力技の人力畔塗り作業

今日は昨日に引き続いて長雨でザブザブに水に浸かった田んぼの 畔塗りを行いました。 動画を撮りましたのでご覧ください。 この作業は畔塗機で塗った畔の排水口付近や田んぼの四隅は機械では 畔塗りができないのでその途切れた部分を昔ながらの人力で鍬と四つ鍬の 2本を使って畔を塗っていきます。 じい様の時代は畔塗機や畔シートというものがなかったので何百メートルもの 畔を四つ鍬や鍬などを…

続きを読む

畔塗り直し

連日雨模様なので田んぼは畔塗り作業に丁度よい水加減ですね。 早速朝から鍬と四つ鍬の2本を持って田んぼに出かけました。 合羽を着込んでの作業ですが流石に力仕事なので大汗をかいて しまい、中からビチャビチャになってしまいました。 合羽って外と中から濡れてしまいますね。 じっとしている分には中からは濡れないですが 力作業に合羽は無理ですね。 もっとも午後からは雨脚が強くなって…

続きを読む

今日の苗!

3月21日に播種してハウスの中に並べていた苗箱のシートを 3月26日の夕方に取り外しました。 その時の苗箱の状態はこんな感じでやや緑化が不十分なところが 散見されました。      ↓     ↓    ↓ それから3日・・・ほぼ緑化が終了してまばらなところがなくなりました。 一面緑色ですね。 苗も元気です。 それにプール育苗はほぼ苗の葉高が均一に…

続きを読む

畔塗機の土落とし

朝一番に行ったことは種もみを浸種させている樽の水の交換です。 さてこの写真の棒のような道具は何につかうのでしょうか? じつはこれは土落としと言って作業機の中に固まってへばりついている 土を突いて落とすものです。 作業中の状態ですね。 作業機の中の土を落とすと来年まで冬眠させるため長屋の一角に 置いておきます。 この畔塗機は1年のうちでほぼ1日…

続きを読む

2回目の温湯消毒と発芽

午前8時30分、五右衛門風呂の焚口に火を入れました。 水温60度まで沸かします。 60度に達すればいよいよ湯舟に種もみを投入します。 60度のお湯に10分間浸けてお湯による消毒を行います。 水温も温度計で、また時間もストップウォッチで正確に計測 して行います。 かなりシビアです。 10分が経過するとすぐに湯舟から上げて今度は冷水で急冷します。 そのまま樽の冷水…

続きを読む

耕起

農業は特にお天気に左右されますね。 27日の金曜日から日曜日にかけて雨の予報。。。 その後の1週間も曇りから雨模様ですっきりしませんね。 今日は2回目の温湯消毒の予定でしたが、急遽明日に変更して 4枚の田んぼの田起こし(耕起)をしました。 前回の雨でしっかりと土が固まってしまっていたので代かきまでに 一度フカフカに起こしておきたかったのですね。 …

続きを読む

畔塗り作業

数日先には雨の予報なので慌てて今日畔塗りを行いました。 ガイアという畔塗機です。 年間ほとんど使いません。 春になり田んぼの畔を塗る時のみ1日使うだけですね。 稼働率365分の1ですね。 人力でやると大変なので機械を使ってしまいます。 トラクタの作業速度(車速)は時速190メートルです。 ものすごく低速です。あまりの遅さに眠くなってきますね。 …

続きを読む

側溝の土上げ&草刈り

昨日は側溝の畑側の土を雑草ごと削って整備しました。 こんな感じです。   ↓   ↓   ↓ 今日は畑の反対側の堤防側の草刈りと側溝の底に溜まった土を 生えている雑草ごと角スコですくい上げ外へ掘り出しました。 また側溝の中にこぶし大の石が結構あったので一輪車で運びだして 石置き場へ移動しました。 (意外と石が必要なことってあるのでストックしておきます) …

続きを読む

大豆畑の整備

今年からわが家の隣の畑を借りることになりました。 元々のうちの畑と合わせて約300坪になります。 ここへ大豆(フクユタカ)を栽培する予定です。 今日は二つの畑を合わせたので境界付近や排水溝端や四隅のあたりは どうしても土が盛り上がってしまい高低差がかなりあることがわかったので 鍬を使って排水溝端の雑草削りと土運びをいました。 かなりの力仕事ですね。 大汗…

続きを読む

コシヒカリの播種とプール育苗

芽出しも無事終わったので今日は息子と義息子の応援を得て コシヒカリの種もみの播種を行いました。 すじ蒔きです。 このすじ蒔きのメリットは苗箱1箱に対して種もみの量が少なくて済みます。 しかし苗の密度はばら蒔きの場合と変わらないのですね。 苗箱にそろばんの玉の大きな玉で凸凹を作り谷のところに種もみを一列に 落としていきます。 そのあとロールで押さえてから給水をして上土…

続きを読む

芽出し完了!

