代かき&寄りゴミ取り!

昨日、今日と二日にかけて7反と2.6反の田んぼの代かきと
水に浮いた寄りゴミ取りを行いました。
ちょっとハードで3キロほど体重が落ちました。(^^♪

昨日は北西風が強いという予報でしたので7反の田んぼを午前中に
代かきを行い、午後からは水位を上げて吹き寄せられた寄りゴミを取りました。
排水口に流せたのもありましたがやや風の方向が違ってしまい
畦に網ですくい上げる方が多くなってしましました。
今日は逆に南風という予報だったので2.6反の田んぼの代かきを行い
午後から水位を上げて寄りゴミ取りを行いました。

代かきはまず最初にトラクターの車輪で轍をつけるように田んぼの周囲を
回ります。その後枕地を代かきしてから並木に順に代かきします。
最後まで行った後はまた枕地を1回回ってから、今度は方向転換や後退はしないで
一筆書きのように止まらずにぐるぐると何度も楕円を書くように回ってから
出入口から脱出です。

畦際をトラクターのタイヤで轍をつけてます。
IMG_0249.jpg

並木に代かき中
IMG_0250.jpg

風下に吹き寄せられた寄りゴミ
IMG_0253.jpg

網で何度も何度も畦にすくいました。
IMG_0255.jpg

結構綺麗に寄りゴミ取りできました。
IMG_0260.jpg

排水口の近くの寄りゴミはせぎ板を外して水と一緒に流して
しまいます。
IMG_0261.jpg

例年このよりゴミ取りに2日間を当ててますが今回は風向風速を
考慮して代かき日を決めたので昨日も半日、今日も半日で完了
出来ました。
田植えまで2日もあるのですがちょっと時間余りましたね。
田植え当日は朝4時半起きで水位の調整・・
午前7時過ぎからお昼を挟んで午後4時くらいまで
田植え機の運転ですから体力使います。
それに田植え後に除草機を押すのでまっすぐに直線状に植える必要が
あるので結構神経も使いますので2日間は体力を温存しておきますね。
(^^♪




posted by わたか農園 at 21:37お米

風向・風速予報って重要!

大規模農家なら全く意に介さないことが小規模農家には
とても重要になってきます。
わが家は代かきを行ったあと、よりゴミ取りをします。
これは代かきで水に浮いたゴミ(雑草、藁、作物残渣など)が風下の
畦の方に吹き寄せられて貯まるのですが、この畦によったゴミを称して
「よりゴミ」と呼んでます。

代かき後、田植えまでの数日間でこのよりゴミを取り除きます。
普通魚釣り用の網などですくって取り除きますがうまい具合に
風向きによっては排水口によりゴミが吹き寄せられる場合が
あるのです。
この時は一斉に排水口をオープンにするのですが面白いように
よりゴミが流れていきますね。
ものすごく効率的なのです。

今回代かきを14日の土曜日に予定していたのですが、明日の13日は
北西の風で風速も7~8メートルという予報なので急遽明日7反の田んぼの
代かきを行いたいと思います。
排水口が東側にあるのでよりゴミを一気に流せてしまうことが出来そうです。

逆に明後日の14日土曜日は南東の風が5メートルくらい吹く予報なので
今度は2.6反の田んぼを代かきするつもりです。
この田んぼは排水口が北西側にあるので代かき後に吹き寄せられた
よりゴミを一気に排水口から流せそうです。

百姓ってお天気も気にしますが風向・風速も結構気にしますね。
気にするのは私だけ?

IMG_0248.jpg
posted by わたか農園 at 17:35お米

今日から田んぼに入水!

