畦豆の種まき

今日は一部の水田の畦に大豆(ふくゆたか)を播種しました。
雑草は短い方が撒きやすいので播種する部分を草刈機で刈り込んで
その後、柄の短いタイプの三角ホーを畦に打ち込んでクイッと角度をつけると
少し隙間ができるのでその隙間に大豆を4粒づつ落としてからホーを抜いて手で
数回圧ぺんして終了です。

IMG_7073.jpg  IMG_7071.jpg  IMG_7075-crop.jpg


わが家の水田は無肥料無農薬栽培なのでとにかくミミズが多いのですね。
よってミミズを食べにやってくるモグラも多くいます。
慣行栽培ならそれほどモグラもいないので普通に畦塗機で畦を塗るとほぼ稲刈りまで
持ちますが、わが家の水田の畦はモグラで穴だらけにされるので漏水防止の意味から
畦シートを貼り付けています。

もうこれ以上畦を穴だらけにされると困るしせっかく撒いた大豆を食べられて
しまうのも困るので対策をしました。
それが写真のモグラ撃退器です。
電池を入れて土の中に差し込んでおくと一定間隔でなにかモノを叩くような音がするので
モグラが警戒して30m以内には近づいてこないという機械です。
110m間に3本打ち込みました。

IMG_7065.jpg  IMG_7066.jpg


大豆の播種は110mを作業するのに午前中いっぱいかかりましたが
去年の半分ほどの作付面積です。
この大豆は自家用味噌の材料なのですが自家消費が追い付かず毎年余るので
昨年は自家製味噌作りを1回休みました。
今年は味噌作りを行う予定ですが大豆の量を半分ほどにするつもりなので
栽培面積も半分としました。

IMG_7076.jpg




この記事へのトラックバック

最近の記事