自治会役員の引継会

今日は一日雨でした。
午前中は農舎の片付けなどをしてました。

午後4時から自治会の評議員会が公民館で開催されて
懸案の12議題について審議されました。
審議は坦々と進み1時間ほどで終了です。

自治会評議員会


午後5時からは4月からの新役員も参加して新旧の役員間で
事務引継ぎがありました。

初めての1番組の組長をするAさんは真剣に真顔で色々とメモってました。
心配なのですね。
まぁ戸惑うことも多々あるとは思いますが、なんでも旧役員に聞いてもらえば
いいかと思ってますね。

今回、新たに「副自治会長ポスト」が新設されたので事務分掌や役割分担などを
取り決めました。
会計の私の事務や役割はほとんど変わりませんでした。
なんだかホッとしてます。
要領がわかっているって安心ですね。


引継が終わってから恒例の年1回の新旧役員での会食です。
料理パックと鉾杉とキリンラガービールです。
アルコールも手伝って皆さん段々と声が大きくなってきますね。

熱く米つくりの話をしている話につい気が乗ってしまい
これからは特色ある米つくりをしないと外国米に負けてしまう
というような話をしました。
しかしあと10年若かったらな~という嘆き節を聞かされて
しまいました。
この辺りも徐々に高齢化、進んでますね。


わが家のお米を
  「安全・安心・安価」
と評されていた方がみえましたが、一般米や外国米とは
一線を画した「とても美味しいお米」を絶やしては
ならないという思いが強くなってきました。
10年後にはこの辺りの農業もかなり変わってくるかと思ってます。
いませっせと農作業に勤しんでいるお爺ちゃん、お婆ちゃんはほとんど
リタイアされている筈ですからね。

今の若いモノと引継が上手くできているかですね。

















この記事へのトラックバック

最近の記事