7反の広い田んぼに給水口が2か所しかないので
やや早いですが今日から入水を開始しました。

IMG_0248.jpg

代かきは14日の土曜日を予定してます。
代かきをしてないと水を入れてもザルですぐに水が抜けるので
なるべく早くしたいのですが何分広いのですぐに満杯にならないのが
辛いところです。

(^^♪

追記・・・
じつは午後3時半ころに田んぼの入水具合を見に行くと給水口から
水が出ていません。!びっくりしました。
すぐに近くの改良区のポンプ施設へ走ったのです。
案の定、赤ランプが点灯していました。
つまり2号幹線水路から水をくみ上げていないのです。
ポンプの故障です。
えらいことです。
町内の改良区理事に電話しましたが2人とも平日なので会社で勤務中!
すぐに対応できないということで改良区の事務所へ電話しました。
事務の人に事情を説明し修理業者を派遣してもらうようお願いしました。

約2時間後の午後6時半ころに業者さんが来てくれて修理開始です。
1時間ほどで修理完了しましたが、1週間前の点検では異常はなかった
ということでしたが故障はいつ起こるかわかりませんから点検で異常なかった
といっても油断はできませんね。

そんなわけで午後3時半ころから午後8時半ころまで入水がストップしましたが
復活しました。
やれやれの数時間でした。

ふ~


posted by わたか農園 at 12:16お米

今季2回目の温湯消毒&浸種

4月17日に田植えの予定のコシヒカリの苗ですが順調に葉長
11~12センチになってきました。
田植えまであと1週間ほどあるのであと1センチは伸びると
思います。
葉齢もいま3.5葉なので田植え時には4葉になると思います。
IMG_0245.jpg

この苗を植えた後には次のイセヒカリの苗を作るので今日は
朝から温湯消毒のために五右衛門風呂に火を入れました。
IMG_0233.jpg

ネットに入れた種籾を順次60度のお湯に10分間づつ浸けていきます。
IMG_0239.jpg

正確に計測して10分後、お湯から冷水に入れて急冷します。
この時、結構ゴミ等が混ざっていることに気が付いたので水選別を
行いました。

IMG_0241.jpg

これくらいゴミがありました。
30キロの種籾中にこの分量くらいのゴミがあったしても
全体的には無視できると思いますが、これを無視するか
手間はかかるが取り除くかで米つくりの姿勢が分かりますね。
IMG_0242.jpg

昨年の収穫直後に塩水選の替わりにタイガーカワシマのだつぼー君
(TDS-100)で種籾を選別確保していましたが、
ゴミは混入してしまいますね。
水の力を借りた塩水選が一番のように思えてきました。
まあだつぼー君+塩水選が最強のようには思います。

水選別終了後、農舎の隅に移動して浸種に入りました。
これから芽出しまで毎日水交換ですね。(^^♪

IMG_0244.jpg






posted by わたか農園 at 15:30お米

畦の手塗り

3月15日に田んぼの畦を機械塗りしました。
しかし排水口と田んぼの角付近は機械ではできません。
機械塗りができていないところは畦シートを設置するか
昔ながらの人力畦塗りをします。
月曜日から今日で3日間、雨が降り続いてもう代かきができるくらい
田んぼがザブザブ状態になってきました。
渡りに舟とはこのことで、人力で畦塗りをするには絶好のタイミングです。

午前10時から午後2時までかかって4枚の田んぼの排水口9か所と角13か所の
人力畦塗りを行いました。
雨合羽を着て四つ鍬と鍬、左官用のコテを使っての作業です。
爺さまは器用に四つ鍬と鍬だけで綺麗に塗り固めてましたが私はそこまでの
技術はないので最後は左官用のコテで仕上げました。

作業中ずっと冷たい雨と強い東風が吹いていたので体が冷えてしまいました。
午後2時すぎに遅いお昼のときいつもは大好きな冷や飯を頼むのですが
流石に今日は暖かいご飯を頼みました。

