稲刈りは9月になってからかも?

8月13日に落水して田んぼを乾かしていましたがその後の
秋雨前線に伴う大雨が続きなかなか田んぼが乾きません。
8月中は不安定な天気が続くということでやや乾きかけて
来たところへ局地的な「短時間大雨」でまたドロドロ土に
戻るという繰り返しがここ半月ほど続いてます。

わが家より早く田植えをした他所の田んぼでは刈り遅れになるため
稲刈りを強行してましたね。
中干しをした慣行栽培の田んぼでも刈り跡を見るとコンバインが旋回するところは
深く泥を掘って水が貯まってました。


わが家の田んぼ

わが家の田んぼは中干しをしていないので土がまだ柔らかく田の中に入ると5センチほど
長靴が沈み込むのでこれが1センチ程度まで締まってくればいいですが。
まぁこれからの天候次第ですけどね。
自然のことですから祈るしかありません。(>_<)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


他所の田んぼ(変色してます)
これほどベッタリと倒伏してしまっては大変です。
所々で白くカビが繁殖してます。
他所の田んぼながらどうするの?と思ってしまいます。


コシヒカリは特に倒伏し易い品種ですが食味がいいのでほとんどの農家で
栽培してます。
台風11号ではなんとか持ちこたえてたのですがその後の大雨でべったりと
倒れてしまいました。

倒伏すると最新型のコンバインでもなかなかうまく刈れません。
追い刈りのみ辛うじて可能ですが1方向のみの刈り取りですから効率悪いですし
酷い所は手刈りになりますね。

数年前、コンバインの前で倒れた稲を人が引き起こしてから刈り取りしている
のを見たことがありますが大変だなぁと思いました。(>_<)



この記事へのトラックバック

最近の記事