ご飯とみそ汁は完全食!

ご飯と味噌汁は栄養学的にも相性ばっちり!
という記事がありました。
以下引用・・・

炊きたてのぴかぴかに光る白いご飯、煮えばなでふんわりと湯気を立てる味噌汁。日本人なら誰もが知っていて、愛さずにはいられない最高の組み合わせです。昔から日本人の食事は、このご飯と味噌汁を組み合わせを中心にして、そこにおかずを一品加えた一汁一菜を基本に作られてきました。この組み合わせが生む幸せな美味しさはご存知の通りですが、栄養学的に見てもご飯と味噌汁はベストマッチなのです。


ご飯とみそ汁.jpg

ご飯はエネルギー源となる炭水化物を中心にビタミンやミネラル、食物繊維が含まれていて栄養バランスに優れた食品です。体内でたんぱく質を合成する大切な栄養素であり、食品からしか摂取できない必須アミノ酸も豊富に含んでいます。しかし、ご飯だけだと効率よくたんぱく質を摂ることができません。それは、リジンという必須アミノ酸が少ないため。必須アミノ酸は全部で9種類あり、それぞれが一定量含まれていないと体内で効率よくたんぱく質を合成できないのです。 そこで登場するのが味噌汁。大豆食品はリジンをとても多く含む食品なのです。さらに大豆には同じく必須アミノ酸のメチオニンが少ないのですが、米にはメチオニンが豊富。ご飯と味噌汁を組み合わせることによって、それぞれが欠けているところを補い合っているのです。日本人はこうして昔から大切な栄養素であるたんぱく質を効率よく体内に摂取してきました。そして、大豆はご飯と同様にたんぱく質のほか、脂質やビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源。ご飯と味噌汁の組み合わせは、三大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質がバランスよく揃った完全な組み合わせといえます。

食生活の多様化が進み、昔に比べて米の消費量は減ってはいますが、一日に一度くらいは、やっぱりご飯と味噌汁の組み合わせを食べたいものですね。

引用ここまで・・


わが家は昔からお米と大豆を中心に栽培をしてきました。
特に大豆は町内に味噌部屋という建物が残っていて子供の頃は遊び場になってました。
ここで大釜で共同で大豆を蒸して味噌や醤油を作ってました。

昔からコメと大豆を使った味噌などの食生活を続けてきたのです。
それが完全食ということで嬉しいですね。

現代は食の多様化からいろんな食べ物が溢れてますが嗜好品の位置づけかもね。
常に常食するのは完全食のコメとみそ汁を中心にした食生活でたま~に嗜好品の
ほかの食べ物を食するということが健康を保つ秘訣かも。

確かに町内の高齢者さん長寿さんが多いです。
93歳で軽トラと普通乗用車の新車を買った驚きの爺さまおりますね。

幸いコメと大豆は売るほどあるので災害の時、大災害になればなるほど救援は
数日間は来ませんから自助、共助で乗り切らなければなりませんが、コメと味噌さえあれば
命をつなぐことはできそうですね。

水は井戸がありますし・・・








posted by わたか農園 at 21:38日記

出穂2週間まえの草刈り作業

今年のコシヒカリは7月15日ころの出穂を予定してますので
約2週間前の昨日、畦草刈りを行いました。
カメムシはイネ科の雑草に寄ってきます。
出穂してから畦草を刈るとカメムシを田の中へ追いやることになり
かえって藪蛇となりますのでまだ出穂する前に刈ってしまいます。
するとカメムシは一旦は田の中へ逃げますがそのうちまた畦の
イネ科雑草に戻ってくるので今度は稲刈り直前まで畦草刈りを止めます。
カメムシは出穂時のミルク状の籾を吸いにくるのでもう稲刈り直前なら
籾は硬くなっているので大丈夫なのです。