今回の大雨がなければ軽トラに200リットルタンクを積んで水を入れて
作業するところでした。
農業は自然現象を巧みに利用するところが原点ですかね。
(^^♪

IMG_0166.jpg

IMG_0167.jpg

IMG_0165.jpg


posted by わたか農園 at 16:46お米

播種(種まき)&諸々・・・

今日は午前中は小学校の卒業式に来賓として行ってきました。
最近の卒業式は大変ですね。卒業生の女の子はほとんどが「袴姿」で
セーラー服は1名のみでした。
男の子は学生服が1名であとは普段の服装とかが多かったです。
個人的には男の子は詰襟の学生服、女の子は進学する中学校のセーラー服で
いいとは思うのですが・・・最近はいろいろですね。

さて話が脱線しましたが午後からは陰干ししてあったコシヒカリの種もみ
の播種を行いました。
気持ちのいい晴天に恵まれたので良かったですね。
娘婿の助っ人が来てくれたので大助かりでした。

IMG_0147.jpg

播種した苗箱は直ちにビニールハウスの中へ並べて上からミラーシートを
二重掛けしました。
IMG_0143.jpg

IMG_0145.jpg

IMG_0146.jpg

上からかけたミラーシートは角材を当ててシートが直角になるように
しました。
このまま早ければ5日後、遅くても7日後くらいには発芽しているので
シートを取り外して入水します。

じつはこの発芽するまでがとても心配なのです。
昨年は天候が悪くて寒い日が続き、発芽に9日間ほどかかりました。
今年は何日目でシートを外せるのかな。
お天気次第ですね。
(^^♪

今回の播種作業で1回目が終了しました。
4月の中旬にこの苗を田植えしてから次の田植え用にもう一度
同じ苗箱を使って播種を行います。
田んぼがほぼ2町あるので1町づつ2回に分けて
1回目がコシヒカリ、2回目がイセヒカリを植えますね。
分けた理由は無農薬なので除草作業の手間を考えてのことです。

ここ数年ジャンボタニシが繁殖してきたので除草の手間が格段に
楽になってきました。
しかしジャンボタニシなどの野生生物に頼る除草方法は彼らが突然いなくなる
なども考えられ除草効果が持続するという保証はないので、
株間除草のできる除草機を準備してます。
毎年田植え後1回は機械除草して様子をみます。
この時にさほど除草効果がなければ、ジャンボタニシ効果がでているという
ことで機械除草を見合わせます。

昨年、一昨年と機械除草はほとんど行っていませんが草一本生えて
いませんでした。
効果絶大です。(^^♪







posted by わたか農園 at 19:36お米

種籾の催芽&陰干し

昨日の午後から浸種から催芽に移行して早20時間・・
ふっくらと鳩胸状態になりました。
IMG_0133.jpg

IMG_0134.jpg

催芽を止めるために冷水に一旦浸けてから洗濯機で脱水をして・・
長屋の梁に吊るしました。
屋外は20度近い気温なのに長屋の中は12度と結構ヒンヤリする温度です。
以前知り合いの人がハウスの中で催芽をしていて丁度良いころ合いに水から上げて
ハウスの中に置いていたらモヤシみたいに伸びてしまったことがあったので
催芽してからの温度には気を使います。
播種までは一時成長ストップの状態にしてます。

IMG_0135.jpg

IMG_0136.jpg


posted by わたか農園 at 19:40お米

催芽中!

午後2時半から3月3日から浸種してあった種もみを催芽器に
入れて芽出しをしてます。
標準では水温32度で15時間~20時間ですがわが家は
無肥料栽培のコシヒカリの種籾なので雑菌の繁殖しやすい32度より
低い28度で催芽を行います。
時間はやや長くて20時間くらいでしょうか。
昨年は22時間かかりました。

IMG_0133.jpg

IMG_0132.jpg

明日は午前6時ころからこまめにチェックして鳩胸状態になったら
催芽を止めます。
種まきは17日の土曜日なのでそれまで陰干ししておきます。

日程的に余裕があるので楽ですね。

posted by わたか農園 at 21:30お米

温湯消毒から浸種へ

わが家は自家採取なので昨年のコシヒカリの収穫時に来年用の種籾として
機械選別して土蔵に保管していた種籾の温湯消毒を行いました。
これは一般的な農薬を使う消毒法よりは安全性を重視した方法で
60度のお湯に10分間浸けて温度で消毒する方法ですね。
温湯消毒には専用の機械もあるのですがわが家は毎年お風呂場で行います。

