今日からボチボチと畦の修繕土木作業。

田んぼの周囲をぐるりと畦塗り機で畦を塗る時に、
下手な私は少し控えて畦を塗ってしまうのです。
それで何年も経つと細かった畦の幅が徐々に広くなってきました。

以前は幅50センチの4輪草刈り機で1回で畦の天辺の草が刈れたのが
最近は往復しないといけないのです。
それで畦の幅をもう少し狭くして、高さももう少し低くして・・
と思っていたので今日はその作業をしました。

クボタの管理機「陽菜」(はるな)を使って畦の天辺を耕起しました。

時々石に当たって管理機が踊ったり畦から落ちそうになったりして
大変でした。

その後は鍬を使って畦の天辺のホコホコになった土を均しましたが
これが結構重労働で堪えました。
腰が痛いです。5分作業しては10分休む?という感じですかね~


畦の修復


ところがじい様はスイスイと鍬で均していきます。

じい様曰く、

「鍬使いはあんたに負けせん。
 2本足ではヒョロヒョロやけど鍬で3本足になるでヒョロつかん」

ん~なるほど・・・



そんな訳でもうそろそろ寒くなってきたので雑草も成長しませんから
冬の間に畦の修復をしておこうと思っています。


この記事へのトラックバック

最近の記事