柿畑の剪定

20数本の柿の木が植わっている畑があるのですが、昨年と一昨年は
冬季の剪定ができませんでした。

お陰で野放図に枝が伸び放題です。
今年は暦の上では今日から冬なので柿の剪定を半分ほど
行いました。

ちょっとは見られるようになってきました。


写真の柿の木の列で左側は未剪定です。
右側は剪定済みですが少しはさっぱりできました。

IMG_0819.jpg


これでも亡き父に言わせれば「ぼろくそ」だと思いますです。!(^^♪

posted by わたか農園 at 22:04日記

除草機の小改造?

米農家のわが家は、稲の収穫から来年の種籾の播種くらいまではいわゆる
農閑期になります。
じつはこの時期こそが次年に栽培する稲の勉強の時期であり重要ですね。

今年は異常気象もさることながら暑すぎての雑草の異常繁茂や
生物除草に重点を置きすぎたことへの反省から

〇 除草はこまめに機械除草を行うこと
〇 畦草もこまめに月2回実施すること
〇 新品種の実験などを行ってみること
〇 除草機の改造等できることを行うこと
〇 新しい除草法についても情報収集すること
〇 生物除草を信用しないこと
〇 特に初期除草を手抜きしないこと

などの留意点を再確認しました。

今日はその一環として
共立の3連中耕除草機の小改造にとりかかりました。
この除草機の唯一の欠点は条間除草は出来るのですが株間の除草が構造上不可能
なのです。
そこで無いよりはましとの考えで株間除草ができるようにチェーンを取り付けました。

チェーンをやや斜めに引きながら進むので少しは発芽したての雑草は根こそぎ浮いてくるのでは
ないかと目論んでます。
今は水田がないので実験は出来ませんが頭の中で考えた限りでは
  うまくいくのではないかと思っています。



IMG_0818.jpg


IMG_0817.jpg









posted by わたか農園 at 14:08日記

これは一体なんだ?

今日田んぼをトラクターで起こしていたら突然ロータリーに
ゴンゴンという衝撃があったのですぐに停止して調べてみた。

大きな石でも埋まっていたのかと思って数分掘り進めると
金属物が顔をのぞかせた。
うむ、ロータリーの爪かなぁと思ってさらに掘り進めると

なんだ、これは?というモノがでてきた。

IMG_0806.jpg



IMG_0807.jpg


IMG_0809.jpg


IMG_0810.jpg


スコップと見比べると大きさが分かるかと思いますが、なんだろうね。

深さ50センチほどのところに埋まっていたのですが、床土は一部赤土に
なっているのです。
それにかなり古くて錆びついてますね。


正体不明です。


posted by わたか農園 at 21:28日記

やっと稲刈りモードから脱却した

随分前に稲刈りが終わったのにコンバインだけがなかなか掃除が出来なくて
稲刈りモードからの脱却ができなかったが、昨日ようやくコンバインの
精密掃除を終えた。

あらゆる外せるところを外しての掃除をした結果、バケツ半分ほどの籾が
出てきました。
今年は稲刈り時にコンバインに藁が詰まってしまうアクシデントが頻発したので
結構細かいところまで藁が巻き付いていました。
最後はピンセットで1本1本藁を抜き取ってましたが
やっと終わりました。


これで次の段階へ進めますね。
私は不器用な人間で逐条型なのでひとつひとつ順番に処理していかないと
なかなか次に進めませんね。


同時に複数の処理をできるほど能力的に進化していないのかも?
我ながら情けないですが性格ですからいたしかたありません。

でもこれで来年シーズンに備えて育苗、田植えの諸準備に移行できます。

来年は気候変動なんてありませんように、最後は神頼みですね。

IMG_0803.jpg









posted by わたか農園 at 15:28日記

最近の記事