水の濁りについてちょっと一考・・・

昨日、打率4分の3という記事をアップした。
つまり4枚の水田の内、3枚は水が濁ったが残りの1枚は濁らなかった
ということです。


何故濁らなかったのか、その理由がわからない。


ただ代かきをしたときに、土がほかの3枚の水田よりは柔らかかった気がする。
ハローの後ろの土が結構どろっとしていた気がする。
ほかの3枚の水田の土はもっとゴロゴロしていた気がする。


ゴロゴロしていると酸素が深いところまで届くが、ドロドロになっていると
届かない。
好気性細菌を繁殖させないと水田が濁ってこないと思ってます。
耕起の仕方で随分ちがうものがだな~と思った。


今度はロータリーの回転ももっと落として、作業スピードをもっと
速くしてゴロゴロの代かきをやりたいと思った。


(副変速・・2  主変速・・2で作業するのがよいみたいです。
 濁らない水田は 主変速1で作業してましたから・・)





この記事へのトラックバック

最近の記事