米農家にとって鶏は必需品ですね。

わが家には
・横斑プリマスロック
・ボリスブラウン
・烏骨鶏
の3種類の鶏が放し飼いでいる。

新米の時期にはいつも思うが、米農家には鶏が必須ですね。



今日はライスグレーダー(パックメイト)2台と色彩選別機1台
籾すり機1台、縦型循環乾燥機2基
の掃除をした。
各機器からほぼバケツ1杯分の玄米や籾が回収できた。
といっても圧搾エアーで吹き飛ばしてコンクリート床に落ちたものを
回収したので食用には出来ないですが・・こんなときバケツ毎
鶏の目の前にドサッと山のように播いてやると、一斉に鶏がやってきて
足で掻いて山を崩して山の中から米粒を探してツンツンと食べてくれてます。

いやなんか嬉しいですね。

野菜くずなどもそのまま放りこんでおくと数十分後には綺麗に無くなってますね。




米つくりをしているとどうしても規格外の小さな米や斑点米、やけ米、
などの「小米」が出来る。
これは全て鶏の餌として1年間保管しておきます。

わが家の小米は小米といっても無農薬ですから、鶏も元気ですね(^.^)
時々、鶏を放し飼いしている場所に飼い犬の「はな」を放してやりますが、
逃げるどころか反対に犬を威嚇してますからね~♪


昔はどの家にも牛か馬、豚と鶏がいましたが最近はわが家を入れて
数軒だけになりました。
寂しい限りですが・・・














この記事へのトラックバック

最近の記事