雨雲を横目で睨みつつ1回目の稲刈りしました。

今日は朝から
 ウェザーニュース
 雨マップ
の2つのアプリを使って1時間ごとの雨雲の予想進路と降水量を
チェックしてました。
一応午前7時半には軽トラに籾搬送機を積んでコンバインも暖機運転もして
いつでも稲刈りに出動できる準備を整えてました。

午前8時過ぎに田んぼの様子を見に行くと稲はまだ露に濡れておりましたのでもし
刈れても10時頃かなと思っていたのです。
ウェザーニュースと雨マップを午前9時にチェックすると午前10時半から11時半に
かけてまた午後からも弱い雨の予報です。
おまけに真黒な雨雲が近づいてきていましたので今日の稲刈りは一旦中止を決めました。

ところが午前10時に再度チェックしてみると6時間先まで当地は雨が降らないという
予報に変わってました。いやびっくりです。
最近。天気予報のチェックをするたびにコロコロ予報が変わります。
すぐにこの雨マップの予報を信じて急遽稲刈り決行しましたよ。

午前10時過ぎに稲刈り開始です。
午前11時40分稲刈り終了です。
終了後、車体の下部のクローラ部の泥落としをしてましたので
帰宅は午後1時ころでした。

でもまぁなんとか1回目の稲刈り終わりました。
少しホッとしてます。
毎年不安定な天候での稲刈りですから何とかしたいですね。
10月に稲刈りをするイセヒカリは晴天での稲刈りになると
思いますけど、コシヒカリは毎年、真黒な雨雲を横目で睨みつつの
稲刈りです。
幸い最新の雨マップの予報どおり雨は降りませんでしたので稲刈り決行して
正解でした。




わが家のコシヒカリは倒伏していないのでコンバインの作業速度を
最高速にして刈り取ることができました。
雨雲を睨みつつ1回目の稲刈り


黄金色の稲穂かな!!!
黄金色の稲穂



いつも思いますが稲刈り跡ってなんか寂しい気がします。
稲刈り跡



この記事へのトラックバック

最近の記事