田起こし

昨年の11月からもう数回は田起こしをしている。
じつは何年か前に青森県の山道さんという人が「二山耕起」で雑草が
生えないという記事を見たことから何度か試したことがある。
    ↓        ↓        ↓
http://lib.ruralnet.or.jp/genno/yougo/gy038.html

いずれも見事に撃沈してしまったがここで一つの発見があった。

寒冷地の除草技術は温暖地では使えないということです。
逆に温暖地の除草技術は寒冷地でも使える

なにせ気温が高い分雑草の種類と繁茂の勢いは寒冷地の比ではないですからね。

この二山耕起を行っている温暖地の広島県の方に連絡をとって温暖地ではどうかなどの
情報交換を行ったのですが結局、温暖地では「機械除草」が効果的という結論に達しました。


もう頼るものは地道な機械除草だけとなってしまいました。
最も稗は水深10センチ以上では成長できないという知見もあるので
雑草対策はコナギということになります。

広い田面を均平にすることができれば稗対策は除外できるので機械除草はコナギに集中
できるのですね。


今回の田起こしでほぼ稲わらが邪魔にならないくらいになったので2月には
レーザーレベラーをかけて田面の均平を取りたいと思ってます。

100メートル四方の広い田んぼではいくら熟練の百姓でも代かきだけでは全面を均平には
到底できません。
そうなると最後は機械に頼ることになります。
レーザーレベラーという機械を使えば100メートル四方の広さの田んぼでも高低差3センチ程度
までには均せるそうです。

そのために田起こしを年末年始にかけて何度もおこなっておりました。

IMG_0993.jpg


IMG_0994.jpg























posted by わたか農園 at 20:44日記

最近の記事