この辺はカメムシとの攻防ですね。


IMG_1516.jpg


また畦草刈りはいわゆる「高刈り」をおこないます。
昔、鎌で草を刈っていたくらいの高さ・・草高約5センチから10センチ程度で刈り揃えます。
なんでもイネ科雑草の生長点は地面スレスレにあるが広葉雑草(イネ科以外の雑草)の生長点は
地面から数センチほど上にあるとのこと。
鎌で刈っていた時代は刈り払い機のように地面スレスレに刈ることはできなかったので
イネ科雑草も広葉雑草も生長点は保存されていた。
しかし地面スレスレに刈ると広葉雑草は生長点が切られるので次回生えてこないがイネ科は
地面スレスレないので次回も生えてくる。
結果畦はイネ科雑草のみが繁茂してカメムシが大量にやってくることになるということです。
しかし高刈りで広葉雑草の生長点を温存することで広葉雑草が横に繁茂して日光を遮り
イネ科雑草を抑えるように作用するとか。
また多彩な広葉雑草のためカメムシを捕食するクモ類も繁殖してくるのでカメムシ被害も軽減するらしい。
まぁそんな理由から草刈り機の設定を「刈り高さ7センチ程度」に設定している。


毎年こんな刈り方をしていると3年目くらいからカメムシ被害が軽減されてくると聞いて
今年から実践している。
唯一の欠点というと草刈り作業の後もきれいにツルツルに刈ったという達成感はあまりないですね。
また隣と比べて刈ってないような印象を受けることですね。
それを我慢できればやってみればいいと思いますね。

参考URL
http://www.agriz.net/contents/rich/002/szongk.pdf




posted by わたか農園 at 11:30日記

やっと孫が帰った!(^^♪

以前新聞の投稿欄で
「孫は来て嬉しや!・・・帰って嬉しや!」
という年配の方のコメントを読んだが、全く全面的に同感という
感じです。


娘の2回目の里帰り出産から約3か月あまり・・・
2歳半のいやいや期全開の孫(男の子)との同居生活も
数日前に終わり娘、赤ちゃん、2歳孫の3人が帰っていった。

いままでリビングにあった大量のおもちゃ類も半分ほどに減ったので
以前のような静かなゆったりとした状態にもどりつつある昨今であるが、
同時に「孫ロス」も感じるので、がなかなか悩ましいところです。

娘宅はわが家から車で15分ほどの距離なのでカミさんは連日
昼間は娘宅へ通っている・・
カミさんにとっての「孫ロス」は全くないといえるようですね。


いままで農家にとって一番の繁忙期にあたる時期を乗り切り、今から
すこーし楽になる頃に娘や孫が帰っていったので一気に静かになってしまい
少々面食らっている状態です。


まぁ手前みそではありますが孫は可愛いものです。
田植え機に興味があるようです。
三代目は安心してもよいかも?















posted by わたか農園 at 20:35日記

定点観測3

6月1日に定点観測2をアップしました。
さらに1か月ほど経過した状況をアップします。


田植え後、約1か月の状況
  ↓    ↓    ↓
IMG_1422.jpg



田植え後、約2か月の状況
  ↓    ↓    ↓
IMG_1496.jpg


わが家の水田は稲刈り直前までたっぷりと水を入れてますが、右隣の慣行栽培では
水を切って「中干し」という作業を行っていますので田面には親指が入るくらいの
地割れが沢山できています。
肥料を与えて初期育生を旺盛にして分けつを増やし今度は増えすぎた分けつを止めるために
中干しをします。なんだか矛盾していることをしている気がしますね。



posted by わたか農園 at 10:54お米

大豆の種まき

そろそろ大豆の種まきをしなければなりません。
梅雨に入ったので大豆畑のあちこちに雑草が生えてきましたが
トラクターで一気に耕起してから管理機で細かい隅の方を耕してから
「種まきごんべい」を押して条間70センチ間隔で大豆の種まきを
しました。

今までは鍬で一株ごとに手植えで作業してましたが雲泥の差でした。
ほぼ1時間半ほどで終了しました。
手植えで5~6時間かかっていたのでものすごい短縮ですね。

機械化ですな。(^^♪


IMG_1449.jpg




この種まき作業中じっと数羽のカラスが遠巻きに見ていたので、撒いた大豆を
ほじくり出して奪取するつもりのようです。
筋がついているのでなんか種を撒いたとわかるようですのでレーキを使って
均しました。
これで大丈夫でしょうね。

IMG_1450.jpg
posted by わたか農園 at 21:42日記

最近の記事