牛蒡の種まき

カミさんに頼まれて昨日、今日と畑に畝立てをしました。
今日の午後から
   牛蒡  大根 かぶら 大根葉
の種まきをしました。
F1や遺伝子組み換えではなく「固定種」ですね。

IMG_6627.jpg


特に牛蒡はちょっと特殊ですね。
前は波板を使って栽培してましたがちょっと手間がかかるので
爺さま発案の方法にしました。
ビニールの袋を利用して筒状にして畑に立てて中に土を詰め込みます。
そして一番上に種を撒いて上から篩をかけた細かい土をかけて
ジョウロで水をやって出来上がりです。

この方法、収穫の時に深く穴を掘らなくてもよいので楽ちんです。

(*^^)v

IMG_6630.jpg


IMG_6633.jpg





畝つくり

午前中はウォーキングのついでに桜見物?
まだちょっと早い感じですね。
あと1週間くらいで満開でしょうか。

IMG_6622.jpg


ウォーキングから帰って爺さま管理の柿畑を小型トラクターで耕起しました。
草が伸びてきたので起こしたのですが柿の枝が伸びているので小型のトラクター
でないと木の傍まで起せないのです。
それでも枝が目の前に迫り頭を下げつつ左右に逃げて手で枝を押しのけてなんて
アクロバット耕起をしてました。(笑)

爺さまはこれでまたなにかを植えるつもりです。
何の種を撒くか、何をを植えるか考えることがボケ防止にもなるし
頭の体操にもなるのでテレビニュースなどで普通に時事問題などの
話をしてますね。




午後からは自治会保管の3通の通帳と3通の定期の名義人変更に農協へ
行ってきました。
一切合財を持って農協の窓口で説明を受けながら変更届を書きましたが
運転免許証のコピーやら用紙も何枚も書かなければいけないのでなかなか
大変でした。



農協から帰ってからは奥さま管理の無肥料の畑の耕起と畝立てです。
毎年春先に1回だけ行ってます。
ローテーションしながら作付するので毎年畝が移動していきます。
この畝は冬まではこのままですけどね。

IMG_6626.jpg

トラクターで起こして、管理機で畝を立てて、その後鍬で成形して完成
ですが今日は暑かったので汗びっしょりになり最後は半そでシャツ1枚で
鍬使いしてました。
隣の畑の婆さまが
   「あ~コワ。見てるだけで寒いわ」
と言ってきましたが本人は汗だくです。(>_<)


種まき無事終わりました。

午前中は播種機の調整をして丁度、正午から今年最初の播種(種まき)
作業を行いました。
わが家はすじ撒きの播種機を使ってます。

そろばんの親分のようなモノで凹状にすじをつけてそのすじ内に
種籾を1粒づつ落としていきローラーですじを押して平らにして
シャワーで潅水してから上土をかぶせて完成です。
IMG_6614.jpg

総監督の爺さまも作業に参加です。
IMG_6613.jpg

播種を終えた苗箱は軽トラに積み込んでハウスへ直行です。
IMG_6612.jpg

ハウス内に綺麗に並べてからラブシートを2重にかけて出芽を待ちます。
平置き出芽法というものですね。
IMG_6617.jpg  IMG_6619.jpg

例年ですと5日目にはラブシートを外します。


種籾の陰干し終了しました。

昨日から長屋の土間で陰干しをしていたコシヒカリの種籾の乾燥が
終了しました。
完全にカラカラに乾燥させるとまたダメなので、完全に乾燥しきっていない
状態、やや湿っているが手で握って開いても手の平に籾がくっつかない状態が
ベストの状態です。

長屋の土間に広げて自然乾燥1日~2日というのがいい感じですね。



網袋に入れて・・・
IMG_6602.jpg


お米の保冷庫で一時保管です。
IMG_6604.jpg


明日はいよいよ播種です。
300箱種まきします。
今はほとんどの農家が苗をJAなどで購入してますから
自家採取→比重選別→ノゲ取り→温湯消毒→浸種→芽だし→陰干し→種まき
という一連の作業は見かけなくなりました。
なんだか寂しいですねぇ。




カラスの被害

月曜日のゴミ置場は大繁盛ですね。
網の中は満杯状態で入れられないので外にゴミ袋が置いてありますが
みごとにカラスの餌場と化していました。

残飯が入ったゴミ袋が破られて私が発見した時、数羽のカラスが
慌てて逃げて近くの電柱でこちらの様子を窺っていたのです。
私がゴミ置場から離れるとまたやって来る気配満々の様子です。
なのでしばらく待機してました。

15分くらいでゴミ収集車がやってきてくれましたので訳を言って
カラスが喰い散らかした残飯などを片付けてもらいました。
ゴミ置場が満杯なら次の収集日に置けばいいのにと思いましたが
なかなかそこまで思い当たる人はいませんかね。

IMG_6600.jpg


おもうにカラスは完全に「害鳥」ですね。


最近の記事