和同水田除草機の見学者

私の留守中にイセキ農機の所長さんともう1人の方の来訪が
あった。
丁度じい様が在宅していたが所長さんとは面識があったので
用件を聞くと、
 私が自慢していた和同産業の「水田除草機」を見せて欲しいとの
ことであったので農舎の中へ案内して見てもらったとのことでした。

もう1人の方は農家の方ですが
 最近除草剤でも効かない雑草が生えてきたので株間まで除草できる
 機械があると所長さんから聞いたので見せて欲しいとのことでした。




除草剤は化学物質ですから毎回使っていると雑草の方でも耐性を獲得する
ものがでてくるようです。
その点、機械除草ではどんなに雑草が耐性を獲得しようと頑張っても
物理的な除草に耐性を持つことはできません。


機械除草がメジャーになれば自動ロボット除草機が開発されている筈ですから
米つくりも楽になりますね。




最近、最新型の田植え機の試乗をさせてもらった。
 ・作業直進性はとても良いです。
 ・田植機が回転する枕地もレーキで均す必要がない。
 ・作業速度が速いです。

しかし欠株は結構ありました。
最近の田植えは植えっぱなしで差し苗に水田の中を歩かないので
分からないだけで実際歩くと結構な頻度で苗が植わっていない所が
ありますね。
まぁ肥料を使うのであれば欠株の両隣の株が欠株の分まで大きくなるので心配ないのですが、
無肥料ですと欠株の分まで両隣の株は大きくなりませんから差し苗をするのは大事です。





この記事へのトラックバック

最近の記事