奔走の1日・・・

来週の2月12日は自治会行事の「厄除け祈願」がお寺の本堂を借りて
行われます。
その2日後の2月14日には当自治会の「初集会」が行われるので
今日は料理パックの注文やら飲料品の買い出しやらでバタバタして
おりました。

毎朝の約1時間のウォーキングはなんとか今でも続いてますので
それをこなしてからが活動時間です。
昨年の帳面を参考にしながら松阪市内のたつみ堂へ厄除け饅頭の注文に
行ってきました。
毎年頼んでいるのはこちらです。
 紅白薯蕷饅頭
150130011435cmby_t.png

14日の初集会用の料理パックは松阪市内の「キッチンmogumogu」へ注文しました。
このお店メニューがないのです。すべてお任せか、希望に合わせて
作ってもらえます。
魚抜きとか肉抜き・・あっさりとか一口サイズでとか・・
仕出し弁当(料理パック)は要予約です。


その後は、スーパーで地酒の鉾杉、ビール、ジュース、お茶、味噌汁を
どっさりと購入して帰宅しました。
当日までは蔵で保管中ですね。

いや~買い物って結構時間かかりますね。

IMG_6273.jpg



今日で6合目付近?

昨日に引き続いて今日も午後から畦シートのカット作業を
しました。
6合目付近までできたように思います。

幅30センチにカット済みの畦シート
IMG_6266.jpg


明日以降、カットしなければならない畦シート
IMG_6267.jpg




所々穴が開いているところがあるのでガムテープを両面から貼って
修復しました。
自然と穴が開いたわけではなく草刈り時に刈刃でやってしまったという
ことですね。

IMG_6258.jpg  IMG_6260.jpg



やっぱり畦シートを設置しよう!

そろそろ田んぼの準備をする時期になってきました。
今年も畦塗機で畦塗りをしますがその直後の綺麗な畦の斜面にペタリと
畦シートを密着させてみようと思ってます。

わが家の田んぼの畦にはとにかく「モグラ」が多いんですね。
「無農薬栽培」なので小生物(生き物)が沢山いるのです。
当然ミミズもウジャウジャいるんですがそのミミズを食料に
しているのが「モグラ」なんですね。

畦塗機で綺麗な畦を作っても早い時は翌日には斜面にボコっと穴を
開けられる始末です。_| ̄|○
見つけ次第に穴を修復するのですがイタチゴッコのようになってます。
昨年は穴を開けられて水漏れを起こす場所に畦シートを当てておりました。

今年も奴らはきっと畦の斜面をボコボコにすると思ってます。(>_<)

昔はペットボトルの風車でカラカラと音がするのでモグラを追い払えると聞いたので
いくつも作って畦に立てましたが効果はほとんどありませんでした。
また彼岸花の根をモグラが嫌がるという話を聞いて球根を畦に1m間隔で
植えてみましたがうまく育ってくれるのは意外に少なく、逆に植えてないところに
群生ができたりして自分の意図したとおりになりませんでしたね。

やっぱり畦シートかなぁと思ってます。

新たに購入すると金額的に厳しいので以前深水栽培をした時に使っていた
幅50センチの畦シートが長屋の二階にあったのでその畦シートを幅30センチに
鋏で切り揃えました。
午前・午後とお米の発送があったりしてまとまった時間で作業できなかったのですが
ボチボチと作業しました。
まだまだ3合目付近ですねぇ。

IMG_6254.jpg


IMG_6257.jpg



0.8反の賃田を返すことになりました。

土地改良区からのクレームがありました。
昨年の2月に町内のSさんから賃田として0.8反の田んぼで
米を作ってくれんかと言われて無肥料無農薬での米つくりを行いました。
   ↓     ↓     ↓
http://wataka-nouen.seesaa.net/article/414599450.html

私はただ小作として作るだけですから対外的なことはSさんに任せて
ありました。
しかし今年の1月末に土地改良区から
  元々の畑地を田んぼにすると水利関係で他の人と不公平が生じるのでやめなさい。
ということが協議会で決まったという通知がS長老にきました。
そこで土地改良区の理事と私とSさんの3者で協議したのです。
結局Sさんがそれなら陸稲を栽培してもらうということで決着
しました。

陸稲なら水稲ほど水を使用しないのですが、私は陸稲はできないので
賃田は辞退させてもらいました。





なんだか自分的には肩の荷がおりましたぁ~。
自分の土地でないといろいろと不都合もあったので自分なりには
これでよかったと思ってます。


それともう一つ、これがとても大事なのですが、
この賃田は何十年も畑として使っていた時に鶏糞を
かなり大量に毎年投入していたのです。
それでじつは賃田の米つくりでは一抹の不安もあったのですね。
案の定、わが家の人間食味計の義弟に賃田の米の食味鑑定をしてもらい
ました。
その結果一言、「う○こ」臭い・・と言われてしまいました。
金を貰ってもよう食べられんわとまで言われてしまいました。
4俵ほどあったのですが元々3年ほどは無肥料無農薬で栽培しないと
販売用としては無理と思っていたのですが、この結果に私も
カミさんも困惑してしまいましたね。


動物糞などを肥料として長年大量に入れた田んぼから栽培したお米からは
糞臭がするというのです。
まぁ一口食べただけで塩の違いを言い当てたり出汁の種類を当てるので
義弟の舌には結構信頼を置いてます。
鈍感な舌の私にはわかりませんが敏感な舌だとはっきりとわかるのですね。

そんな訳で今年の米つくりは全量わが家の無肥料無農薬栽培10年目の
田んぼで栽培しますのでよろしくお願いいたします。

<(_ _)>

IMG_2137.jpg





最近の記事