保健所の検査合格しました。

今朝9時に保健所の方みえました。
作業場等を点検されて合格となりました。
早速、米粉の製造ができますのですぐに作業に入りました。
正式な許可証は後日交付されるそうですが、製造はすぐにOK
ということでした。

早速、イセヒカリ白米を洗米しました。

IMG_2074.jpg

そのあと、天日干しですね。
天気が悪いとこの作業で遅れがでます。
天気商売です。

IMG_2079.jpg


乾燥したらいよいよ製粉機に投入してスイッチオンです。
結構音はすごいですね。
IMG_2077.jpg




忘れてましたが最初の500gは捨ててくださいということなので
即ゴミ箱へ直行です。
どうも機械油などが付着しているのでウエスでよくふき取ったあと
最初の500gを使って原材料で洗浄するということらしいです。

さぁ出来上がった米粉、とてもきめが細かいです。
片栗粉みたいに触ると「キュキュ」と音がするようです。

十分細かくできているようです。
よかったです。








posted by わたか農園 at 11:11日記

食品等製造業営業届出書(米粉)

数日前から保健所と自宅を行ったり来たり。
やっと今日、無事に保健所に「食品等製造業営業届出書」を
受理してもらいました。
明日の午前中に担当者さんの検査を受けてから晴れて営業開始ですね。

松阪保健所外観!
IMG_2065.jpg

保健所事務所内!
IMG_2067.jpg

届出書類群!
IMG_2066.jpg

わたか農園製粉所外観!
IMG_2068.jpg

作業所内!
IMG_2071.jpg

この離れの台所を製粉所として届け出をしました。
製粉機はサタケの個人事業者向けの小型製粉機「SRG05A」です。
ほぼ全自動で5キロの米粉が1時間で完成します。

なかなかすぐれものですね。
また米粉の粒の大きさも標準で120ミクロンとかなり細かいです。
大きな粒が希望ならスクリーンを交換すれば粗い米粉もできます。

これで注文が入っても数日のうちには指定の粒の製粉ができますね。
一般的には一番細かい網目で米粉を作れば
食パン、菓子パン、スポンジケーキ、クッキーができますし
270ミクロン以下の網目を使えば粗い米粉になりますが
これはグラタン、てんぷら粉、唐揚げ粉に使うことができます。
とくに米粉は油を吸収しないのでカラっと揚げることが
できるそうです。

なお米粉の原料は伊勢神宮献上米の「イセヒカリ」です。

ご注文おまちしております。<(_ _)>



posted by わたか農園 at 14:50日記

食生活の変化についていかないと。

IMG_2141.jpg

昨日だったかテレビで放映していたのをぼんやりと見ていた。
内容は年々米の消費量が減少していくというグラフをアナウンサーが
説明をしていた。
ところがおにぎりの販売量は年々右肩上がりになっているというのである。

矛盾している?。。。

米の消費量が減っているのにおにぎりは上がっている・・
社会構造の変化や核家族化、特におひとり様世帯が増えてきたからなのかと
思った。
うどんや蕎麦は横ばいでパンは上昇傾向という。

そこで弱い頭を絞ってみたところ
お米もパンのようにお店でおにぎり(ご飯)を買ってきて家ではパンのように
トーストしたりバターを塗ったりして食べるということかと思った。
テレビでは自宅に炊飯器がないと言っていた。

ご飯を炊く家庭は少なくなり、ご飯をお店で買ってきて温めて食べるか
冷たくてもよいおにぎりをそのまま食べるかということになってきたのかと
思った。
ご飯を買ってきてストックしておけば朝食の準備も短時間に終わりそうです。

人間、戦国武将の食生活が基本だとおもってますから
ご飯とみそ汁、少々の香のものでもあればこの組み合わせは「完全食」
ですからね。

段々と食生活も変わってきたようです。














posted by わたか農園 at 21:56日記

漕代地区文化祭!

