わが家にとって「縦型精米機」は無くてはならないモノですね。

IMG_4043.JPG

山本製作所の縦型精米機VP-32は業務用精米機と家庭用精米機の中間の
ような位置付けのように思います。

農家直売を始めてからこの「自然流下方式」の精米機を購入したが
1キロ、3キロ、5キロ、10キロ、15キロ、などいろんな状況に
対応できるのでとても重宝してます。

以前の循環型精米機の場合は精米するのに最低15キロから20キロほど
精米機のホッパーに投入しないとうまくお米が循環しないので精米が
出来ないということがあったのですが、縦型精米機は多分、
1合程度の量でも精米は可能だと思いますね。

精米を希望されるお客さまには発送依頼の連絡があってから精米して
発送してます。
生鮮食品のお米を少しでも新鮮な状態で食べていただきたいと
思っていますから・・・






カミさんなんぞは
  「○○さん、もうそろそろお米送ってと連絡あるはずやけど
   今月は遅いな~なにかあったんやろか?」
と、さも親戚とか親しい友達を心配するように台帳を見ながら
独り言を言ったりしてます。(._.)

年間でご予約していただいているので発送の時期がくれば
連絡をいただいているのですが、あまりにも間隔が空くと
やはりちと心配になってきますね。
反対に一定の間隔で発送できているとやはり主食ですから
順調に食べていただいていると思ってとても嬉しくなってきます。



3月4日には1回目の温湯消毒と浸種を行います。
いよいよ今年の米つくりも本格的に始動の時期になってきましたね。(*^^)v



ピロリ菌検査に行ってきました。

カミさんと一緒に近所のN医院を受診しました。
カミさんは鼻から入れる胃カメラ検査を受けました。
私はピロリ菌の検査です。



前日の21時から絶食なのですね。
ピロリ菌の検査は簡単で、ボンカレーのレトルトパックの
ような袋に息を吹き入れてから錠剤を1錠飲んでから
左を下にして5分間、つづいてベッドの上に座って15分間
じっとしているのだけです。
痛くも痒くもありません。
その後、最初と同じような袋に息を一杯に入れて今日の検査は
終わりました。
この検査は「尿素呼気試験法」と呼ばれています。
これでピロリ菌がいることがわかれば治療(殺菌)することに
なるそうです。




ピロリ菌がいるかどうかは2~3日後に結果がでるそうです。
40代から上の人は結構、ピロリ菌の保有者が多いらしいです。
昔は井戸水を使っていたので井戸水にピロリ菌が混入していて
それで感染した人が多いとのことでした。
上水道が普及してからは感染者は激減しているということです。
私は子供のころは井戸水のみでしたからねぇ。



ピロリ菌は胃ガンの原因となるという研究結果もあるそうなので
退治できればありがたいですね。
以前尋ねてみえた鳥羽市の自然栽培米農家さんが
  「私らは滅多ことでは病気になれません。
   無農薬栽培と謳っている以上病気にでも
   なれば看板に偽りありと思われませんからね。」
と言ってみえました。
なるほどと思いましたが、こればかりは神のみぞ知るというところでしょうか。
でも食べ物はとても気をつけてますね。

某チェーン店での外食は皆無です。
外食する場合でも個人の小さなお店を選んでますね。



今日はとても寒い日でした。

今日は急に寒の戻りがあったようにとても寒い日でした。
と言ってもまだ2月ですから「寒」の真っただ中なのですね。(笑)
(サムイハズデス)

朝からコシヒカリ玄米1袋(29キロ)とコシヒカリ玄米6キロの2個口の
発送をしてきました。
郵便局へ着いたとき駐車場に1台も車が止まっていなかったので
ラッキーと思って台車に米袋を積んで局内へ入るとカーテンが
閉まってました。
    「えっ!今日休み?」
と思ったところ開店は9時からということを忘れてしまって
ました。暫し15分くらいロビーで時間待ちしてました。_| ̄|○