中はユニットバス風ですが一応、五右衛門風呂なのでまず焚口に火を入れます。
IMG_0082.jpg

30分ほどで60度のお湯が沸いてきたら、いよいよ種籾をお風呂の湯船に
投入します。
IMG_0084.jpg
浸ける時間はストップウォッチで正確に10分間計測します。
この間温度計を睨んで水温の調節を行います。
10分間経てば隣のたらいの冷水に種もみを入れて急いで急冷します。
伊勢名物の「へんば餅」のように平たくするとよく冷えますね。

その後、屋外の桶の冷水に中に入れますが今年はもみ殻が少し含まれていたので
水に浸けて浮いてきた「もみ殻」を取り除きました。
IMG_0085.jpg

その後、桶の中に入れて浸種に入りました。
この浸種はコシヒカリの場合、積算温度100度くらいで芽出しを行います。

IMG_0086.jpg
積算温度100度になるまで毎日桶の水を入れ替えます。
川などの流水に浸ければ水の入れ替えも必要ないのですが
桶の中の水は「動かない水」なので酸素補給を兼ねて毎日水を入れ替えます。
最初の数日は灰汁がでるのか、水の色が薄い茶色になりますが数日で
透明になってきます。

ここからは余談ですが、温湯消毒をしていたところ隣のおばあちゃんが自家製の
アラレを持ってきてくれました。
IMG_0088.jpg

「おじいさんに供えたって」とのことでしたので頂戴しました。
同じ老人会のメンバーさんですね。
有難いことです。


posted by わたか農園 at 16:23お米

育苗用のプール完成!

3月中旬ころにはハウスの中のプール育苗用のプールに
播種した苗箱を並べるので事前にプールを作りました。
夕方までかかって完成披露です。(笑)

なんということでしょう!
朝にはまだ土が見えて均平もとれていなかったのに・・・

IMG_0067.jpg

夕方には綺麗にできあがってますね。(笑)

IMG_0068.jpg


出入口のネットを下ろして本当に完全に完成です。(汗)

IMG_0069.jpg

ハウスのサイドはネットを取り付けてあるのですが出入口のネットは
普段は巻き上げてありました。
何も餌になるものもないのに割と毎回、ハウス行くと中で雀などの小鳥が
私に驚いてバタバタ飛び回っていたりしてますね。




posted by わたか農園 at 19:43お米

プール作り

わが家は毎年プール育苗という方式で苗を育ててます。
そろそろ3月半ばにはハウスの中でプール育苗をしますので
そのプールを作りました。
多目的のコンクリート製プールと木枠造作のプールの2個の
プールを作ります。

コンクリートの方は2時間ほどで完成しました。
発々を使って業務用掃除機でプールを綺麗にしてからビニールシートを
2枚重ね敷をしました。
前は何も敷かなかったのですがコンクリートがひび割れて漏水してしまい
1枚ビニールを敷いたのです。
それも数年後にはピンホールが開いてしまい、またまたビニールシートを
重ねて敷いてます。
これでなんとか漏水・・止まりました。(^^♪

IMG_0052.jpg

最後に黒色の凸凹シートを敷いて完成です。
IMG_0055.jpg

午後からは土のところに木枠を作りプールを作ります。
まずサライで枯れた雑草や直径3センチ以上の土の塊を除去します。
その後レーザー水平器のレベルを見ながら木枠をセットして水糸を張りました。

夕方になってきて寒くなってきたので、今日はこれで終了ですね。
これからこの水糸に沿って木枠の天辺を合わせていくので暗くなってくると
水平が狂ってくるので断念しました。

