米の腐敗実験中

この世の植物は雑草を含めて全て自力で生長してます。
しかし農家が育てる農産物だけはほとんどが肥料を人為的に与えられて生長します。
農産物だけですね、人工養分をこれでもかというくらいに与えられるのは・・


人が野菜などの農産物を育てる時はどうして肥料が必要なのでしょうか?
植物は自分で育つ能力を持っているのに。


30年ほど前の「食品成分表」は現在の「食品成分表」と比べると
栄養価が倍くらいあったとか。
昔の野菜は今より栄養が多かった。
今の野菜はカスカスの栄養しかないのです。
促成栽培が主流になってしまったため食品成分表も改定されました。



肥料を使わないで栽培した農産物は昔の本来の姿に戻るようで
その姿は野性味たっぷりです。
原種に近くなるのかも?
先祖返り?




また無肥料栽培の農産物はなかなか腐敗しません。


腐敗の酷い順番は

 有機農法の農産物>化学肥料使用慣行栽培の農産物>無肥料栽培の農産物

となるようで、畜産糞などの有機肥料を使った有機栽培農産物が一番腐敗が
酷いのは意外でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は何度も行っているわが家の無肥料無農薬栽培の米の腐敗実験をした。

コップに半分ほど白米を入れて同量の水道水を入れてラップで
蓋をしてから爪楊枝で5~6個穴を開けてから室内に保管。

今の時期なら半月ほどで結果がでます。
お酢のような匂いがしてくれば醗酵してます。
反対に鼻が曲がりそうな腐敗臭がしてくれば腐敗してます。

米の腐敗実験


この実験を他の人に「やってみれば」と勧めてみるが、誰一人しません。

「だって、うちの米が腐敗したら明日から食べられなくなる・・」

確かにそうです。
でもそんな米を食している方が問題のような気もしますね。

自然の植物はほとんどが腐敗せず枯れていくだけですからね。




この記事へのトラックバック

最近の記事