盆踊りと歴史ロマン?

記事の順番が逆になってしまったが、前々日の26日(土)に漕代小学校の
グランドで漕代地区の合同盆踊り大会が行われた。

盆踊りの準備は数日前から行われてきたが当日はお昼すぎから炎天下の中
櫓やバザーのテントなどの設営が行われた。
いや暑くて大変でした。

本番は夜になってからでしたが相変わらず蒸し暑かったですね。


盆おどり





盆踊りの会場である漕代小学校の校庭に
      「漕代という地名の由来」
の看板が最近立てられたのでパチリとしてきました。
漕代という地名は旧飯南郡漕代村が松阪市に合併したため地図上からは消えて
しまったが通称名としては今も使われてます。

1400年~1000年前の奈良・平安時代から記録が残っているのですね。
昔からこの地は大平原で櫛田川をせき止め田に水を入れて米つくりが盛んに
行われていたということですね。
ほんとに昔から米つくりが行われていたことがよくわかりますが、それだけ
米つくりに適していたのですね。
なんか歴史を感じました。

漕代の由来



この記事へのトラックバック

最近の記事