今日は抜けるような晴天の下、松阪市立漕代小学校で地区の文化祭が開催されました。
私はスタッフ側だったので、子供たちの作品展示や地区のクラブの展示物を
鑑賞する時間はなかったのです。(泣)

地区の農産物の集荷やセリ売りの担当だったので声を枯らして
たたき売り状態でした。

農産物のセリ売り場所から反対方向で小学生児童の発表会などが
おこなわれておりました。

IMG_2049.jpg


体育館の前では「花苗」の即売会も行われており少しだけ
お手伝いしてました。

IMG_2048.jpg


肝心のセリは動き回っていたので写真が撮れていません。
セリが始まる前の余裕のある時に撮影した写真を貼ります。

IMG_2046.jpg

IMG_2050.jpg


ほとんど体育館から外へでずに午後3時に終了となりました。

くたびれましたぁ。

_| ̄|○




posted by わたか農園 at 22:25日記

オーガニックの居酒屋さん NO.3

今日、伊勢神宮の外宮さんまで用事があったので、帰り道に例の
伊勢市駅前の「オーガニックの居酒屋」さんを下見に行ってきました。
まずは外観写真・・

IMG_2022.jpg


IMG_2023.jpg



IMG_2024.jpg

IMG_2025.jpg


看板のご飯のところで「伊勢神宮献上米 無農薬イセヒカリ」としっかりと
書いてありますね。

ほかにも看板を拡大してみると高天原仕立てとか書いてあります。

実際に会って話をすると結構拘っていることが伝わってきますね。


来週末に予約を入れたので楽しみですね。

(*^^)v














posted by わたか農園 at 15:39日記

町内放送用のコンクリート柱を建てる!

お寺の大屋根の上に乗っている町内放送用のスピーカーの移設工事。

大屋根の瓦を葺き替えるので従前から大屋根に乗っているスピーカーを
撤去することになりました。

IMG_2017.jpg


拡大写真です。台風のたびに方向が変わったりしてその都度方向修正などを
行ってきました。
葺き替え後は大屋根の上にスピーカーを設置することはNGとなりますので
別の場所に建柱をしてスピーカーを乗せ換えるということですね。

IMG_2018.jpg




お寺前の広場横のお蔵と資材倉庫の間が建柱の候補場所となりました。
できるのかなと思いつつ現場写真と寸法図面を送り、見積りをもらいました。

IMG_2019.jpg



まぁ最後の一仕事ですね。


posted by わたか農園 at 15:27日記

オーガニックの居酒屋って!

11月10日に「伊勢の居酒屋の大将が。。」というタイトルで記事をアップして
ましたが、今日電話をして詳細がわかりました。

居酒屋の名前は「おかだ家」で、店自体は昔からあるのですが居抜きで
今年の5月から新しい大将に替わったということですね。
お店の住所は「伊勢市吹上1丁目3-6」です。
丁度、伊勢市駅前の伊勢駅前商店街の中にあるようです。

私が聞いた限りでは今年の5月から店を一人でやっているということですね。
営業時間は午後6時ころから午後9時(午前0時ころまで延長あり)まで
ということでした。
休日は月曜日でオーガニックに拘っているということで
志摩の方まで湧き水を汲みにいったり県内各地にオーガニックの食材を買い出しに
行っていると言ってましたね。

オーガニックの居酒屋って初めてのような気がします。

個室なし、駐車場なし(近くに有料Pあり)カウンターのみ10席という
こじんまりとしたお店のようです。

一度行ってみようと思ってます。

折角わが家のイセヒカリを使ってもらっているので、お客さんの反応も
聞きたいしぃ。

(*^^)v






posted by わたか農園 at 21:34日記

伊勢の居酒屋の大将が。。。

昨日、伊勢市内で居酒屋を営んでいる方から突然の電話をいただいた。

今から行きたいということだったので20分ほど待っていました。
現れた人物は想像を超えていましたね。

年齢は30~40歳代?長身でやせ型。
全身真っ黒に日焼けしており髪は長髪を後ろで束ねてました。
一瞬ドキっとしましたがお話を聞くうちに
とてもナチュラルな感性をもっている感じを受けました。
うちの「無肥料無農薬栽培のお米」に大変興味があり買い求めに
来られたのですね。

なんでも千葉の方で沖縄へ移住する途中で伊勢志摩へ立ち寄り
居抜きの居酒屋の店があったので購入し1人で居酒屋を営んでいるという
話でした。
わが家のことは菜食レストランの「喜心」さんという店に何度か行ったことが
あるので知っていたということで探して来られたということですね。

(喜心さんにはお米を毎月配達してます・・)


