実験中なり

ここ数日前から道路沿いの4~5メートルほどもある巨大な法面の
草刈りをなんとか省力的にできないものかと思案しております。
ネットで検索をしたりDIY店に情報収集に行ったりしてました。

以前から
    バリカン型刈払機
    チップソー型刈払機
    ナイロンコード型刈払機
の3種類の刈払機を持ってますが、カインズで発見したナイロンコード型の
モノがあったので早速以前から取り付けていた旧型のナイロンコード型の
刈払機に付け替えて試運転をしてみました。

IMG_6143.jpg

近くの法面で試してみましたがやはりチップソーのような切れ味はありません。
ちょっと硬い草にあたると何度もアタックしたりエンジン回転数を上げないと
刈れないことがありました。
刈払機の排気量が23ccなのでちょっと非力感はありますね。
26cc以上あると結構手ごたえがあるかも?

IMG_6147.jpg



いまちょっと気になっているのがこのサイトにでていたプラッターという
ものです。
http://www.kaientai.ne.jp/fs/hiraki/c/platter
動画を見てもらえばわかると思うのですがかなりの切れ味の様な気が
します。



IMG_6152.jpg

バリカン型刈払機は今はほとんど使っていないのでこのバリカンを取り外しました。
ただ排気量が23ccなのでちょっと無理かもしれませんがこの刈払機にプラッターの
40センチ型をつければどうかと思ってます。
40センチ型は26ccエンジン以上の刈払機が推奨なのですが、23ccでも
エンジンを吹かせばうまく雑草を刈れるのではないかと思ってます。
ただチップソーは低回転でも刈刃がついているのでそこそこは刈れるのですが
ややチップソー並みに刈れれば石とか電柱、ガードレール脇でも安心して
刈れるのですがね・・
なかなか都合よくはいかないものです。

(*^。^*)




最近の記事