IMG_0056.jpg  IMG_0061.jpg


帰宅してから、明日発送する4個の用意をしました。
自宅から車で5分の郵便局へ持ち込んで発送します。
わが家は7月1日からゆうパックの配送料金が上がるので
いかにして安価に送ることができるか知恵を絞ってます。
IMG_0062.jpg


ところでところで以前、DNAの検査を受けて脂肪より糖質で太るタイプ
ということなので、口が寂しいときにちょくちょくつまんでいるものが
あります。
大豆を炒ったものですが、これがなかなかです。
なにもしてません。
ただ炒っただけですがなかなかですよ。
IMG_0063.jpg


posted by わたか農園 at 18:28お米

2回目の田起こし(寒起こし)

昨日、今日と2日間で2回目の田起こしをしました。
ここ1か月ほど雨が降っていないので土埃が舞うほど
カラカラに乾いていたのでとてもよい条件でしたね。

この後お天気を見ながら20日毎にあと数回は田起こしを
行いたいと思います。
なるべく空気を土に中に入れるべく・・ですね。
好気性菌の繁殖を促すのですね。

腐敗菌などの嫌気性菌類は寒さが苦手で、冬真っ只中の
今の時期は元気がありません。
片や好気性菌類は寒くても元気があるので土を起こして中に
空気を入れて繁殖を促してます。

IMG_9871.jpg

IMG_9875.jpg

IMG_9878.jpg

posted by わたか農園 at 20:41お米

お客さまからの嬉しいコメント

IMG_9844.jpg

上の写真は30キロの米袋1つと15キロづつ2つに小分けした
米袋です。
小分けした米袋は実家へ持っていかれるとのことです。
(高齢の方には30キロは重たいですからね)
30キロの米袋は自分の家用ということでした。
(まだお若い方でしたからね)

旧久居市の方なので直接わが家まで来ていただいたのですが、やっぱり
直接お客さまとお話をさせてもらうとうれしいですね。

もう一つお話の中で嬉しいことが・・・

かなり大量に年間ご予約をいただいているのですが、このままの予約量では
来年秋までもたないと思われたそうでネットで九州方面の無農薬栽培の
お米を注文されたそうなのです。
イセヒカリはなかったので「〇〇ヒカリ」というお米を頼んだそうですが
食感が「パサパサ」でどれだけ水の量を増やしてもパサパサということでした。

そこでわが家へ来られた時に
 〇〇ヒカリというお米はパサパサのお米なんですか。
と質問を受けました。

〇〇ヒカリと名前がついているのでコシヒカリの系統の品種ですが
無農薬栽培といっても個々の農家によって肥料の管理が違いますし
保管方法も異なりますので一概にはいえませんが品種的には
そんなに不味いお米ではないと思いますね。
しかし肥料をたっぷり入れてかつ保管方法にも問題があったのかも
知れませんね。
とお話させてもらいました。


ちょっと手前味噌で言わせてもらえば、
  わが家の無肥料無農薬栽培のお米を食べていれば
  他所のお米は不味く感じるということでしょうか。



昨日はちょっとモチベーションが上がるコメントをいただきました。
わが家のお米は他所とはちょっと違うよ、というのをアピールして
いければと思ってます。
(^^♪













posted by わたか農園 at 12:03お米

稲刈り後初めての田起こし!

8月26日にコシヒカリの最終稲刈り、
9月29日にイセヒカリの最終稲刈りを行いました。
稲刈り跡の田んぼはその後台風21号の大雨で冠水し
やっと田起こしができる状態になってきましたので

