本日無事イセヒカリの田植え終了しました。

最初の計画では5月27日にイセヒカリの田植えを予定してましたが
息子の手伝いの都合で24日変更しました。
さらに天候の具合で、はたまた何かインスピレーション?
のようなモノで急遽23日つまり今日ですが田植えを行いました。

午前4時20分に田植え予定の水田の水位を見に行き、排水口のせぎ板を
さらに外して排水量を増やしてから一旦帰宅して朝ごはんを食べてから
ハウスの約300箱の苗を水田の畦に運びました。
午前8時からいよいよ田植え開始です。

IMG_6950.jpg  IMG_6951.jpg

田植えの時はかなり水田の水位に気を使います。
・田植え開始時は田植え機のマーカーが良く分かるようにヒタヒタの水位にします。
・田植え終盤には田の周囲を額縁状に2回まわるので、この時は枕地をレーキで均して
 おきますので水位を上げておきます。
・田植え終了後は水深5センチ~7センチ程度まで水位を上げておきます。
今、水田の水位を確認してきましたが5センチ程度でしたので給水口からの
給水を止めたところです。

夜中に懐中電灯を片手に自転車を飛ばして水田の水を見に行くことはこの辺では
結構常識です。
高齢の方が水を見に行って事故って話もよく耳にします。



人力レーキでの均し前
IMG_6956.jpg

人力レーキで均した後
IMG_6957.jpg



午後5時半ころにやっと終了です。
ハウスの前で田植え機を洗車して本日の作業は無事終了です。
本日の作業終了というより今シーズンの作業終了ですね。(^^♪

IMG_6960.jpg


ところで田植え中に町内の4~5人の方から
 「真っ直ぐに植わっとるなぁ~」
 「なかなかこんなに真っ直ぐには植わらんわ」
と言ってもらえました。
私が聞いたわけではなく畦で苗箱の整理をしていたカミさんが
聞いたのですが・・
真っ直ぐに植えるコツは代かきのコース取りとヤンマー製の田植え機の
セットということで成立する気がします。

以前から代かきのコース取りは変わっていないのですが他社製の田植え機を
使っていたときは結構ぐにゃぐにゃに曲がってしまいました。
それがヤンマー製に変えたとたん真っ直ぐに植わるようになったのですね。
懸架機構が違うのかも?


なにはともあれ「イセヒカリ」の田植え無事終了しました。
昨年のイセヒカリは台風の影響を受けてしまいましたが、今年は
天候に恵まれて欲しいものですね。
最後は神頼みです。(^^♪



この記事へのトラックバック

最近の記事