入水停止

今年は早く梅雨が明けたので登熟が早まりそうということですから
今日から2枚の水田の入水を止めました。

今の時期になると水田は
  ○ 稲が吸い上げる水、
  ○ 地下に浸透する水、
  ○ 蒸発する水
などで水田の水位が、1日で1~2センチほど下がっていきます。

今までは一定の水位に保つため、給水口から少しづつ水を入れてました。
しかし、今日からはその入水を止めました。

これで徐々に水位が下がっていきます。
水田の中を普通の靴で歩けるようになれば、過乾燥になる前にかけ流しを
行って、稲刈り時にコンバインで作業ができるような「固い土だが湿っている」
というような状態までもっていきたいと思ってます。


そろそろ田んぼを干して稲刈りモードになってきたことから
爺さまが勝手に水田の畦シートを止めている杭を抜きに行ったということ
なので慌てて爺さまと交代しました。
この炎天下、誰もいない水田で熱中症などで、もし倒れてしまっても
回りには誰もいませんから気付いてもらえませんからね。


ほんと85歳なのに精神年齢は50代とうそぶいてますからね、困った
ものです。



杭を抜き終わったところで雷の来襲で一旦帰宅・・・

人間ってダメですねぇ~
  一度帰って来て休憩すると・・・(特に夕方だと)
     もういいか、明日やるか
と思ってしまい・・・終了しました。_| ̄|○




明日は雨の予報ですが合間をぬって畦シート本体を手で引き抜いて
撤去しようと思ってます。

水田の稲の状態





この記事へのトラックバック

最近の記事