環境保全型直接支払い制度・・ダメでした。

ことの発端は3月14日の農業新聞に環境保全型直接支払いという
記事が載っていたことによる。

早速、申請書類を6月1日に市役所へ持って行った。
担当の松阪市役所の農水振興課のNさんに書類を渡して説明をして
連絡を待っていた。

実は今日(6月29日)ですが県の担当者と市役所のNさんが拙宅へ
現地調査にきました。
その際、田んぼの様子などをみてもらい栽培法の説明もしましたが
結局は申請を撤回させてもらいました。

たとえば米糠を肥効が現れるほど、1反に数トン程度田んぼに投入すれば
申請条件と合ってくるがわが家は米糠を田んぼ撒くといっても
1坪にスプーン1杯程度ですからとても足りません。
また自家で賄えない以上他所から米糠を買ってきていれるということになり、
とても承服できないことですね。
とんでもない話です。

わが家での米つくりの1丁目1番地が「無肥料」ということです。
そのことにより無農薬でも栽培できるようになってくるのですが、
何トンも米糠を田んぼに撒けば無肥料栽培とは言えなくなってしまいます。
これは譲ることはできないのですね。


この環境保全型直接支払いという制度自体に「無肥料栽培」という概念が
ないのです。
あくまでも慣行栽培の化学肥料を有機肥料(米糠)に替えて環境を
保全しようということですね。
まさに机上の空論というべきものです。
実際、無肥料無農薬栽培を行っている農家は1パーセントもないかもしれませんが
そもそも無肥料無農薬が環境には負荷をかけない究極の栽培法ということが
言えるのですが制度の立案段階でそんな農家が存在していることすら知らなかったのですね。
無知ほど怖いものはないと思いました。

制度の趣旨は環境保全ということですから無肥料栽培も想定すべきことと
思いますけどね。

官僚というものはそんなものですね。

まぁ帰り際に担当者さんが私のような究極の栽培をしている農家があるという
ことを上にあげると言っていたので期待しないで待ってます。


減農薬や有機肥料栽培が環境保全に合致して
無肥料無農薬栽培が環境保全に合わないってのが納得できないですね。

(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)






先祖帰り

無題.jpg

上の図は稲の交配系譜ですが代表的な「コシヒカリ」は
農林1号と農林22号の交配種です。
農林1号は陸羽132号と森多早生の交配種です。
農林22号は農林6号と農林8号の交配種というように
交配につぐ交配が複雑に絡み合っています。
またコシヒカリ自体も次の世代の親として何種類もの新種が
開発されてます


農家はJAから毎年種子籾を購入するか、3葉ほどに育苗した苗
そのものを購入してきて田植えを行います。
種子籾を購入しなければならないので最近は苗を買ってきて植えるのが
主流で苗を作る農家は減少してます。
まして自家採取した籾を使って苗を作る農家はわが家以外には見かけません。

稲の花粉は遠く2キロ四方まで拡散するということですが同じ開花時期には
別の品種の花粉が飛んできて交配する心配があります。
そうすれば自分ではコシヒカリを栽培しているつもりでも別の稲に変化しているかも
しれません。
当地ではほぼコシヒカリ一色なので交配する心配は少ないのですが先祖帰りという
ことも考えられるということです。

つまり上記の図のようにコシヒカリは農林1号と農林22号の交配ですから
農林1号あるいは農林22号に戻っているやも知れないのです。
ただわが家のような自然栽培では自家採取することで固定種化されるというも
あるのでその点も含めてDNA検査を受けようと思っています。

調べたところ(株)サタケで検査を行っているのでここで定性分析をしてもらう
つもりです。
↓     ↓     ↓     ↓     ↓
http://www.satake-japan.co.jp/ja/products/analysis/breed.html


自家採取10年目ですからこの検査で先祖帰りがなかったらほぼ固定種化
されているのではないかと思いますね。



ツバメの雛 6羽確認です。

今年も長屋の梁にツバメが巣を作ってます。
隣に昨年の巣が残っているのですが、新たに新築しましたね。

親鳥はひっきりなしに餌を運んできますが長屋ですから天井も低いので
大人の腰の高さを凄いスピードですり抜けて巣へ出入りしてます。
あの速さでよくぶつからないものだと思います。