今の世の中は嘘が多くて居酒屋で提供するものは嘘のない本物を提供したいという
ことでいろいろと探し回っているということでした。

まぁわが家のお米は純粋に田んぼに返した稲わらと雑草と水と少しは微生物の力を
借りて育ててますのでその大将のお目にかなったのかなと思ってます。
無農薬(無除草剤含む)かつ化学肥料、有機肥料も使っていないので栽培法が
特殊ですね。
※私のことを農協の営農指導員に聞くと「あーあの変わった米作っている人な!」という
返事が返ってくると聞いてます。
知らんなーと言われるより少しは認知されてきたのかも?
こんなことを書くと一波乱ありそうですが実際は極めて友好的に対応できてますので
安心です。






まぁ昔のウィスキーのコマーシャルで「何も引かない、何も足さない」という
キャッチコピーがありましたがまさにそれのお米版ですね。


そんな本物ばかり提供してくれる居酒屋が伊勢にあるのなら興味がありますね。


IMG_2141.jpg



posted by わたか農園 at 22:26日記

良米の簡単な確かめ方!

もう過去に何度も実験しているので再度同じような実験はしませんが
下記のURLで実験方法を詳しく記述してます。

http://wataka-nouen.seesaa.net/article/445468253.html


購入してきたお米でも一握りの量で簡単にできるので便利です。


エグイようないやな臭いがすればそのお米は難があるといえそうです。

逆にお酢のようなアルコールのような匂いがしていればそのお米はグッドだと
思います。

普段食べているお米は果たしてどうでしょうか?


IMG_2141.jpg
posted by わたか農園 at 20:30日記

松阪ケーブルテレビで放送された

11月2日に藁苞作りのイベントがわが家のハウスで開催されましたが、
実は松阪ケーブルテレビが取材に来てました。

本日夕方放映されました。

以下テレビ画面を写メしました。(^^♪


IMG_1996.jpg

IMG_1995.jpg


IMG_1994.jpg

IMG_1993.jpg

IMG_1991.jpg


IMG_1989.jpg

IMG_1988.jpg


はやくイセヒカリがメジャーになるように頑張ります。

(*^^)v



posted by わたか農園 at 22:58日記

玄米粉の生産


玄米粉の注文があったので今日の午後からイセヒカリの玄米で
玄米粉を生産しました。

玄米を洗米して天日干ししてから製粉機にかけて80メッシュの
篩をかけて完成ですね。

白米粉と違って玄米粉は硬いので白米粉の倍ほどの回数を
製粉機と篩にかけます。
1キロの玄米粉を生産するのにかかる所要時間は大体2時間から
3時間ですね。

作業中は付きっきりで何度も循環させるので目が離せません。

IMG_1983.jpg



自動化できればいいんだけど機械が高価なのでなかなか踏み切れません。
お米ほど注文もないのでこれくらいでいいのかなと思ってます。

IMG_1984.jpg

posted by わたか農園 at 17:54日記

コンバインの大掃除!

遅れに遅れていたコンバインの大掃除を行いました。
今回の大掃除が終われば来シーズンまで長屋の一角で冬眠になりますので
かなり力をいれて掃除を行いました。

掃除で発見したのですが刈刃が3か所ほど欠けてました。
なんだか稲刈り中に時々妙な音がしていたのですがその都度
作業速度を落としてました。
これで謎が判明です。

丁寧な掃除を行うことによってアクシデントを未然に防止できるのですね。
よくわかりました。(^^♪

カバー類をすべて取り外して水洗い・・・

IMG_1971.jpg

IMG_1972.jpg

IMG_1973.jpg

IMG_1974.jpg

IMG_1975.jpg

IMG_1976.jpg


最後はハウスのところまで移動して高圧水流で水洗いをしました。
その後、高圧エアーで水気を吹き飛ばしてグリスを塗って乾燥させました。

IMG_1977.jpg

今晩そのまま放置して自然乾燥させてから明日カバー類を取り付けて
保管場所へ移動という段取りです。

このコンバインの掃除で秋の稲刈り、乾燥作業は終了です。

来年3月の種籾の温湯消毒までしばしのオフシーズンに入りますが
その間に米作りの情報収集やお米の販売、田んぼの耕起、畦の修復など
諸々の農作業はあるのでそれほどオフといっても気が抜けません。

でもなんかホッとしてますね。(^^♪




posted by わたか農園 at 22:25日記

藁苞つくり体験イベント開催!

