種籾の選別作業

種籾の選別をしなければならない時期です。
じつは12月初旬に塩水選をしてから目視による選別も行っていたが
お正月からほぼ1月間サボってました。 _| ̄|○



それでなんとかしなければならないのでスーパー機械を導入しました。
タイガーカワシマの「だつぼー君」TDS-100です。

ノゲ取りと選別を同時にできるのです。
網目は標準よりも広い2.2サイズにしましたので
ちょっとキツメの選別になります。



塩水選で比重1.13と1.17の2種類で選別してあった籾があるので
この籾で選別具合を試してみました。

選別機

最初に比重1.17で選別した籾を投入してみると
ほとんどが良品の出口からでてきます。
不良口から出てくるのはほとんどなかったです。

次に比重1.13で選別した籾を投入します。
するとかなりの量が不良口からでてきます。
良品口と半々くらいの量です。

このことから網目2.2サイズは比重選別の比重1.17程度の
選別ができているようです。



これは「塩水選」を行わなくても比重1.17程度の充実した籾を
選別できるということですね。
それに時間もかかりませんし「ノゲ」もしっかりと取れてますから
効率的ですね。
ただ変色米だけは選別できませんのでこれができれば鬼に金棒ですね。

それにしても大したものです。
ほんと脱帽(だつぼー)です。(^.^)




この記事へのトラックバック

最近の記事