来年用の種もみの確保

コシヒカリの稲刈りを8月26日に終えてすぐに来年用の
コシヒカリの種もみ用に刈り取った籾の一部をハウスの中で
天日干しにしました。

IMG_1658.jpg


翌27日は雨で・・
翌々28日はお昼から晴れてきて・・・
29日になってようやく天日干しが完了して午後から
米袋に詰めて農舎に運び込みましたが・・

天日干し・・
2時間おきに切り返しが必要で9時ころから4時ころまでは
何回何度も籾を切り返しました。

IMG_1662.jpg


本日(30日)は朝から来年用に種もみの選別を行いました。
タイガーカワシマ製の「だつぼう君」を使いましたが
これ優れもので
  ノゲ取り
  種子選別
を同時に行えるもので結構重宝してます。

年1回(イセヒカリの選別でも1回使いますが)ほどしか
使わないのにこれがないと困りますね。


IMG_1664.jpg

IMG_1665.jpg


大切な来年用のコシヒカリの種もみは蔵の鉄製保管庫内へ大切に
収納しました。
これで来年にコメ作りが繋がりますね。
今年もコシヒカリの種もみが確保できたことに感謝です。<(_ _)>





posted by わたか農園 at 17:15お米

コシヒカリの稲刈り終了!

いやはや天気に翻弄されました。
1日目は突然の雷雨で稲刈り開始2時間ほどで強制終了!
これが8月21日でそのあと22日~24日と雨模様で断念。
8月25日と26日が雷雨の危険もなく天候も良好ということで
8月25日に稲刈りの続きを行いました。

IMG_1648.jpg

IMG_1649.jpg

2基の乾燥機が容量一杯になってきたので一時断念。

翌日(本日)残りの稲を刈り取り一部をハウスの中で天日干しに
しました。

IMG_1650.jpg


さあそれからが大変でした。
田んぼの土が雨が続いたので柔らかくコンバインのクローラーに泥がかんで
おまけに藁が混ざっているのでほとんど壁土状態になってます。
これを手で掻き出したり水で流したりして1時間ほどもかかりました。


IMG_1652.jpg

次回の稲刈りは品種がイセヒカリに替わりますので明日は分解して
綺麗にコシヒカリの籾を取り除こうと思ってます。
しかしお昼ころから雨の予報ですから・・・

本当に思うようにはいきませんね。










posted by わたか農園 at 21:51日記

いやー雷雨に振り回された!

そろそろ綺麗な黄色に稲穂がなってきたので稲刈りモードです。
もういつでも稲刈りができるのですが「天気」とのにらみ合いが
続いてました。

数日前から天気アプリと雨雲レーダーアプリを駆使して
今日、1回目の稲刈りを行いました。
実は今日(21日)と明日(22日)の2日間が比較的天気が良くて
23日の金曜日から週末にかけては雨模様だったのですね。

それで今日行いました。稲刈りを。
ところが刈り始めて2周回ったところでにわかに雷鳴が轟き
大粒の雨が急に降ってきたのです。

雨雲レーダーで監視していたのですが10分間の短時間で急に
積乱雲が発達したようです。
慌てて帰宅して雨宿りです。
2時間ほどで雨が止んだので外へ出てから乾燥機に籾を
搬入しました。

刈り取った籾の量は約5石ほどでしたので乾燥機の設定を
3石~8石までの少量乾燥レンジに切り替えて乾燥中です。
しかし籾が雨で湿ってしまったので刈り取ったばかりの籾の
水分値は27.5%もありました。

IMG_1639.jpg


少量でも刈り取った籾はそのままにしておくと蒸れてくるのですぐに
乾燥機に入れて水分値18%程度にしておきます。
これくらいになれば蒸れることはないのです。




まるで正月映画にあった「下町ロケット」の稲刈りシーンのような状態に
なりました。映画は台風のさなかに稲刈りを強行してましたが、実際は
雨の中での稲刈りはコンバインが詰まってしまうので即中止ですね。
帰ってからコンバインはフルオープンにして内部を乾燥させてます。

IMG_1642.jpg


完ぺきに天気を読む超能力が欲しいですわ。
それもピンポイントで・・・<(_ _)>




お盆の迎え火

父親の代から毎年の行事ではあるが13日の夕方、自宅門の付近で
先祖さんが帰ってこられるように目印の「迎え火」を焚きました。

IMG_1607.jpg

また玄関の横には灯明も置いて迷わずに来られるように
しました。

IMG_1609.jpg



孫ができてから本当に先祖さんから脈々と遺伝子が繋がってきたんだなと
思います。
子供のころ近くの川で溺れたことがあり、幸い近くの上級生に助けられたことが
ありました。
もしあの時鬼籍に入っていたら孫は生まれてくることもなかったと思うと
本当に奇跡のような命だなと思う。



ずっとずっと昔の先祖さんから奇跡のような繋がりで今の自分や孫がいる。
いま生きているそんな環境がとても大切に思えてくる気がします。


先祖さんに感謝しつつお盆を迎えてますね。





posted by わたか農園 at 21:56日記

最近の記事