今日は待ちに待った年1回のイセヒカリに稲わらによる「藁苞」を作る体験
イベントの日です。
朝6時半からハウスを開けて準備をしました。

IMG_1944.jpg

わが家は協力農家という立ち位置ですが午前9時半ころから沢山のお客さまが
みえました。

IMG_1948.jpg

IMG_1949.jpg

IMG_1950.jpg

今年は目測を誤ってしまい田んぼの長辺100メートル1列をこのイベントのために
稲わらを残しましたが、これだけ大勢の人だとお昼前には(正確には11時半)体験作業が終了して
しまいました。
しかし掃除や後片付けなどで30分ほどかかったので丁度正午からお昼ごはんとなりました。


お昼は県立相可高校食物調理科の1年から3年の4名の生徒さんが来てくれて
イセヒカリのご飯と豚汁を作っていただきました。
ほかに奥野食品さんのパック納豆がついてきました。

IMG_1957.jpg

ただお昼を食べる場所に皆さん苦労されていたみたいで畦や土管の上で食べたりして
みえました。
ただお天気がすこぶる良かったのが幸いして楽しいお昼になりました。

IMG_1960.jpg

IMG_1959.jpg


イセヒカリはさっぱりとしてとても美味しいのです。
この体験イベントでイセヒカリを炊いてもらって実食してもらい美味しいと実感してもらったのか
イセヒカリの白米20キロ、玄米が45キロほど販売できました。
皆さまどうもありがとうございました。

また来年も同じ時期にイベントを開催しますのでよろしくお願いいたします。



追記1:
狭い田舎の道にすごい数の車。。。

IMG_1962.jpg

追記2:
松阪ケーブルテレビの取材がありました。放送日は
11月6日18時、20時、22時のニュースMCTV枠で放送されます。ちょっと期待ですね。

IMG_1966.jpg
posted by わたか農園 at 19:11日記

イベントの準備

11月2日(土)の午前9時ころからお昼過ぎまでの予定で天然藁納豆の
藁苞を組み上げるイベントが開催されます。
わが家は協力農家として
  ・イセヒカリの稲わら
  ・作業場所としてハウスの提供
などの協力をさせていただいてます。

本来なら前日や前々日に準備をしてますが今年は3日前から他の用事で
予定が詰まっていまして自由になる時間が取れない状況なので
5日前の今日、準備を整えました。

ハウス内外の草刈り、掃除、長机3台、押切3台、足踏み式脱穀器1台、
肝心の稲わらなどを設置して準備をしました。
押切は刃を研いで、足踏み式脱穀器は給油をして動きを点検しました。
また手で藁を揃える時に使う熊手も多数用意しました。

IMG_1830.jpg

当日は30名から40名くらいの方が藁苞を作る体験をされます。

お昼はわが家のイセヒカリを相可高校の食物調理科の生徒さんに
炊いてもらい、炊き立てのご飯とみそ汁と納豆の炊き出しをしてもらうといういうことです。

有名は相可高校食物調理科の生徒さんですから大変楽しみですね。







posted by わたか農園 at 23:17日記

1回目の受注米粉の生産・・終了

昨日作った玄米粉2袋(2キロ)、白米粉2袋(2キロ)で終了と思っていたところ
玄米粉と白米粉それぞれ1キロづつの追加があったので昨日の作業の続きを
行いました。

結構何度も粉ひき機を通すのですが最後の方は大変です。
篩を通らなかった米粉をすぐに粉ひき機に投入しなければならず
どうしても最後はこれくらいは残ってしまいます。

Adjustments.jpg


回数をメモしてますがこれくらいは何度も何度も粉ひき機に通しました。

IMG_1826.jpg




IMG_1823.jpg

IMG_1824.jpg


作業終了と同時に掃除です。
粉ひき機と篩を分解してエアーで吹いてウェスで拭いてということですね。
所定の場所に収納して終わりです。

今回はこれで終了です。
次回の粉ひき作業は受注状況次第ですが、一定の量になるまで待ってから
今回のように一気に米粉を作りたいと思ってます。

(^^♪

posted by わたか農園 at 16:52日記

雨の日は屋内作業と相場が決まってる?

