ピー子、逝く

田植えが午後1時過ぎに終わって帰宅すると鶏小屋で
以前から弱っていたピー子が孤独死をしていた。
もう水も飲まない状態でしたからいずれはと思っていたが・・

以前、カミさんに
「ピー子弱ってきたからそろそろ締める?」
と聞いてみたことがある。
私が子供の頃は普通にどの家も鶏を飼ってました。
くず米を餌にして卵と鶏肉の確保ですね。
学校から帰ってくると鶏が吊るしてあると今夜は鶏肉か~
と思ったものです。

そんな感じで何気に言うとカミさん・・猛反対・・

そんな食べられんわ~





さて結局、親父さんが墓の隣のわが家の畑の一角に埋めてきたそうです。

名前までつけて可愛がっていたからな~
去年は近くの犬猫病院へ元気がないのですがと連れて行ったこともありますから
当然という結果ですね。 ふ~



鶏はまだ3羽いますが彼女らは物凄く元気で庭を走り倒してます。

人の顔を覚えていてカミさんの顔をみると一斉に駆け寄ってきますよ。







この記事へのトラックバック

最近の記事