イセヒカリの田植え&挿し苗

昨日、イセヒカリの田植えを行いました。
ちょっと風速5~6メートルと少々風が強かったのですが
行いました。
翌日、つまり今日ですが今日の風速はそれほど強くはない予報
だったのです。
田植えって田植え当日より翌日、翌々日の風の強さが結構影響ありますね。

前回のコシヒカリの田植えは田植え当日は快晴で風も無かったのですが
翌日が強風で植えたばかりの苗が弱ってしまいました。
ポット苗ならそんな心配はあまりないのですが普通の箱苗の場合は
田植え機で苗の根を切って植えていくので田植え当日から数日は苗が
弱ります。
活着して新しい根が伸びてくると根から水分を吸収できるようになるのですが、
風で水分の蒸発が激しくなるとそれを防ぐために針のようになっていた葉が徐々に
広がってきます。
こうなると根がしっかりと張っていることになりますが1週間くらいかかりますね。
この間に強風が吹くと葉から水分がどんどん蒸発するのに根から水分の補給がされないので
最悪枯れてしまいます。

IMG_2689.jpg

なかなか天気を読む力も必要ですね。
週間天気予報に「週間風速予報」も追加して欲しいですね。



田植え翌日の今日は挿し苗に広い田んぼの中を苗を持って歩いてました。
欠株のところに手で苗を植えていきますが中腰になるので太ももの筋肉、酷使します。
田植え機が出入りしたところは苗が植わっていないのでこんなところも手で挿し苗を
してきれいに整えます。

IMG_2703.jpg


なんだかんだ言って田植えから1か月くらいは気が抜けませんね。
この1か月は除草作業もしなくてはなりませんから多忙です。
(*^^)v








最近の記事