昨夜から結構な雨が降ってます。
今日も朝から大雨で今日の夕方まで続きました。
今午後5時25分ですがようやく雨も止んで夕焼けが見えている
状況です。
明日からは晴れが続くということですが田んぼも畑も水がザブザブの
状態です。

田起こしもしたいのですが、田起こしできる状態まで土が乾くのは
あと10日くらいはかかりそうです。
この時期にこんなに水に浸かることはほとんどありません。


今日も一日中雨なので米粉作りに専念しました。
と言ってもいつものように孫が来てますのでそんなに専念もできない
のですが。


大手の粉ひき屋さんは大きなプラントで一日中粉ひき機や篩が自動で動いており
篩を通過した粉を集めて製品化してますが
小さな農家のわが家は家庭用に毛の生えたような機械で米粉を作ってます。

バケツ1杯ほどの白米(玄米)を粉ひき機に投入して80メッシュの篩を通過
した粉が製品版となりますが1回通しなので何度も何度も手動で通過させてます。
大体平均15回~20回ほどですね。
大型機械ならこの何度も何度もを自動で行ってくれるのですが、こちらは手動です。




白米粉の製造中
IMG_1815.jpg

玄米粉の製造中
IMG_1816.jpg

完成米粉
IMG_1820.jpg


ぼちぼちと手内職的に作るのには丁度いいかも?(^^♪
あくまでも受注があってから洗米、天日干し、粉ひきと進むので結構
天候に左右されます。
それと最大2~3キロ程度ですね。
バケツに入る量ということでしょうか。

無肥料・無農薬のお米から作った米粉・玄米粉に興味がある方は
一度ご連絡いただければと思います。


posted by わたか農園 at 19:05日記

無肥料無農薬栽培が究極の安全性をもつ理由

IMG_2141.jpg

世の中いろいろな農法があり、極端に言えば農家の数だけ農法があるといわれてます。
そんな星の数ほどある農法の中でなぜ「無肥料無農薬の米つくり」を選択したかというと
一言で言えば「他人を信用できない」ということだと思います。

自分の農法は自分が一番よくわかっています。
慣行栽培では農薬とか肥料はどれをどのくらい使ったかというのは
よくわかっています。

有機栽培ではどんな有機肥料をどのくらい使ったとか、有機認証を受けている農薬を
どれくらい使ったとか、動物ふんを使った自作の有機肥料なども栽培農家は
よくわかっていると思います。

しかしよく考えてみると動物ふんはその動物の糞尿が原料です。原料のエサは果たして安全でしょうか。
農家は購入した糞尿の動物のエサは何を使ったのかわかりませんね。
農家自身で確認しようがないのです。
例えば魚粉などの魚系は全くわかりません。
魚は回遊しますし仮に焼津漁港で水揚げされた魚は「焼津産」になってしまうというのです。
どの地域で捕獲したとかは漁師さんに聞けばわかるかも知れませんが、普通は市場で
仲買が仲介に入ると全くわからなくなってしまいます。
まして回遊魚の場合はどの地域を回遊してきたかということは漁師さんに聞いてもわからない。

つまり自分の責任の持てる範囲内のエサを確保できないという現状があると思うのです。
そこで責任が持てるのは自分の範囲内だけだと思いました。
外部からのエサを含めていろんな資材を入れると安全性に責任が持てない。
こうなると有機栽培って果たして安全なのだろうか?と疑問を感じました。


自分は安全性の面では「自分以外の人が絡んだもの」は田畑に入れない方がいいと思いました。

ただ田畑でその土地に応じて自然と生えてくる雑草などや収穫した後の作物残渣など
そこで生まれたものは田畑に返してます。

わが家の無肥料無農薬栽培はそんな思いから生じているわけで
それこそ頑固に続けていこうと思ってます。
でも決して放任栽培ではなくて手入れや機械的な環境整備はしっかりと
行っています。