昨日、今日と2日間で田起こしをしました。
IMG_9783.jpg  IMG_9784.jpg

このまま真冬までそのままにして乾燥させてもいいのですが
最近の天候では周期的に雨が降っているので一度早い段階で
田起こしをしておこうと思いました。

土を反転させると乾燥がすごく早く進むのですね。
2月ころには土煙が立つくらいまで乾燥できればいいのですが
異常気象が続いてますから早めに田起こしをしました。

今後何度も田起こしをして早く乾燥させたいと思ってます。

(^^♪



posted by わたか農園 at 22:24お米

今年の米作り終了しました。

ちょっといろいろあってブログ更新が滞ってました。反省!_| ̄|○

ではまとめて・・・

9月29日(金)
    イセヒカリの稲刈り
IMG_9544.jpg

    午後から種籾の天日干し
IMG_9546.jpg


10月2日(月)
    天日干しの籾から種籾を選別
IMG_9551.jpg


10月3日(火)
    籾摺り作業
IMG_9557.jpg

    色彩選別機のパネル表示
IMG_9558.jpg

    色彩選別機の各パーツ類(かなり複雑な形です)
IMG_9564.jpg

IMG_9561.jpg

IMG_9562.jpg

IMG_9563.jpg


今日、籾摺り機を掃除したので農舎の北東角の一角に籾摺り関連の
機械類をまとめて置きました。
かなりコンパクトに置けましたがこのまま来シーズンまで冬眠ですね。
IMG_9567.jpg


posted by わたか農園 at 21:58お米

種籾の選別と今季2回目の籾摺り作業

今日は午前中~午後3時ころまで来シーズンの米つくりに
使う種籾の選別をしました。
以前は塩水を作って籾を浮かべて沈んだ籾を種籾として確保していました。
いわゆる塩水選という作業です。
今はとても便利な機械があるのですね。
タイガーカワシマのだつぼー君(TDS-100)です。
性能は以前実験をしたことがあります。

つまり塩水選で選別した籾とこの機械で選別した籾を比べてみたのです。
結果は遜色ないくらいの出来でした。
具体的にはこの機械で選別した籾を改めて塩水選してみたのですが
ほとんど沈んだのですね。浮いたのは数粒だけでした。
それ以来稲刈り直後に天日干しした籾をこの機械に通して早期に種籾を
確保してます。

IMG_9456.jpg

IMG_9454.jpg

IMG_9455.jpg

確保した来年使うコシヒカリの種籾はネットに入れてさらに米袋に
入れて土蔵の中で保存しました。
これで一安心ですね。


また夕方からは今季のコシヒカリの籾摺り2回目を行いました。
コシヒカリとしても籾摺りは最後となります。
収量は昨年並みでした。

IMG_9458.jpg


また今年のコシヒカリの新米の出来はどうなんだろうと毎年
思いますので、いつも頼りにしている敏感な舌を持った義弟に
鑑定をしてもらっています。
昨日持って行ったので今日電話がかかってきて寸評を聞きました。

「毎年毎年味は固定されてきている。
 昨年同様、雑味の無いすっきりとした透明感のある味。
 お米本来の味がする。
 米粒がよく揃っていてコシヒカリ本来のもっちり感もよくでている。
 最高級にランクされるお米と思います。」

いや毎年のことながら嬉しい限りです。
もう無肥料無農薬栽培の米つくりは今年で11年目ですから
無肥料栽培本来のすっきりとした透明感のある食味はほぼ
固定されてきましたね。


posted by わたか農園 at 23:43お米

天気に振り回される・・稲刈り

この時期、携帯の天気予報アプリは常時起動させてます。
雨雲レーダーや豪雨速報など複数のアプリ同時起動です。
そこで稲の登熟の状態や田んぼの土の乾き具合、天気予報等を
慎重にも慎重に吟味をして
 稲刈り日を決定してます。
そして今季のコシヒカリの稲刈りを8月25日、26日と決定して
昨日稲刈りを行いほぼ7割方刈り取り、残りは本日26日刈り取る予定でした。

ところが今日の朝6時56分に撮影した自宅前の状態です。
土砂降りなのです。

IMG_9428.jpg

この雨を見て今日の稲刈りは諦めましたよ。
早速雨雲レーダーで見てみると午前9時過ぎまで真っ赤な雨雲が
移動してきています。
とりあえず昨日刈り取った籾の乾燥を続けてお昼前に乾燥が終わったので
二階のホッパーに上げて今日刈り取る予定の籾を乾燥機に入れる
スペースを空けました。