朝の6時すぎに芽出しをしている催芽器を確認しに行くと スイッチオン後14時間経過してますが種もみはもうすこーし 鳩胸状態になってました。 すぐに冷水につけて発芽の進行を止めました。 洗濯機で脱水を行ってから農舎の天井に吊りました。 影干しをする場合は好条件ですね。 播種機で種まきをするにはしっとりしていて手で握って開いても 掌に種もみがくっつ…

続きを読む

プールの準備と芽出し

プール育苗用のプールを作りました。 プールの床までは出来ていたのでその均平された床に 黒色の凸凹シートを敷きました。 21日に播種機で種もみを蒔いた苗箱をこのシートの上に並べます。 夕方18時には浸種してあった種もみを鳩胸になるように芽出し器に セットしました。 セット開始時は水温14度で、設定温度28度です。 大体16時間ほどで鳩胸状態…

続きを読む

芽出し器の試運転

コシヒカリの種もみの浸種もそろそろ終わりになりますので 播種機で種まきの際に芽出しをしておくのですが、その芽出し器を 点検し試運転をしました。 マニュアルには32度の水温で約15~20時間で芽出し完了と 記載されてますが、32度の水温は雑菌も結構繁殖してくる水温なので 水温を28度と低めにセットしてます。 それでも鳩胸状態までになるのにほぼ同じ時間くらいです。 掃除をし…

続きを読む

土入れ作業

今日は苗箱に床土を入れる土入れ作業をカミさんと行いました。 播種機は大規模農家や営農組合などは大型の播種機を使うので 土入れ⇒種まき⇒上土入れと一回の流れ作業で完成できるのですが わが家の播種機は二段階に分けての作業となります。 今日はその一段階目の土入れ作業のみの作業ですね。 この後、21日の土曜日に二段階目の種まき⇒上土入れの作業を行います。 この2段階目の作業は土の管理だけ…

続きを読む

播種機の試運転

今日は雨の1日でした。 雨の中、種もみを浸種中の樽の水交換と種もみを苗箱に種まきをする 播種機の給油と試運転を行いました。 特に不具合もなく順調に給油と試運転ができました。 播種機を来週末には使うことになるので不具合でも発生すれば 大変です。 故障、部品交換なら、修理期間がとれないですからね。 もっと早い時期に試運転するべきでした。反省です。 試運転が…

続きを読む

今日の作業

朝に種もみを浸種している樽の水を交換しました。 プール育苗用のプールの土を土かき専用器でひっかいて床土の水平をとりました。 水平がとれた床土の上にブルーシートを敷いて一応完成です。 あとは種もみを播種した苗箱を並べる前に1作業あるだけです。 コンクリート製のプールにビニールシートを敷いて水を入れてます。 じつはコンクリートは熱の蓄熱性が高いので良…

続きを読む

温湯消毒!

今日はコシヒカリの種もみの「温湯消毒」をカミさんと二人で行いました。 この温湯消毒の司令官はいつもカミさんです。(笑) 温湯消毒は摂氏60度のお湯に10分間、種もみを浸けます。 きっちりとタイマーで計測して浸けますが10分が経過すると直後に 冷水につけて急冷します。種もみは急冷したあとはそのまま樽に入れて 水に浸けて浸種しておきます。 この浸種は積算温度100度~120度ほどの期間浸…

続きを読む

プールの準備

昨日までにハウス内の耕起、雑草の残渣処理などが終わったので 今日はお天気も良かったのでハウスの中にプール育苗用のプールを 作るため木枠を運び込みセットしてみました。 実は昨年は横列は苗箱3列で縦列が29列でした。 これは苗箱の上にかぶせる白色のミラーシートの幅が2.1メートル でしたので3列で横幅が1.8メートルなので丁度カバーできたので 3列にしたのですが今回、もう少し…

続きを読む

播種機の準備

そろそろ田植えの準備に入ります。 今日は農舎の2階からスズテックの成苗オート播種機を1階へ降ろしました。 この播種機はすじ撒き20条のもので苗の茎が硬くなる成苗まで育苗できる のです。 例えば慣行栽培の苗は種まき後20日程度のものですから茎はもやしのように なりますがこれは1か月以上も育苗しますので丁度ニラのように茎が硬く平たく なってきます。 当地…

続きを読む

なんとか間に合いました!

昨日、もみ殻を田んぼに散布しました。 今日の天気予報では午後から雨の予報なので午前8時から 耕起をはじめました。 お昼までに2枚の田んぼの耕起が終了しました。 雨が降る前にできてよかったです。 一安心です。 午後2時ごろから本降りになってきました。 ほっ!

続きを読む

最近の記事