これは気づかんかったわ・・・

IMG_7751.jpg

今日の夕刊三重新聞を開いてびっくりしました。
なんと三重県松阪庁舎で「農業者を対象にしたマーケティングセミナー」
が開催されたとの記事でした。
今回は1回目で年内にあと4回開催されるという内容でした。

午後5時をわずかに過ぎていましたがまだ間に合うと思って
速攻で松阪庁舎に電話しました。
折り返し案内と申し込み用紙をFAXしてもらいこれも1分以内に
所定事項を記入してFAX送信しました。

なんとか定員になる前に滑り込みできました。

やれやれです。

さぁこれでマーケティングの奥義を習得できるかな。
頑張ります。



籾摺り関連機械・・冬眠です。

10月26日に籾摺り機
10月29日に色彩選別機など
の掃除を終えていました。

今日は午前中は防災訓練が小学校であったので午後から
保管場所を綺麗に掃除したり送風パイプを取り外したりなど
の準備をしたのち

 籾摺り機 
 1次選別機 
 色彩選別機 
 2次選別機&計量器

の4台を所定の冬眠場所へ移動しました。
これから来年の9月まで長い冬眠ですね。
お疲れさまでした。

IMG_7749.jpg


あとはコンバインの冬眠用の掃除が残ってますが
ちょっと先になるかも?
行事が多くて・・・
(>_<)



色彩選別機&選別機の掃除

10月26日に籾摺り機の掃除をしましたので今日は残りの
 色彩選別機1台と縦型選別機2台の掃除を行いました。
朝から始めて午後3時ころまでかかりました。


IMG_7742.jpg

〇 圧縮エアーで吹き飛ばす・・
〇 業務用掃除機で吸い取る・・
〇 箒で掃く・・
などの手法を駆使してバケツ半分ほどの残留玄米を
回収しました。
あとは農舎の保管場所へ移動してまた1年間の冬眠に入りますね。
お疲れ様でした。
来シーズンもよろしく頼みます。

さて最後の大物の掃除はと・・
  コンバイン1台
が残ってましたぁ。
ちょっとデカいので時期をみてからお天気のいい日に
徹底的な分解掃除を行いたいと思います。

コンバインの掃除はほぼ1日かかりですから。
(>_<)



イセヒカリの販売について

IMG_2141.jpg

10月12日の稲刈りに続き10月22日には
籾摺り作業を終えて今年の米つくりも一段落しました。

現在コシヒカリは完売しましたがイセヒカリは米袋で20袋
(580キロ)ほど在庫がございます。

わが家のお米の栽培方法は
   化学肥料もたい肥などの有機肥料も使わずに、もちろん
   農薬類も一切使用しておりません。
   今年で10年目となります。

安全性は言うに及ばずお米の美味しさも抜群です。
肥料を使って栽培されたお米とは次元が違うと自負しております。

このような米つくりは当地の近隣では全くありませんし除草などの
作業がネックになって真似をする人は皆無です。
しかし何より究極の安全性を追及した結果、田んぼの中だけでの
循環以外、外部からは一切何も入れないという結論に達しました。

稲刈り時に稲わらだけは田んぼに返しているので、田んぼの中だけで
循環しているサイクルです。
これなら自信をもって安全と言える気がします。

外部から動物糞尿などを購入して田畑に入れる有機農法がありますが
動物糞尿の安全性について自分が責任管理できないということから
確実に安全と言えることはできませんからね。

そんな頑固な姿勢で10年間米つくりをしてきました。

イセヒカリはまだ20袋ほど在庫がございます。
どれだけ美味いのかお試しでも結構ですのでご賞味いただければと
思います。
一度食していただければきっと目から鱗だと思います。



下記のお問合せフォームからご連絡いただければ折り返しご返信いたします。

      「お問合せ」

よろしくお願いいたします。

わたか農園








畦塗り準備・・不発!

田んぼの寒起こしの前に畦草刈りと周囲を額縁状にひこばえを
刈り込みました。
オーレックの斜面刈り機を使いましたが効率的に作業できましたね。

しかし、しかしです。
田んぼの一部がまだ冠水してますよ。
少々湿っているくらいなら起こせるんですが冠水していると
捏ねてしまいますから逆効果です。

IMG_7736.jpg  IMG_7740.jpg



今頃、畦塗りと思うかもしれませんが稲刈り後の田面は一応
四隅まできれいに均平されてますから畦塗機の「ガイア」で
綺麗に塗ることができます。
これが春先に初めて畦塗りをすると田んぼの四隅はトラクターでの耕起で
盛り上がっていることが多くて畦塗機が乗り上げてしまい上手く塗れないのです。

それに秋口に一度塗っておくと畦がしっかり締まるという話です。






最近の記事