発送を終えて帰宅後また種籾の目視選別をお昼までしてました。
かなり目がチカチカしてきましたが2時間ほどの作業で1回は
30分ほどの休憩をしてエコノミー症候群にならないように
気をつけてます。
(お陰ではぐれ刑事純情派と暴れん坊将軍はほぼ毎日見てますよ。(笑))

IMG_4366.jpg

お昼すぎに町内の医院へ脳ドッグの紹介状を書いてもらいに行きましたが
診察を受けないと書いてもらえないのです。
その際、先生から
   「もうそろそろやな~米つくり」
と言われたのです。
医院の隣の田んぼで毎年毎年変わった除草機で作業を
しているので関心が芽生えてきているのかも。?




また今日は松阪市内の一般の方から
   無肥料無農薬の米つくりに関心があります。
   一度訪問してお話を伺いたい。
とメッセージをもらったので快諾しました。
いろんな人に来ていただいて無肥料無農薬栽培の米つくり
を理解して欲しいと思ってます。

ほとんどの人が
   「無農薬は分かるけど無肥料ってどうなの。」
という反応ですから、無肥料でも稲が育つところを
見て欲しいと思ってますね。




クボタの農業ルネッサンスを見に行った。

昨日、今日と津市のメッセウィングでクボタ農機の
愛知、岐阜、三重合同の農業ルネッサンスなる展示会が
開催されているので行ってきました。

IMG_4364.jpg


特に目的がある訳ではなく機械大好き人間なので何か便利なモノは
無いかなぁ~という情報収集ですね。
決して衝動買いは致しません。(>_<)






じつは今日の展示会は爺さまと一緒に行く予定にしてましたが、急遽公民館で
開催された女子会へ招待されていたので仕方なく私1人で行ってきました。




女子会!なんともいい響きです。(^.^)







う~ん。。。




平均年齢「80歳の女子会」なんですけどねぇ~♪



(*_*)




毎月から隔月くらいの頻度で開かれてますね。。。女子会。。。



もう少し若い人の女子会もあるのですがこれにはうちのカミさんも
参加してますね。。。

なんか女子力を感じますね。




同好の士、遠方より来る!

昨夜、岐阜県のKさんから突然お電話をいただいた。
  「急ですが明日の午後お邪魔したい」
との内容でしたが特に予定もなかったので快諾しました。
Kさんはもう何度もご夫婦でみえてます。


Kさんは9反の田んぼで隔年で無肥料無農薬で米つくりをされており
同好の士という関係ですがやはり雑草に悩まされているということで
同じ悩みを持つ者同士ということから毎回お話が弾みますね。

今日の午後、ご家族3名さまでのご来訪でした。



今回の目的をお聞きすると、私のブログの記事中の
    「ハウス内のプール育苗の場所を見たい」
とのことでしたので2月23日にプチ完成したプール育苗用のプールへ
ご案内いたしました。
プール育苗は健苗を作る最適技術と思っていますので是非とも挑戦して
欲しいところです。

今回Kさんにご覧いただいた「モノ」は
 ・プール育苗用のプール
 ・均平をとる水準器
 ・プール作製用の木製レーキ
 ・ワド―の水田除草機
 ・スズテックのすじ撒き播種機
 ・資材倉庫&農舎
などです。

IMG_4353.jpg


Kさんは岐阜県ですからちょっと行ってくるという距離ではないですが
一度でも現場を見てもらっていたら後はメールや電話でも作り方などの
お話はできますからね。

じつはKさん、昨年みえた時に「和同産業の水田除草機」を見てもらった
のですが帰宅後すぐに1台購入されたというツワモノです。
素直に決断力の早さに驚きましたね。
また効果も実感されているとのことでした。

しかしいくら高性能な除草機でも作業適期を逃すと効果は
半減どころかほとんど除草できないということになってしまいますから
作業適期はとても重要なのです。
従って田植えから2ヶ月間は遠出はできません。
常に田んぼから目が離せない状態が続きます。


さぁ私のこんな記事を書いていると段々と今年の米つくりへの
モチベーションが上がってきました。
いよいよです。(^.^)





最近の記事