の両親以外は元気に動けるのは自分1人のみです。 高齢の両親の食事の世話や介護をしつつ、それでもなんとか1人で 7反余りの田んぼで米つくりをしてきたのですが 自分自身の体力の衰えや昨年急に足の痛みなどを発症し、 ついに米つくりを断念をしたとのことでした。 まだ10年くらいは米つくりを続けるだろうと思っていただけに 突然の廃業で驚いてます。 今後は畑に果樹を植えてボチボチその世話などをするそうです。 今年は早々には87歳の長老が廃業しました。 これもコンバインから降りる際に腰の骨を折ったという ことからの決断です。 後継者のいない高齢者個人農家はこのようにして次々と廃業していく ことになりますね。 今日はなんか重い内容です。

続きを読む

最後の畦草刈り・・・

毎日いい天気が続きます。 コシヒカリは日照不足で乳白米の発生が多くて外形品質は イマイチでした。 もうすぐ登熟期を迎えるイセヒカリは出穂の頃(8月お盆頃)に 台風がやってきて丁度受粉の時期に受粉ができず不捻粒が多い です。 8月中ずっと雨ばかりでこんな年は初めてですね。 どうか後100年はありませんようにと願うばかりです。 ほんとに異常気象にやられてしまった今年の夏でした。(>_<) 自然相手とはいえ厳しい現実です。 さて気を取り直して・・ 朝からくん炭焼きと自家用の精米を午前中にこなしてから 午後から収穫間際の田んぼの畦草刈りをしました。 作業中にオーレックの4輪斜面刈機の刈り刃の回転がいきなり停止して しまうアクシデントがあって修理に1時間ほどかかったがなんとか 日が暮れるまでに終了できました。 よかったよかった。

続きを読む

のんびり日向ぼっこです

今年18歳になったお婆さん黒猫の「みゅー」です。(人では88歳くらい?) 毎日寝てばかりいますが今日はよいお天気だったで縁側の ガラス戸の内側で日向ぼっこをしてました。 もう年ですから腰も悪くてヨロヨロと歩いてますが餌とトイレは自分でできます ので介護は必要ないのですが。。。。。 猫は暑い日は1年のうちで3日しかないと言われますのでかなりの寒がり屋です。 家の中でどこが暖かい所かをよく知っていて大体いつもその暖かい所に寝てますね。 昔は竈の中の灰が暖かいのでよくその中に入り込んで寝てましたね。 ご飯を炊こうと焚口に火を付けるとびっくりして灰ごと飛び出してきたものですが 今は竈がないのでそんなことはないですね。

続きを読む

ひこばえに穂がついてます。

9月3日に刈り取ったコシヒカリの田んぼの切り株から 「ひこばえ」が生えてます。 一面緑色に生え揃ってますが高さ30センチ程度のチビさん ですがもう穂を付けてます。 子孫を残すために成長しきらないうちに穂をつけるのですが なんかいじらしいですね。 稲刈りが済んで土が乾いてきた田んぼの5つの排水口のせぎ板を底まで 抜いてきました。 帰ってきてから水道で洗ってから番号を書いたエフをつけました。 これで来年また使えます。 コンクリート製の排水口のせぎ板を挿入する幅が各々微妙に違っているので 排水口ごとに専用のせぎ板ですね。 これからの時期、田んぼを乾かさないといけないので、せぎ板を 底まで抜くと排水性も向上しますから好都合ですね。

続きを読む

最近の記事