ちょっとこんな考え方は今では少数派というより極少ではありますが
当地に1人くらいいてもいいのかなと思ってます。


まず農協の指導とは真逆のことをしてますから近隣で私のことを聞くと
「あ~あの変わった米作っている人なぁ」という声が返ってくると思います。
それだけ認知されてきたということかもしれませんが、なかなか仲間は
増えません。
同じ百姓に聞くと「あんたの作り方はほんとは正解やと思うけど自分はようせんなぁ」
という答えが返ってきます。
いろんな事情で農協におんぶにだっこが大多数の百姓の米作りですね。


環境のこと、健康のこと、自分の思いなどを考えれば選択肢はほぼ一つだとは思うのですが
いろんな理屈をつけて選択肢が何本もできてます。


宝くじでも当たれば地域の田んぼを全部買って地域全部(大体250ヘクタール)を
すべて無肥料無農薬栽培の田んぼに変えられるんだけど夢のまた夢ですね。(^^♪








posted by わたか農園 at 10:07日記

籾摺りラインの収納(冬眠)と柿の収穫

IMG_1755_LI.jpg

籾摺り機、一次選別機、色彩選別機、二次選別機(計量パック詰め)の4台の機械を
農舎の一角に集めて収納しました。

これで今年の出番は終了しました。
また来シーズンの活躍をお願いします。

IMG_1754.jpg

今年は昨年のような異常高温が続くということもなく、例年のとおりの
気候だったので収量も多くて安心しました。
農業は天候にとても左右されるということがとてもよく分かった年でした。

天候と言えば今まさに台風19号が列島に向かってきています。
わが家の柿畑の柿も収穫期を迎えていますので今日、急遽収穫をしました。
多少焦って鋏を使ったので青いのもありますが写真のような状態ですね。

IMG_1757.jpg


沢山収穫できたのでご希望の方はご連絡ください。
ゆうパック80サイズで詰めるだけ詰めて(大体30個)1箱千円です。
送料は関東方面は800円くらいです。(方面によってことなります。)

お問合せはこちらへ!


台風が来る前に明日も残りを収穫する予定です。

よろしくお願いいたします。

(*^^)v


10月11日追記:昨日に続き今日も柿の残りを収穫しました。
         柿畑へ軽トラで向かうとバタバタと一斉に20羽くらいの
         小鳥達が飛び立ちました。
         丁度食事中だったみたいです。(*^^)v
         少~し彼らの分を残して台風の前に収穫終了できました。





posted by わたか農園 at 19:57日記

色彩選別機の掃除

少し遅れましたが今日午前中に色彩選別機の掃除を行いました。
わが家は「無肥料・無農薬」というコンセプトで米作りをしているので
カメムシなどの害虫の被害は免れません。

慣行栽培ではカメムシの防除のために農薬を散布してカメムシなどの害虫を
皆殺しにして被害を受けないようにしてますが、わが家は有機農薬を含むすべての
農薬類使わないので当然他所の田んぼから逃げてくるカメムシが大挙して
わが家の田んぼにやってきます。

当然カメムシが沢山いれば被害は受けますね。
カメムシ被害米は「斑点米」といいますが、食べても美味しさには全く影響ないのですが
見た目はよくありませんから色彩選別機で取り除くようにしてます。
この色彩選別機は斑点米だけでなく異物や未熟米、籾など設定で
いろんなモノを除去できるのですね。


これトヨタクラウンと同じくらいの価格ですが、わが家にはなくてはならないものですね。


IMG_1748.jpg

IMG_1749.jpg
posted by わたか農園 at 18:05日記

掃除!掃除!掃除!

IMG_1732.jpg

もうとっくに籾摺り作業は終わったのになかなか踏み出せずに
ようやく今日から籾摺りラインをバラバラにして籾摺り機のみ
掃除をしました。
バケツ半分ほどの残米を取り出しました。

明日は残りの選別機3台(選別機2台・色彩選別機1台)の掃除を
する予定です。

できるかな?

急に野暮用が入って明後日になるかもね?

なんか最近ブレーク的に野暮用が入るきらいがある。


なんか若いころと違って1日でできる作業を3日間もかかって終える感じです。

まぁ時間は売るほどあるので余裕なのですが・・・



まぁゆったり・まったりしてます。(*^^)v



まぁ自治会の役員も来年の2月に改選なのでこの時期
レームダック状態なんで少し気が緩んでますね。
やれやれです。
長かったわ~

来年は一農民に戻りますw







posted by わたか農園 at 23:26日記

最近の記事