新型刈刃を使ってみました。

昨夜届いた4輪草刈機スパイダーモア用の刈刃を取り付けて
試運転をしました。

販売店のURLはこちらです。⇒http://sakamoto18.shop14.makeshop.jp/shopdetail/044010000032/

IMG_6156.jpg  IMG_6161.jpg


実際に県道沿いの法面で試してみました。
以前の純正刈刃の時は少し凹んだところで土を削ってしまいましたが
この新型刈刃は刈刃がフリーになっているので抵抗なく刈ることが
できました。


まずまずの出来だったと思います。

IMG_6158.jpg

また別の新型刈刃をお取り寄せ中ですのでそのレポートは
数日先になりますね。


農閑期はいろいろ改良、実験、試運転などで忙しいです。

(*^。^*)



今日はこちらで昼食でした。

ちょっと叔父宅へお米の配達に行った帰りに松阪市内の
「大にし」といううどん屋さんへ行ってきました。
食べログのURLはこちらです。
   ↓   ↓   ↓
http://tabelog.com/mie/A2401/A240102/24001370/

お店に着いたのが午前11時半ごろでしたので店前の
駐車スペースに車を止めることができました。
しかしうどんを食べて店を出ると行列ができていましたね。


店内で私はエビカレーうどん、カミさんは鶏煮込みうどんを頂きましたが
とても美味しかったです。

IMG_6154.jpg

上の写真でもわかるとおりコップのお冷に割りばしを差し込んでます。
何故だかわかりますか。
前々から日本の飲食店ではほとんど中国産の割箸を使っているという記事を
見ていたので割箸が置いてあるお店では持参した「マイ箸」を使うようにしてます。
写真のどんぶりの右端に黒色の箸が写ってますがマイ箸です。

中国産の割箸はこちらのサイトで詳しく載ってます。
http://trend-satellite.tsuvasa.com/tyugoku-waribasi
信じるも信じないも個人の自由ですが私はリスクを少しでも避けたいので
マイ箸派ですね。



実験中なり

ここ数日前から道路沿いの4~5メートルほどもある巨大な法面の
草刈りをなんとか省力的にできないものかと思案しております。
ネットで検索をしたりDIY店に情報収集に行ったりしてました。

以前から
    バリカン型刈払機
    チップソー型刈払機
    ナイロンコード型刈払機
の3種類の刈払機を持ってますが、カインズで発見したナイロンコード型の
モノがあったので早速以前から取り付けていた旧型のナイロンコード型の
刈払機に付け替えて試運転をしてみました。

IMG_6143.jpg

近くの法面で試してみましたがやはりチップソーのような切れ味はありません。
ちょっと硬い草にあたると何度もアタックしたりエンジン回転数を上げないと
刈れないことがありました。
刈払機の排気量が23ccなのでちょっと非力感はありますね。
26cc以上あると結構手ごたえがあるかも?

IMG_6147.jpg



いまちょっと気になっているのがこのサイトにでていたプラッターという
ものです。
http://www.kaientai.ne.jp/fs/hiraki/c/platter
動画を見てもらえばわかると思うのですがかなりの切れ味の様な気が
します。



IMG_6152.jpg

バリカン型刈払機は今はほとんど使っていないのでこのバリカンを取り外しました。
ただ排気量が23ccなのでちょっと無理かもしれませんがこの刈払機にプラッターの
40センチ型をつければどうかと思ってます。
40センチ型は26ccエンジン以上の刈払機が推奨なのですが、23ccでも
エンジンを吹かせばうまく雑草を刈れるのではないかと思ってます。
ただチップソーは低回転でも刈刃がついているのでそこそこは刈れるのですが
ややチップソー並みに刈れれば石とか電柱、ガードレール脇でも安心して
刈れるのですがね・・
なかなか都合よくはいかないものです。

(*^。^*)




初雪・初雪・初雪

今季初めての雪模様となりました。
元旦以来続いているウォーキングもベタベタな雪が横ななめから
吹き付けるので堤防道路の往復で左右万遍なく濡れてしまいました。

それでも1時間ほど歩くと体がホカホカしてきますね。
帰宅後、全部着替えましたから・・・

IMG_6137.jpg  IMG_6139.jpg  IMG_6140.jpg



万歩計のアプリは「Moves」を使ってます。
これ起動して省電力モードにしておくとバックグランドで移動状況を
反映してくれます。
歩数はもちろん、自転車や車での移動も地図上に記載してくれますが
ちょっと正確さでは難ありです。
でも重宝してます。

IMG_6141.jpg

画面はこんな感じです。




無肥料無農薬大豆の販売

昨年から目視選別を行ってきた無肥料無農薬栽培の大豆(ふくゆたか)
は残り一升瓶1本分約1.5キロ程となりました。

IMG_6136.jpg



わが家の無肥料無農薬栽培のコシヒカリ、イセヒカリの田んぼの周囲の
畦に植えていたふくゆたかという品種の大豆です。
2月の節分用として、またはお味噌つくりの原材料として最適かと思います。
購入希望の方は下記のアドレスからご連絡いただければと思います。
  ↓       ↓       ↓
ご購入・お問い合わせはこちらからお願いいたします。



IMG_6136.jpg



平成28年1月31日現在 完売しました。<(_ _)>




最近の記事