イセヒカリ2回目の稲刈りしました。

今日はとても忙しい1日でした。
朝の6時から稲刈り準備です。
籾コンテナを軽トラに積載したりコンバインの給油などを行いました。
午前8時にはコンバインの試運転をして準備を済ませてから
名古屋の中京テレビの取材を受けました。
イセヒカリを栽培している農家を探していたとかでFBの知り合いを通じて
取材申し込みがありましたので今まさに稲刈りをする直前のイセヒカリの
立毛する田んぼの前でインタビューです。
テイク10・・くらいはやり直しましたね。(汗)
その後、コンバインで稲刈りを始めましたが、しばらく稲刈り風景を
撮っていかれましたがはてさてどうなるやらです。



KC4B0901.jpg

稲刈りは午後3時半ころには無事終了しましたが、じつはこの後にとても大事な作業が
残っていました。
毎年種籾を自家採取しているので田んぼの中心付近の籾を種籾用としてビニールハウス
の中で天日干しを行うのです。
プール育苗用のコンクリートの枠の中にブルーシートを敷いて刈り取ったばかりの籾を
広げてレーキで均して天日干しです。
雨の心配がないのでお勧めですね。

IMG_5522.jpg


天日干し以外の籾は穀物乾燥機で乾燥中です。
しかしまたしても予期せぬアクシデント発生です。
いや本当はそろそろ寿命かなとは思っていたのですがまだまだ大丈夫と
思っていたのです。
2台の乾燥機のうち古い方の乾燥機の水分計が逝ってしまいました。
晴天が続いているので刈ったばかりの籾の水分値は22~23%くらいと思って
ました。
2台の乾燥機のうち新しい方の乾燥機はそれくらいの値を表示していたのですが
一方の古い方の乾燥機はいきなり29パーセントと表示されるのです。
水分値補正もできません。

早速、いつものヤンマーのMさんに来てもらって直らないか見てもらったのですが
どうも寿命ということらしいです。
新品の水分計はもうメーカーにも在庫がないらしいので同型の中古機の水分計を
探してくるしか方法がないらしいのです。
う~ん。困りました。
一応通風乾燥を続けてますが、今の時期は乾燥機を動かしている農家はほとんど
この辺ではありませんから休眠中の同型の乾燥機の水分計を一時拝借して
こようかと相談しているところです。
水分計のコネクタの形状が合わないと相互融通ができないのですねぇ。
なんで統一されていないのか不思議です。



そんなわけでバタバタの1日だったので稲刈り後の田んぼを撮影するのを
忘れてしまい夕方に撮りましたが薄暗いですね。
薄暗いので特に寂しい感じがしますね。


IMG_5523.jpg



この記事へのトラックバック

最近の記事