爺ちゃん!なんてことをしてくれたん!

爺さまは最近手持無沙汰の様子である。
カミさんに
    無肥料の畑の草を刈ったろか。。。
と話していたとか。
カミさんはすかさず
    わざと雑草を生やしてるんやから、刈らんといて
と返事をしたらしい。




今日、爺さまが無肥料の畑に座り込んでいたのを見た。
カミさんに言うと
    あれほど雑草、刈らんといてと言っておいたのに~
と、夕方、水やりに無肥料の畑に見に行くと雑草が綺麗に刈りこんであり
スイカがむき出しの状態で転がっていた。
慌てて近くへ行くとむき出しのスイカがほとんどカラスに突かれていた。


帰ってから爺さまに
   お爺ちゃんが雑草を刈ってしまったんでスイカがカラスに
   やられていたわ
と言うと爺さまはガックリきていたとか。

自分では雑草を綺麗に刈って得意満面の顔が一瞬でしぼんでしまいましたね。
慣行栽培と無肥料栽培では考え方が真逆ですから、爺さまはそこが理解できないのです。

畑の雑草を刈れば私が喜ぶと思っているのです。




カミさんは
     お爺ちゃん、私が全部カラスにやられたわ
     と言ったのでかなりショックを受けてるで何も言わんといてな
と私に言ってきたので、私は何にも言いませんでした。
(黙)

う~ん。(>_<)
でも、なにか言いたい気分です・・・






この記事へのトラックバック

最近の記事