最後の田植えをした水田・・2回目の機械除草

今日は午前8時半からお昼の1時間の休憩を除いて午後6時半まで
和同の水田除草機を使って除草作業をしてました。

IMG_5081.jpg

前回の除草からほぼ1週間です。
一見しただけでは土の上に雑草の芽が出ているとはわかりません。
IMG_5083.jpg

しかし除草機で土ごと掘り起こしてやると水の上に雑草が
浮いてきます。
小さいのは1ミリくらい、大きいのは5ミリくらいです。

IMG_5082.jpg


昔から
    上農は「草を見ずして草を刈り」
    中農は「草を見て草を刈り」
    下農は「草を見て草を刈らず」
といわれてますが、まさに草を見ずして草を刈り・・ですね。



今日はいったいどれくらい水田の中を除草機を押して(正確には
除草機と一緒に歩いてです)作業したのか計算をしてみた。

この7反の水田は縦90.5m 横81.2m の間四角な形です。
4条植えですから幅1.2mです。
縦から枕地の4条分を引いて85.7m
横81.2mを1.2mで割ると約68回
68回×85.7mで約5799m
枕地分は約324m
足すと6123mとなります。

ふ~ 今日は9時間かかって6123mのドロドロの水田を歩いたことに
なりますね。
時速は約0.68キロです。
人が普通に歩く速度が時速4キロ程度なのでものすごく遅いですね。

時速0.68キロかぁ~
トラクターで田んぼを耕起する時の最低の速度が時速1キロ程度なので
それよりも遅いのです。
たぶん乗用型だったら運転席で完璧に居眠りしてますね。zzz


巴・・・

午前中は町内の草刈り出合い作業が午前7時から10時まで
行われました。
巨大法面で草刈り機を使っての作業ですが足場が悪いので
大変です。

IMG_0028.jpg


午後からは除草用のホーを使って人力除草作業をしました。
夕方までかかってなんとか3往復しましたがヘトヘトになりました。

写真の○印は次回の作業開始点の所に目印に竹棒を差してあるのです。
   ↓    ↓    ↓
IMG_5079.jpg



午後6時からは公民館で富士講が行われました。
昔は富士山は霊山で村からは毎年代表が富士登山していたのですが
その道中の無事を村中で祈っていたのです。
その名残ですね。
導師さんに般若心経をあげてもらいます。

IMG_5080.jpg


三種三様のまさに巴のような1日でした。(*^^)v




トウモロコシと大豆・・発芽してきました。

6月21日にビニールハウス内のプール跡にコンパニオンプランツを
考慮してトウモロコシと大豆を播種しました。
数日前から土の上に芽がでてきました。
順調ですね。
まだまだ不揃いですがあと数日で揃ってくると思います。

IMG_5078.jpg




午後からは発送やら配達があったので午前中に1.9反の水田の人力除草を
しました。少しづつ作業してます。
写真のような水田で4列を手前から奥まで除草ホーを使って雑草を除草するのに
1時間ほどかかります。
作業は遅々として進みませんがそれでも半分ほどの面積は完了しました。

IMG_5075.jpg



IMG_5074.jpg




3回目の機械除草

2.6反の水田の3回目の機械除草をしました。
今のところ条間には全く雑草はありませんが株間にはまだまだ生き残った
コナギがへばりついてますので、今日は株間のコナギを全滅させるべく
和同製水田除草機を調整しました。


除草用の回転刃を駆動させるスクリューシャフトをもう今年だけで
4本も切っているのでなんとか切らないようにはできないものかと思案して
いた。
和同産業の担当者さんとメールでやり取りして一応の解決策を得た。

担当者さんに

「和同製の水田除草機は推進用のクラッチと除草用の回転刃のクラッチが左右に
付いているがクラッチを繋ぐときにエンジン回転数を上げた状態で繋ぐとガツンと
ショックがとても大きいように感じたのでエンジン回転数の低いアイドリング時にクラッチを
繋ぎその後回転数を上げるようにすればほとんどショックがないので、
このようにすればシャフトが切れることを予防できるのではないか」
と質問してみたところ・・・

その方法はそれなりにシャフト切れの予防には一定の効果があると思われます。」

との回答を得た。


IMG_5064.jpg


1日の作業中にクラッチを切ったり入れたり何度も何度も何度も操作するので
その度にシャフトに「力」がかかってついには切れてしまうようです。


何度も何度も失敗して得た知見ですね。


除草剤を使わない米つくりはとにかく雑草との戦いの日々です。
少しでも気を抜くとすぐに発芽して根を張ってしまいます。

除草剤のように完全に全滅することは機械除草ではできません。
条間も株間もほとんど雑草がないと思われる状態でも除草率として
65%から70%ではないかと思います。
稲の株の真ん中から伸びてくる「稗」もありますから100%の
除草はできないのです。
しかし稲の成長に影響がでない程度まで除草できればそれでよいと思います。
共存共栄でしょうかね。
まだまだ除草作業は続きます・・・


明日は雨の予報なので除草機を整備したいと思います。
主にシャフト内のグリスアップです。





除草用のホーを使って人力除草・・・

今日は朝から3件の発送があったのでそれを済ませてから
1.9反の水田の除草を行いました。
この水田は機械除草を4回行っているので今日からは人力除草を開始しました。


午前10時ころからお昼の休憩1時間を除き午後6時まで作業して
約4分の1の区間が終了しました。約0.5反です。
約4日間で人力除草が終わる計算になります。



どうもこの水田は初期除草に失敗してしまったようです。
和同水田除草機の回転刃を回すスクリューシャフトが切れないかと
心配で負荷をあまり掛けないようにしていたので回転刃が深く入らずに
除草効果がなかったようでコナギが繁茂してしてしまいました。
これくらい大きくなるとなかなか機械除草は厳しいので「ホー」を使って
人力で削りとることにしました。


除草用のホーはこんなものです。↓   ↓   ↓

IMG_5062.jpg




株と株の間の雑草をこのホーを使って削りとり水に浮かせてしまいます。
浮いた雑草は数日で枯れてしまいます。

IMG_5061.jpg



この作業は結構きついです。
特に下を見て手でホーを左右に動かすので首と肩が凝ってきます。
適宜、休憩を挟みつつ作業しましたがさすがに人力除草は疲れますね。

明日は2.6反の機械除草・・・月曜日は7反の水田の機械除草と計画してますが
機械除草のあと人力除草をしなくてもいいようになんとか効果的に除草したいと
思ってます。

人力除草はこの1.9反の水田だけならなんとか頑張れそうですから・・・_| ̄|○



最近の記事