食品放射能測定機の購入を家族に提案したところ意外に・・・OK

福島第1原発事故から9ヶ月・・
恐れていたことが現実になりつつある。
食品への放射能疑惑である。

果たしてスーパーや外食店での食材が安全であるか?
最近の新聞報道だけ見ても検査漏れや検査をすり抜けた米や
牛肉などが全国に流通・販売されて消費者の口に入っている。


農家のわが家であっても全て自給というわけではなくて
米、大豆、卵、味噌、野菜、鶏肉類は自給できているが
肉、魚、塩、醤油、ソース、海苔、佃煮、・・・
など購入している食材は沢山ある。

果たして安全なレベルかどうか?



福島産の米の販売が好調とか。
半値になった米を問屋や外食産業などが争奪戦をしているとか。
一応暫定基準値500ベクレル以下の米ですが・・・

何故福島の米の販売が好調なのか。
いや、正確には販売量は過去最高なのですが、
   販売金額は過去最低ということです。


なんか偽装疑惑が臭ってきます。


福島の魚介類も夜の間に京都へ運んで市場に並ぶという
話も聞いていますし、高度に流通が発達している日本では

10年後には地元の福島より九州・中国などの油断している
西日本で放射能の影響が顕著にでてくるかもしれません。
地元の福島などは神経質過ぎるくらい地元のNGOが
食品検査をしてますが、西日本ではあまり聞きません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この不安感を払拭するにはやはり食品放射能測定機の測定しか
ないのではないかと思う。

以前からネットで

   ・ 購入できそうな価格
   ・ 食品の汚染濃度を数ベクレル程度まで測定できる
   ・ メンテナンスも国内でできる
   ・ 測定時間も任意設定できる
   ・ 核種ごとに表示できる
   ・ 素人でも操作可能
   ・ 移動可能

などの条件で検索してきてほぼ機種が固まりつつあるが・・・


今日、カミさんに放射能測定機、買わへんかと話したところ、
爺ちゃんに無断で買ったらまた文句言われるから、
買う前に話しておいてねと言われた。
ということはカミさんは了解してくれたということですね。♪



しばらくして爺さまが帰ってきたので、放射能測定機を買うことを
話したところ

    「おう、買え買え。計るのに20分くらいかかるみたいやの~」

と二つ返事でした。
説得の材料などを用意していたが空振りとなった・・


なんでも昨日にテレビで放射能測定機で食品の測定しているのを見た
とかでスーパーなどでも汚染食品が見つかったなどとよく知っていた。






では注文しますか。。。




この記事へのトラックバック

最近の記事