時折長屋の土間で立っていると巣に向かって進入したが人がいたので
急停止してホバリングという時もありますね。
しゃがむと巣の中の雛に餌を与えてとんぼ帰りでまた外へ出ていきます。

時折「3羽体制」になるのはなんでかなぁ?
助っ人ツバメが1羽いるんです。
ちょっと疑問です。

IMG_7201.jpg


IMG_7200.jpg




6月の出合い作業→4輪草刈機についに暇を出す

毎日毎日、梅雨空でカラッと晴れたことがありませんが、
天気の神さまが味方してくれたのか朝方の3時ころまで
雨が降っていたのに朝から太陽が顔を出してくれました。
本当に数週間ぶりという感じです。

実は昨日の日曜日は6月の草刈り出合い作業の日だったので数日前から
雨が降らないか気を揉んでいました。
本当に午前3時くらいまで雨模様だったのに日が昇るころには
カラッと晴れて少々暑いくらいでした。

IMG_0622[2].jpg

本日の草刈り作業区分等の伝達をして作業開始です。
今回もオーレックの4輪草刈機を3台使っての効率化草刈り作業です。
25人全員が刈り払い機を使っての作業時間が3時間ほどかかったのに
半数運用でかつ4輪草刈機3台+刈り払い機の使用でなんと1時間半ほどで
終了しました。

恐るべし4輪草刈機です。

しかし・・・しかしです。





昨日、出合い作業が終わってから2時間ほど田んぼの周囲の雑草を刈りました。
今日は午前中にもう1枚の田んぼの周囲を刈りました。
しかしついにダウンです。

草刈り途中で4輪の車輪のうち2つが動かなくなりました。
畦の途中で車輪が動かなくなると脱出するのに一苦労です。
なんとか引きずって道路まででて帰宅です。
T農機のTさんに来てもらって診てもらいました。
チェーンが切れているということです。
入院が必要と言われました。
今年になってから故障続きです。

そういえば以前、知り合いの電機の設計士さんが
メーカーにとって最良のテレビの設計はどんなんか分かる?
と質問してきたのでそりゃ高性能で長寿命と違うん?
と答えたら、ブーとダメ出しされました。
メーカーの設計というのがミソです。
メーカーにとって最良の設計は
 ・高性能(これは当たり前です)
 ・長寿命というはダメで、大体5年から6年目で最初の故障が発生する。
  以降1年ごとに何かの故障が続くようにする。そして10年目付近から
  故障が続発するように設計する。
ということです。
これがメーカーにとって最良の設計ということです。
・・でないとテレビの買い替え需要が起こらないですね。
(20年も30年も前のテレビが今も現役ということはないですね。)
 放送電波も変わりますし。



4輪草刈機もかなり負荷をかける作業をしてます。
特に夏場は何日も草刈り作業に追われるので段々と疲労が溜まって
ついに故障ということになるのですね。
まぁ人なら軽い疲労なら入浴で回復したりしますがきつい疲労なら
寝込んでしまいますね。
機械ならなんかケースが破断するかピンが飛ぶかボルトが切れるか飛ぶ。

そんなわけでついに現行機に暇を出すことにしました。

新型機はこれです。
SP-851です。
IMG_7205.jpg


IMG_7202.jpg


今度は整備をきちんとして長持ちさせないと・・(´・ω・`)



鷺の餌場と燕の雛

IMG_7166.jpg

今朝はわが家の水田に鷺が餌を獲りに来てました。
除草剤も使っていないので安心ですからね。

餌は蛙かな?ジャンボタニシかな?蜘蛛かな?
彼らの食生活はよくわかりませんが大挙して来るということは
餌になる小動物が沢山いるんでしょう。


長屋には燕が巣を作ってますが最近雛が6羽ほどいるのを見ましたので
ビデオで撮影してみました。
かなり暗いので見にくいですが・・・
それに腕も大したことないので画面がグラグラ揺れます・・





最近の記事