お昼過ぎに近所の様子を偵察に行ってきました。
なんとコンバインがあちらこちらで動いてます。
私も自分の田んぼへ直行すると稲穂は乾いていて土もドロドロに
なっていなくて丁度良い状態でした。
昼から風が強く吹いて晴れていたのでよく乾いてくれたみたいです。

よって午後2時から昨日に引き続き稲刈り開始です。
残り3割くらいでしたから午後4時には終了しました。

来年の種籾用にハウスの中で天日干しもシート3枚分広げました。
種籾は35キロくらいなので余れば、たぶんかなり余ると思いますが
販売もいたします。(^^♪

IMG_9434.jpg


夜にはコンバインの中の残籾を取り出して乾燥機に投入。
稲刈り直後は水分値26パーセントもあったのに通風乾燥
のみで午後7時で水分値23パーセントまで乾燥してきました。

IMG_9436.jpg

なんか稲刈りが済むと一段落です。
あとは屋内作業のみですから・・・




posted by わたか農園 at 19:09お米

コシヒカリの稲刈り1日目

今日は午前8時半からコシヒカリの田んぼの稲刈りを行いました。
2基の乾燥機の容量の都合で少し残りましたが明日、刈り取りを
行いたいと思ってます。

IMG_9422.jpg

IMG_9424.jpg

IMG_9423.jpg

ゲリラ豪雨の遭遇せずに済みましたのでよかったです。
最近どこで雨雲が発生するか見当がつきませんからね。

(^^♪



posted by わたか農園 at 17:13お米

稲刈りが秒読み段階になってきました。

21日の月曜日から急に田んぼのコシヒカリの葉色が黄色くなって
きました。
稲刈り時は稲が教えてくれますね。
それで今週末くらいの稲刈りになりそうです。
昨日の22日~今日にかけて稲刈り予定の田んぼの周囲の畦の草刈りを
しました。
しかし稲が垂れてきているのと畦際まで浮き苗が根付いて、畦際の稗の
すぐ横から成長している自力稲もあるのでそれらをより分けつつ鎌で
手刈りしました。

IMG_9402.jpg

しかしなかなか厳密にはより分けられずに稗と一緒に稲も刈ってしまいました。
_| ̄|○
仕方ないのではざ掛けにして陰干ししてます。
コンバインでの稲刈り時に一緒に脱穀するつもりです。

IMG_9403.jpg



posted by わたか農園 at 13:05お米

稲刈り1週間前?

8月は行事が多い月です。
お盆過ぎからも今日の19日は高田・愛宕山参拝、翌20日は草刈り出合い作業、
24日は地蔵尊祭礼、と各行事が続きます。

本日19日は火事の予防のために愛宕山で護摩法要を参拝して
きました。
お札さんをもらって来たので町内を囲むように三か所の柱にお札さんを
祭り各家々にも配りました。
火を使うお台所に貼ってもらうためですね。
昔から続いている行事ですが私が生まれてから町内での火事は幸いありませんね。
信じるも信じないもあなた次第!

IMG_9381.jpg


ところで昨日は午前10時半ごろから1時間余り、ものすごい雨が降りました。
家の前の道路が一瞬で川になりましたが線状降水帯ではなかったので1時間後には
止みました。しかし田んぼはしっかりと冠水してしまい排水口から水がどっと出てました。
しかし、しかしです、今朝から稲刈りのコンバインの音がそこかしこで聞こえます。
皆さん一斉に動き出したようです。
土日ですから多少稲が濡れていても強硬したんですね。

IMG_9380.jpg



わが家のコシヒカリの稲は登熟までもう少しという感じです。
来週末ころを予定してます。
そろそろです。(^^♪

IMG_9384.jpg


posted by わたか農園 at 22:41お米

最近の記事