余り時間に大豆選別をしているので・・

午前中はEM菌活性液を作ったりハウスから豆ガラを農舎へ運んで
保管したり、車庫の泥汚れを掃除したり・・しておりました。

大豆の選別をしなければならないという切羽詰まった状態ですが
なかなか作業に取り掛かれませんでしたが、午後から時間がとれたので
大豆の選別作業を再開しました。

午後4時半ころには日没でハウスの中でも流石に寒くなってきたので今日は
一旦終了しました。
まぁここまでで選別できたので明日はいよいよ唐箕作業が出来そうですね。
どれ位の量になるでしょう。

IMG_0972.jpg


大豆の葉や茎などのゴミは軽トラの荷台に積みましたがほぼ1杯ですね。

IMG_0973.jpg



それよりもちょっとびっくりしたので下記の写真のようにつけていたマスクの汚れです。
最初、マスクなしで作業をしていたところ咳がでて困ったのでマスクをつけたのですが
このマスクの汚れには驚きました。
あのままマスクなしで作業を続けていたらとんでもないことになっていましたね。
マスクさまさまです。

IMG_0974.jpg
posted by わたか農園 at 18:19日記

孫について雑感を書き記した

9月9日に下記の機関紙の原稿依頼を受けて数時間で書き上げたものですが、
孫に対するジイジの気持ちをお汲み取りいただければ幸いです。


IMG_0969.jpg


IMG_0970.jpg



昭和〇〇年度卒業  目田町 植田 亘
ジイジ、ジイジという可愛らしい声とともに目が覚める。
アッ今日は孫が来ているのかと思う。
学窓会機関紙「通信」の原稿依頼を受けて改めて「孫」について雑感を書き記したい。
この原稿を書いている今日、孫は1歳10か月である。
男の子ということもあるのだろうか車に興味があるらしく、道行く車を見ては「ブー」「ブー」と何度も言っている。
ある時、保育園の保母さんから「もしかしてお爺様って軽トラックに乗ってます?」と娘が聞かれたとか。
なんでも園庭から外を見ている時に保母さんに「ブー」を連発していたのに軽トラックが通る時だけ「ジイジ」と言っていたということです。
なるほどなぁと感じいりました。

しかし孫というものはなんとも可愛いものです。
自分の子供の時はまだ現役ということもあり今の孫ほどは可愛いとは思わなかった。それより育てることに手一杯の状態であったように思う。
しかし孫は違う。自分も現役を引退し第2の人生を歩んでいる最中なので余裕というかゆとりというか責任がないというか、そんな感じでとにかく「猫可愛がり」なのである。
下の子が来春には生まれる予定なのでまだしばらくは賑やかに孫たちとの交流が楽しめそうである。

自分の子供時代を振り返ってみると当然親離れの時期が来るのでその時にちょっと一波乱あった気がする。
私は中学の思春期のころは母親と一緒に買い物に行くことがとても恥ずかしくて
 「他人のふりをせい」とか「3メートル以内に近づくな」
とかの暴言を店内で母親に言っていた記憶がある。
親の身になってみるとなんと親不孝なことを言っていたのかと今は亡き母に謝りたい気持ちになる。
親孝行したい時には親はなし・・という諺がある。しかし子供というのは3歳までに一生分の親孝行をしてしまうので大丈夫ですよと以前聞いたことがある。
なるほど子供は3歳までにその可愛さで一生分の親孝行をするのか。
孫の一挙手一投足がとても可愛らしいのでさもありなんと思った。

ではそれほど気にすることでもないのかと気楽になったが世の中それほど気楽に送れないほど問題が山積している。
「地震・雷・火事・おやじ」といわれるように世の中の怖いものの代表である。
おやじは父親ではなく「台風」と解釈されているようであるが、昨今のニュースでもこの四大怖いものは頻発しておりこの先、孫の世代にはどうなってしまうのだろうとジイジ世代は思ってしまうのである。
台風も年々大型化しておりコースも当地を直撃するようなコースが多い気がするし、地震もいつどこで起きてもおかしく無いと言われている。
大きな断層は近くにはないが1キロほど離れたところを小さな断層が通っていることからニュースで報じられているような大地震に見舞われないかジイジとしてはとても心配である。

天災や自然現象には人は無力でとても抗うことはできないが、そこで全国各地にそれを鎮めるべく祭礼などがあると聞く。
もうこうなったら神頼みである。
有名どころの神社仏閣にお参りしてお守り袋を沢山もらってこようと思っている。
自分自身が小学生のころに車とぶつかる事故に遭ったがお守り袋を身に着けていたことからお守り袋の中の木の板が真っ二つに割れて自分自身はかすり傷で済んだという経験があるので意外と信じている自分がいる。
私の娘・・孫の母親は私以上にそういう類を信じるタイプなので孫には最強のお守り袋を持たせてやりたいと思っている。

じつはそのことだけがジイジにできる最大のことだと思っている。
バアバのようには細かく孫の世話をみられないのでそのことだけは負けないようにと思っている。
最後に孫の成人した姿を見られたらジイジはもう感無量なのである。
posted by わたか農園 at 13:13日記

豆たたき?第1段階終了

本日夕方に足踏み脱穀機を使った大豆の脱穀が終了しました。

IMG_0956.jpg

写真の右側に整然と豆ガラを積み上げました。
これは明日紐でくくってから収納します。
向かって左側の塊の中に大豆が混ざってますので篩を使って
大豆と大豆の鞘などのゴミとをより分けますね。

これが結構手間ですね。
最終段階が「唐箕」を使って大豆と埃などを選別します。

今年中にできるか?

(もう大豆の注文が入っているので焦ります)


posted by わたか農園 at 20:46日記

足踏み式脱穀機の作業(動画)

片足でバランスを保って立って、もう片方の足で脱穀機のペタルを
踏んで手で豆木をつかんで脱穀機に突っ込んで大豆を取り出して・・
という作業ですね。

この後、篩にかけて、唐箕を通して完成です。
まだまだ先は遠い!

posted by わたか農園 at 19:52日記

大豆の収穫

最近とても寒いです。
大豆の葉もすっかり落ちましたので大豆畑の大豆を刈り取りました。
大豆は畑から根ごと引き抜いて今、ビニールハウスの中で干してます。

数日間しっかり乾かしてから「豆たたき」を行ってゴミ混じりの大豆を
唐箕という機械でゴミと大豆を選別して製品となります。

手作業なのでこの量ですとまだしばらくかかりますね。
大豆用のコンバインだと早いんですがね~。


IMG_0927.jpg


今年はこの大豆を使って自家製の味噌を作ります。
大豆以外は使わないので「豆味噌」の分類に入りますね。
少しマニアックな豆味噌ですね。


posted by わたか農園 at 19:57日記

最近の記事