気候が少し変です。。自然農法にとっては厳しいかも?

正月から冬型が長続きしなくて南岸低気圧が何度も通過する。

そのたびに結構な雨になり田んぼが浸かってしまってます。

1回たっぷりと浸かってしまうと乾くまでに1週間はかかります。



例年の田んぼなら今頃は土煙りが上がるくらい乾燥してます。

田んぼの土の塊を手に持って軽く握るとボロボロと細かく砕けてくる。

この乾燥しまくるという自然現象を利用して土を細かく砕いて藁と混ぜるのです。



まぁ自然農法は自然を利用しているんでその地方地方で当然自然も
異なるわけですから自然農法も異なっているんですね。


でも核心は同じなわけですね。








この記事へのトラックバック

最近の記事