東京の子供ってみんなこんなんでは無い筈!?

お盆なので町外へ出ている子や孫などが帰って来てます。
さきほどわが家へやってきた小6の男の子、近所のMさんの孫さんですが
大の「虫アレルギー」です。

ちょっとした鶏の羽ばたき音や足元の蟻にも「奇声」を上げてビビってました。
幼稚園児くらいの時は平気で虫を掴んでいたとか。
あるときいも掘り大会の時に自分の足に虫が這いあがってきてそれを友達が
叩いたため中なら緑色のモノが出てきて足に付いたとか。
それ以来トラウマになってしまいあらゆる虫にビビるようになったというのです。

Mさん宅は農家ではないのですが、わが家は純農家ですから
鶏や猫以外に蟻やダンゴ虫、ミミズ、米の虫などもいます。
さっきはダンゴ虫にも奇声を上げてビビってました。


東京のマンションの5階に住んでいるとかでほとんど虫のいない生活ですから
無理もないかと思いますがそれにしても小6の男子とは思えぬビビり君に
笑っちゃいましたぁ。(^.^)

でもひとつ彼と共通点がありました。
高所恐怖症と閉所恐怖症は私と同じで親近感がわきましたね。
高い所は本能的なモノですが、閉所は子供の頃遊びで土管に詰まって抜けなくなり
それ以来体が圧迫される狭い所は苦手です。



それにしてもビビり君、わが家の田んぼの中を歩いたらきっと途中で気絶してしまう
と思いますね。
生き物沢山いますから・・・


この記事へのトラックバック

最近の記事